KNOW

海外旅行で覚えておきたい英語フレーズ!空港での入国審査や乗り継ぎ編

海外旅行で覚えておきたい英語フレーズ!空港での入国審査や乗り継ぎ編

海外旅行に出掛けると、空港で入国のための審査があります。
入国審査官に一人ずつ呼ばれ、入国の目的や滞在日数などを質問されます。
今回は「入国審査」「出国手続き」で覚えておくと便利な英会話フレーズや、「乗り継ぎ」の際に目にする案内表示をご紹介します!

まずは入国審査をスムーズに

そもそも「入国審査」とは?

海外旅行で目的地の空港に到着したら、最初に行うのが入国審査です。
入国審査は、訪れた人がその国に入国できるかを確認するために行われます。
審査官がパスポートを見ながら、本人かどうかをチェックしたり、過去の入国記録やパスポートの残存有効期間を調べたりして、入国を許可するかどうかが審査されます。

留学や就労ではなく、観光目的の入国であっても、ビザの取得が必要な国もありますのでその場合はビザも同様に確認されます。

パスポートが傷まないようにカバーをしている場合は、入国審査の前に外しておきましょう。
2006年からIC旅券が導入されチップが搭載されています。
ICチップの読み取りを行うときに邪魔になるなど、入国審査に手間がかかるので、あらかじめカバーを外しておくよう掲示されている空港もあります。

ゲートの表記・看板の意味を押さえよう

「入国審査ってどこに行けばいいの!?」とパニックにならないために、ゲートの表記や看板の意味を覚えておくのがオススメです。

入国審査は"Immigration"または"Passport Control"が目印です。
外国に入国するので、"Foreign Passport"(外国籍パスポート)と書かれたゲートに並びましょう。

国によっては、"Foreigner"(外国人)、"Non-Resident"(非居住者)、"Visitor"(観光客)と書かれている場合もあります。

現地の人用のゲート"Resident"や"Citizen"などに並ばないよう注意しましょう。

これさえ覚えておけばOK!入国審査で使える英会話フレーズ

審査官に
"Next."(次の人)
と呼ばれたら、カウンターまで進み、
"Here you are."(はい、どうぞ)
と言いながら、パスポートを渡してください。

国によっては、本人確認のため、
"Look at the camera, please."(カメラを見てください)
と言われることがあります。
"OK."と返事をしてカメラを見ます。
あらかじめ、メガネやマスクを外し、帽子は脱いでおきましょう。

入国審査では渡航目的や滞在期間、滞在先、職業などについて質問があります。

問題がなければ、
"Here you are. Enjoy your stay."(はい、どうぞ。ステキな滞在を)
と言ってパスポートを返してくれます。

関連記事:海外旅行の入国審査をスマートに!「旅行慣れ」している人が使っている英語フレーズ!

乗り継ぎが必要なときはどうする!?

乗り継ぎで注意するべきポイント

乗り継ぎをするときは、入国審査はありません。

乗り継ぎは"Flight Connection"または"Transfer"と書かれています。
この案内を確認しながら、乗り継ぐ飛行機の搭乗ゲートに向かいます。
ゲートにはチェックインカウンターがあるので、案内板で搭乗口を確認しましょう。
フライト時刻に変更が出ている場合があるので、時間もチェックしておきましょう。

搭乗までは、空港内の免税店で買い物や食事を楽しめますが、規模の大きい空港は移動に時間がかかる場合があるので、早めに乗り継ぎ便の搭乗口に移動しておきましょう。

乗り継ぎで困ったときに使える英会話フレーズ

乗り継ぎで使えるフレーズをご紹介します。

帰国の途へ!出国手続き

出国手続きの注意点

続いて、旅行先から帰る際の出国手続きの流れをご紹介します。

(1)チェックイン

出発の2時間前には、空港に着くようにしましょう。
利用する航空会社のチェックインカウンター(check-in counter)へ向かいます。
航空券(Eチケット)とパスポートを提示して、機内持ち込み手荷物以外の荷物を預け、座席番号が記載された搭乗券を受け取りましょう。

(2)税関手続き

現地でブランド品などを買った場合、手続きをすると税金の払い戻しを受けられる場合があります。
税関(Customs)で、お店でもらった免税書類を提出して手続きを行いましょう。

(3)セキュリティー・チェック(保安検査)

危険物の持ち込みがないか、セキュリティー・チェック(security check)で、金属類のチェックと手荷物検査を受けます。
スムーズにセキュリティー・チェックを済ませるために、スマホや時計、ベルト、鍵、アクセサリーなどの金属類をトレーに乗せておきましょう。
また口の開いたペットボトルは、中の液体が危険物でないかを検査する必要があるので、カバンから出しておきます。
セキュリティー・チェックは、時間がかかるので早めに済ませておくのがオススメです。

(4)出国審査

入国審査と同様"Passport Control"と書かれた審査場で、パスポートと航空券を審査官に提示します。
国によって、出入国カード(immigration card)が必要になる場合もあります。

出国審査を終えると、空港内の免税店で買い物を楽しむことができます。

出国手続きで聞かれる定番のフレーズ

税関手続きやセキュリティー・チェックで使えるフレーズをご紹介します。

関連記事を探そう

合わせて読むなら!

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 「領収書を下さい」は英語でどう言う!?これで完璧!海外でのタクシー乗りこなし術

    「領収書を下さい」は英語でどう言う!?これで完璧!海外でのタクシー乗りこなし術

  2. 「七五三」って英語で何て説明する? 子どもと学びたい七五三フレーズまとめ

    「七五三」って英語で何て説明する? 子どもと学びたい七五三フレーズまとめ

  3. 【キッザニア東京/キッザニア甲子園】ペアチケットプレゼント!

    【キッザニア東京/キッザニア甲子園】ペアチケットプレゼント!

  4. 日本の文化や風習を英語で紹介!留学先や海外ボランティアで喜ばれる鉄板シリーズ

    日本の文化や風習を英語で紹介!留学先や海外ボランティアで喜ばれる鉄板シリーズ

  5. ビジネス英語で「お久しぶりです」「ご無沙汰しております」のメールはどう表現する?

    ビジネス英語で「お久しぶりです」「ご無沙汰しております」のメールはどう表現する?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!