KNOW

短期留学で英会話を上達させる方法

短期留学で英会話を上達させる方法

気軽に行けることが魅力の短期留学。
短い期間ですが、留学先で世界各国の友人を作ったり、現地の人々と交流することで充実した時間を過ごすことができます。
たとえ数週間でも、集中して英会話を学べる環境に身を置くのは貴重な体験。
より大きな収穫を持ち帰るためにも心がけておくべきことをご紹介します。

英会話の上達を目的とした短期留学に必要なこと

何のために短期留学をするのかを意識する

英会話の上達を目指すとき、語学留学をして現地で学ぶ方法があります。
しかし、ただ行けば良いというわけではありません。
留学を有意義なものにするには、具体的な目的意識を持つことが大切です。

語学を勉強する人の多くは、「英語を使って仕事をしたい」「就職、転職に役立てたい」「日本に訪れる外国人をアテンドする仕事に就きたい」「英語を使うボランティア活動をしたい」といった夢があるなど、英語を学ぶきっかけがあったはずです。
自分の夢をかなえるために、限られた期間をどのように生かしていくのか考えて留学することが大切です。

「留学先で自分の英会話力を試したい」「長期留学をする前の下見を兼ねて短期留学をしたい」など、自分なりに短期留学でやり遂げたい目的を決めておきましょう。

中学の基礎学習が英会話には必須

英語圏に留学すれば、自然に英会話力が身に付くわけではありません。
短期留学を有意義な時間にするためには、事前準備をしておくことが大切です。

日本で「聞く」「話す」「読む」「書く」の言語の4技能の基礎的な力を身に付けておいてこそ、現地での学習が実を結ぶのです。
特に「聞く」「話す」が苦手な人が多いので、出発前からリスニングやスピーキング学習で、耳を慣らすとともに発音を意識して練習をしておきましょう。
映画を見たり、音楽を聴いたりして、ネイティブの自然な英語に馴れておくのもオススメです。

また、中学校で学んだ単語や文法など英語の基礎力が身に付いていれば、簡単な日常会話はできるといわれていますので、留学前に復習をしておくと良いでしょう。
まずは入国審査で使うフレーズ、駅やタクシーで使うフレーズ、レストランでよく使うフレーズなどの定型表現を予習しておくのもいいですね。

関連記事:海外旅行の入国審査をスマートに!「旅行慣れ」している人が使っている英語フレーズ!

日本でインプットしたフレーズを現地でアウトプットして、英会話力を磨いていきましょう。

ネイティブの話す英語を聞き取るのは大変で、戸惑うことが多いかと思いますが、日常生活で必要なフレーズを覚えておくと、自分の言いたいことを相手に伝えることができるので、何かをお願いするときに役立ちます。

関連記事:英会話上達にフレーズ学習も効果があるって本当?

英語で自己紹介ができるようにしておく

単語や熟語、文法など英語の基礎を復習したら、英語で自己紹介ができるように準備しておきましょう。
子どもの頃の話や、現在の自分の状況などについて英語で話せるようにしておくと、会話のきっかけとしてさまざまなシチュエーションで使うことができます。

自己紹介の内容
名前
出身地
現在の状況(学生であれば大学、社会人であれば自分の勤め先を紹介)
大学で何を専攻しているか、また何を専攻していたか
会社ではどんな仕事をしているのか
なぜ、それを専攻しようと思ったのか
なぜ、その仕事に就くことになったのか
将来の夢や今後のキャリアプランなど
趣味・特技について

関連記事:留学ライフがますます充実!友達づくりのきっかけになる秘策6選

短期留学で必要なのは積極性

カタコトでもいいから英語を話そう

留学先で相手の話している内容が聞き取れない、また、言いたいことがあるのに、言葉が出てこないという状況はよくあります。
コミュニケーションをうまく取ることができずに自分の殻に閉じこもってしまう場合もあります。
短期留学は、あっという間に時間が過ぎてしまうので、積極的に自ら英語で話しかけることが必要です。

