KNOW

子どもの成長を願う気持ちは世界共通!世界の「こどもの日」アラカルト

子どもの成長を願う気持ちは世界共通!世界の「こどもの日」アラカルト

日本で5月5日といえば、「こどもの日」ですよね。
日本古来の端午の節句にあたる「こどもの日」は、地域によって多少の違いはありますが、「よろいかぶとや武者人形を飾る」、「ちまきやかしわ餅を食べる」、「しょうぶ湯に漬かる」、「こいのぼりを立てたり、飾ったりする…」など、子どもたちの成長を祝ういろんな風習があります。

そんな「こどもの日」ですが、実は世界にもあるんです

日本では5月5日が祝日と設定されていますが、国によっては、4月だったり、11月だったりと、違う日の場合も多数。

今回は、そんな世界の「こどもの日」にフォーカスしてご紹介。
世界中の子どもたちが笑顔で過ごす、このすてきな日についてもっと知ってみましょう!

※ゴールデンウイーク(GW)の祝日について、意外と知られていない由来や日本独自の伝統をこちらでご紹介しています!

日本の「こどもの日」の始まりはどこから?中国・韓国とのつながりはあるの?

お隣の国、中国、韓国ともに独自のルーツからできた「こどもの日」

と、その前に、そもそも日本の「こどもの日」の始まりって気になりませんか?

諸説ありますが、起源は紀元前の古代中国における厄払い(やくばらい)の端午節の行事が変化したものという説が有力だそうです。
古くから中国における5月5日は、雨期を迎える季節であることから、病気や災厄のお払い、邪気払いのために、その頃に盛りを迎えるしょうぶやヨモギを飾ったり、しょうぶ湯に漬かったりする風習があったとのこと。
その風習が平安時代に日本へ伝わって、鎌倉時代を経て子どもの成長を願うエッセンスが端午の節句にプラスされるなど、少しずつ日本独自の進化をしてきたようです。

そんな日本の端午の節句のルーツともいえる中国の5月5日は、春節や中秋節と並ぶ3大節句の一つである端午節としてお祝いするのですが、実はこの日は子どもの成長を祝うという考えがないそうです。
「こどもの日」にあたるものとしては、6月1日の「国際児童節」という日が設けられています。

これは比較的新しい記念日で、1950年にできたとのこと。
この日は、14歳未満の子どもたちは学校が休みとなり、あちこちで子どもを楽しませるためのイベントが行われるのだとか。
日本の「こどもの日」と違って、子ども限定のお休みという点が、子どもにとっては特別感もあり、うれしいですね!

お隣の国、韓国では日本と同じ5月5日を「こどもの日」として制定されており、祝日になっています。
韓国では「オリニナル(オリニ=幼い子ども、ナル=日)」と言い、正しく元気な子どもに育ってほしいという願いが込められて、生まれた記念日だそうです。
当日は、日本や中国と同様に、街中やテーマパーク、動物園など、さまざまな施設で、子どもや家族を楽しませるイベントが多数実施されるそうです。

他にもたくさん!世界の「こどもの日」をご紹介!

世界各国の「こどもの日」は、習慣も発祥もユニーク!

次に、文化や発祥が特にユニークな3つの国の「こどもの日」をご紹介しましょう。

まずは、メキシコの「こどもの日」についてです。
メキシコの「こどもの日」は4月30日に設定されています。
メキシコでは、子どもは社会で非常に重要な存在という考えがあり、子どもを理解し、愛し、感謝する日という意味合いもあるそうです。

学校は休みにはなりませんが、学校では盛大なパーティーが開かれたり、レストランではドリンクが半額になるなど、うれしいことがたくさん!

それにメキシコでは、「こどもの日」に大人から子どもにプレゼントを渡すのが通例
デパートでは、クリスマス前のように毎年プレゼント用商品満載の特設会場が開設され、にぎわうのだとか。
子どもたちにとっては、とても待ち遠しい日ですね。

次はインドについてご紹介。
インドの「こどもの日」は、なんと子ども好きだったジャワハルラール・ネルー(Jawaharlal Nehru)初代首相にちなみ、その誕生日である11月14日に制定されたのが始まりというユニークさ。
当日は、学校や地域での大きなイベントや劇、交流会、ピクニックなどが行われ、多くの大人たちが、国民に愛されたネルー首相をしのびながら、子どもたちを温かく見守り、喜ばせる姿がそこかしこで見られるとのこと。

ちなみにインドのように、国を代表するリーダーにちなんで制定された「こどもの日」は他にもあります。

その一つがトルコ。
建国の父として国民に今も慕われるケマル・アタテュルク(Mustafa Kemal Atatürk)により、「子どもは国の将来を表す」との思いから1920年に国民全体で祝う日として誕生しました。
祝日ともなっている4月23日は、真っ赤なトルコの伝統衣装に着飾った子どもたちが街中をマーチングする姿が見られ、このスタイルが通例となっているそう。
大人たちが、国の未来をつくる子どもたちをあらためて大切に思う日であると共に、子どもたちにも国を思う愛国心が育まれる、すてきな「こどもの日」といえるでしょう。

国連が定めた「世界こどもの日」って何?

これまでいろいろな国の「こどもの日」をご紹介してきましたが、最後に国連が定めた「世界こどもの日」についてもご紹介したいと思います。

制定されたのは、1989年11月20日。
この日、国連総会で「子どもの権利条約」が採択されたことを祝い「世界こどもの日」として誕生しました。
このことをきっかけに、世界中で子どもたちの置かれている状況の改善や人権についての関心が高まったのをはじめ、国や民族に関係なく、子どもたちの幸せと安心して暮らせる未来づくりに対する国を超えた共通認識も生まれ、いろんな取り組みが活発化していったそう。

子どもたちの成長を祝うだけでなく、子どもたちの未来を考えるきっかけとなる「こどもの日」が制定されたことは、本当にすばらしいことですね。

関連記事を探そう

合わせて読むなら!

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 【キッザニア東京】ECC生限定ご招待DAY

    【キッザニア東京】ECC生限定ご招待DAY

  2. 【キッザニア甲子園】ECC生限定ご招待DAY

    【キッザニア甲子園】ECC生限定ご招待DAY

  3. Harmony読者限定【キッザニア東京/甲子園】ご招待チケットプレゼント!<10月分>

    Harmony読者限定【キッザニア東京/甲子園】ご招待チケットプレゼント!<10月分>

  4. 【大阪】MBS毎日放送 テレビ・ラジオ局見学ツアー

    【大阪】MBS毎日放送 テレビ・ラジオ局見学ツアー

  5. ※募集終了 「2017JリーグYBCルヴァンカップ決勝戦」チケットプレゼント

    ※募集終了 「2017JリーグYBCルヴァンカップ決勝戦」チケットプレゼント

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!