KNOW

クリスマスメッセージを英語で送りたい!ビジネスで使えるフレーズ13選

クリスマスメッセージを英語で送りたい!ビジネスで使えるフレーズ13選

12月のイベントといえばクリスマス。
取引先や同僚などに「クリスマスメッセージを英語で送りたい」という人に向けて、クリスマスカードやグリーティングカード、ギフトに添えるちょっとしたメッセージやメールに使えるクリスマスのフレーズをまとめました!

取引先にもクリスマスカードを送るの?海外文化について

欧米では一般的な「ビジネスクリスマスカード」相手の宗教に注意を

海外では会社名でクリスマスカードを送ることも一般的です。
「ビジネス・クリスマスカード」は個人で送るカードとは区別され、シーズンズ・グリーティングカード、ニューイヤーカードとして取引先へ届けられるのが一般的です。

クリスマスはイエス・キリストの誕生をお祝いする行事です。
宗教の違いなどもあるので、相手によってはシーズンズ・グリーティングカード、もしくはニューイヤーカードを送りましょう。

その場合は、内容もクリスマスを連想させるようなサンタの画像やベル、十字架などは避けるべきです。
細かい点にも注意して取引先との関係向上に努めましょう。

クリスマスメッセージを送る時期はいつ頃?

12月初旬に届くように準備をするのが理想

クリスマスカードは、12月24日や25日着ではなく、クリスマス前、それも11月下旬から12月上旬に相手に届くようカードを準備するのが理想です。

イブや当日ではなく早めに送る理由は、欧米では受け取ったクリスマスカードを部屋やツリーに飾って楽しむ習慣があるからです。
クリスマスの4週間ほど前、つまり11月下旬から街や各家庭でクリスマスの飾り付けが始まりますので、この時期に合わせて送るのが良いでしょう。
オフィスは12月20日頃から休暇に入るところも多いため、遅くても12月中旬には届くようにしましょう。

デザインは、雪の結晶や雪だるま、もみの木やリースをモチーフにしたものもありますが、日本から海外の方へ送るのであれば、浮世絵や着物の柄を取り入れたものなど和をイメージさせるカードがオススメです。

カードを出すタイミングですが、日本から海外に送る際、例えば東京からアメリカのロサンゼルスやニューヨークに航空便で送るのであれば、1週間ほど時間がかかるため、11月25日頃までには投函(とうかん)する方が良いでしょう。
なお、船便であれば多少料金は安くなりますが、1カ月ほどかかる場合があるので注意しましょう。

クリスマスメッセージをカードで送る場合

会社宛てに送る場合はカードがオススメ

近年は、ウェブサイトのサービスを使って動画のグリーティングカードをメールに送るサービスなどもあります。

しかし、欧米では手元に届いたクリスマスカードを飾る習慣があります。
送り先が会社であったとしても、社内で飾ってもらえる可能性があり、ビジネスで良い関係を築いている証しにもなりますのでカードを送るようにしましょう。

カードにはすでにメッセージがプリントされたものもあり、ビジネスで使うのであれば自筆のメッセージを加える必要がないとされていますが、封筒の表に書くあて名や住所などは手書きにします。

また、封筒の表にあて名や住所を書くとともに、海外へ送る場合は"AIR MAIL."と書きますが、あいさつ状の表書きは"Greeting Card."や"New Year's Card."、"Xmas Card."にしましょう。

取引先やお世話になっている人に送るメッセージ

クリスマスカードのフレーズを紹介する前に、レイアウトの基本についてお話します。
メッセージはセンタリングにし、差出人(自分)の会社名や名前はメッセージの下に記載します。
※下記はセンタリングになっていませんが、カードに書くときは中央ぞろえにしましょう。

To our Customers and Friends,
We extend our Best Wishes
for a Joyous Holiday Season
and successful New Year.

わたくしどもの友人でもあるお客さまが楽しいホリデーシーズンと良き新年が迎えられますようお祈り申し上げます。

○○ Co., Ltd.
Taro Yamada

○○会社 山田太郎

上記のメッセージは、企業として取引先などに送る際に使えるフォーマルなあいさつです。
クリスチャンにもそれ以外の宗教の人にも使えます。

一般的で使いやすいフレーズを紹介します。

送付先がクリスチャンの場合に送るメッセージ

クリスマスを祝う言葉が入ったメッセージもあります。

クリスマスメッセージをメールで送る場合

個人的に親しい人にはメールでもOK

取引先などの会社に送るのとは別に、個人的に親しくなっている相手にはメールであいさつをしてもかまいません。
また同僚などもメールでOKです。

メールで送る際は、クリスチャンでない相手には件名を"Season's Greetings."「季節のごあいさつ」、クリスチャンであれば"Christmas Greetings."「クリスマスのごあいさつ」とします。

【相手がクリスチャンでない場合】
件名 Season's Greetings.
季節のごあいさつ。

【クリスチャンの場合】
件名 Christmas Greetings.
クリスマスのごあいさつ。

関連記事を探そう

合わせて読むなら!

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 「領収書を下さい」は英語でどう言う!?これで完璧!海外でのタクシー乗りこなし術

    「領収書を下さい」は英語でどう言う!?これで完璧!海外でのタクシー乗りこなし術

  2. 【キッザニア東京/キッザニア甲子園】ペアチケットプレゼント!

    【キッザニア東京/キッザニア甲子園】ペアチケットプレゼント!

  3. 「七五三」って英語で何て説明する? 子どもと学びたい七五三フレーズまとめ

    「七五三」って英語で何て説明する? 子どもと学びたい七五三フレーズまとめ

  4. 日本の文化や風習を英語で紹介!留学先や海外ボランティアで喜ばれる鉄板シリーズ

    日本の文化や風習を英語で紹介!留学先や海外ボランティアで喜ばれる鉄板シリーズ

  5. 【キッザニア甲子園/キッザニア東京】ECC生限定ご招待DAY

    【キッザニア甲子園/キッザニア東京】ECC生限定ご招待DAY

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!