相手に自分の話が伝わったり、相手の話が理解できたりすると自信が持てるようになり、外国人と話すのが楽しくなるはずです。

間違いを恐れない

日本人は「自分の話す英語は正しいの?発音が下手だと思われているのでは?」など、完璧に話すことを求め、間違えると恥ずかしいといった感情が先に立ち、英語を話すことにしり込みする人が少なくありません。
英会話の基礎的な力は備えているのに、気後れして話すことができず、そのまま留学を終えてしまうのはとてももったいない話です。
間違えて当たり前くらいの気持ちで、どんどん話に加わっていきましょう。

「相手に伝わらない」「相手の言っていることが分からない」「見当はずれの返事をして『ポカン』とされる」など留学先では失敗はつきもの。
それも勉強だと思って、立ち止まらずに前に進むことが大切です。

自分から発信しよう

授業では、発表の順番が回ってきて英語で話す機会もありますが、授業以外では自分から積極的に発言しなければせっかくの機会を失ってしまいます。
自分からどんどん話しかけていきましょう。
まずこちらが心を開き話しかけなければ、打ち解けてもらえません。
相手の言うことが聞き取れない場合や、分からないことなどはどんどん質問していきましょう。
質問をすることも立派なコミュニケーションです。

また、留学先で日本のことを聞かれたけれど、うまく答えられずに、なんとなく恥ずかしい、悔しい気持ちになることもあります。
留学には異文化交流の意味合いもあるので、まず自分の国の文化や習慣などについて知っておくことが大切です。

日本の文化や習慣について詳しくは以下の記事をご覧ください。

関連記事:日本の文化や風習を英語で紹介!留学先や海外ボランティアで喜ばれる鉄板シリーズ

関連記事:日本独特の文化を外国人に伝えてみよう!わび・さびや天候を英語で表現すると?

自己紹介の流れで、自分が住んでいる街やそこから近い観光地などについて説明できるようにしておくと良いでしょう。

日本語をシャットアウトして英語漬けの日々を送ろう

外国人との交流を優先しよう

留学先の語学学校には世界中から学生が集まっています。
その中には日本人の学生もいます。
日本人に会うと日本語で話すことができるため、緊張していた気持ちが緩み言葉が通じないストレスから解放されるでしょう。

しかし、日本人同士で集まって常に行動を共にするのは避けましょう。
他国の学生や現地の人と英語でコミュニケーションを取る機会が減ってしまうからです。

短期留学の限られた時間を無駄にしないためにも、外国人との交流を優先しましょう。
日本人と過ごす場合も、「学校内では英語で話す」などのルールを作って英語で会話することを心がけるようにしましょう。

英語を英語のまま理解しよう

耳から入ってきた英語を日本語で理解している人も、英語に囲まれた環境にいる間に、耳に入ってきた英語を英語で理解する訓練をしましょう。

日本語と英語は語順が違うので、英文フレーズを最後まで聞かなければ正確に理解することはできません。
また都度きちんと日本語で理解しようとすると会話のスピードにもついていけません。
留学は、英語がどんどん耳に入ってくる環境に身を置くので、英語を英語のまま理解する訓練にとても適しています。

留学先では積極的に外国人と交流し、全身で相手の英語を受け止めましょう。
言葉だけでなく、話すリズムやボディーランゲージも含めて感じ取っていくことで、英語でコミュニケーションできる素晴らしさを体感することができます。

関連記事を探そう

あわせて読むなら!

外国語学院_無料体験レッスン 外国語学院_MIYABI ECCジュニア

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

    英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

  2. 英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

    英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

  3. 英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

    英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

  4. 英語で感謝をどう伝える?“Thank you.”以外にもさまざまな表現を紹介。

    英語で感謝をどう伝える?“Thank you.”以外にもさまざまな表現を紹介。

  5. ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

    ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!