KNOW

英会話の上達にはノートが有効?オリジナルノートの作り方と活用の仕方

英会話の上達にはノートが有効?オリジナルノートの作り方と活用の仕方

英会話を上達させるためにノートを活用していますか?ノートといっても板書されたものなどを写したり、つづりの練習をしたりするためのノートではありません。
「こんなときは何て言うんだっけ?」「あのとき習ったフレーズが思い出せない」、そんなモヤモヤを解消し、習ったことを確実に自分のものにするためのノートで、いわばオリジナルテキストです。
学生からビジネスパーソン、シニア世代まで、英会話を学習するあらゆる人にオススメのノート活用術をお伝えいたします。

ノートを作る目的について

学んだことを整理するため

英会話レッスンで新しく学んだ単語やフレーズを、みなさんはどうやって覚えていますか?「頭の隅にメモ」では、時間が経過するにつれて忘れてしまいます。

英会話を上達させるために、ノートを使った勉強方法があります。
ノートを作る大きな目的は2つあり、学んだことを整理するため、そして学んだ内容を復習するためです。

まず、ノートを作ることで学習内容を整理することができます。
整理しないまま新しいことを学んでも頭の中で情報が散らかってしまい、知識として定着させることができません。
頭の中が整理されていない状態では、使いたいときにすぐに引き出すことができないので、せっかく学んだことを実践で生かすことができません。

復習するため

また、学んだことを整理してノートにまとめることで、自分がよく理解できていない部分も見えてきます。
内容を見直す、つまり復習することで自分が分からない部分の理解を深めることができます。

整理したノートを使って、できれば学習したその日のうちに復習することが大切です。
極力毎日触れることで自分の知識として定着し、実際の英会話でも生かせるようになります。

ノートの作り方、活用の仕方とは?

新しい単語を書く

例えば"absolutely"という単語を習ったら、忘れないように下記のようにノートに書きます。

"absolutely"
品詞=副詞
意味=完全に、絶対に、まったく。
"very"よりも強い意味で、"great"、"wonderful"など「とても素晴らしい」といった単語をさらに強調するときに使う。

復習するときは"absolutely"を使った例文や、似た表現の"exactly"「確かに、その通り、まさに」や"definitely"「明確に、はっきりと」といった単語とのニュアンスの違いや使い方、それぞれの単語の発音記号なども調べて書いておきましょう。

習ったことを発展させ、新しい情報を付け加えていくことで知識を深めていくことができます。

新しい単語を見つける方法について詳しくは以下の記事をご覧ください。


関連記事:「ニュースを英語でチェック!アプリに出てくる単語を覚えてスキマ時間を有効活用しよう!」

関連する熟語や例文を調べて書く

単語を覚えるときは一語だけでなく、関連した単語や熟語を整理してまとめ、一緒に覚えることで語彙(ごい)力アップにもつながります。

例えば
"can"
意味=~できる。実現可能なこと、また依頼の表現で使う。
例文="Your bike can be repaired."「あなたの自転車は修理できますよ」
   "Can you open the window?"「窓を開けてもらえますか?」

"be able to"
意味=~できる。能力があることに対して使う。
例文=" I’m able to swim."「私は泳ぐことができます」

上記のように"can"に結びつけて、"be able to"という表現や使い方を覚えることができます。

自分で言えなかった表現を書く

例えば"How is your English study going?"「英語の勉強をがんばっていますか?」と聞かれて思うように英語が出てこなかった、あるいは"So-so"しか思い浮かばなかったという場合、英会話を学んでいる人にとってはもどかしさを感じる場面ではないでしょうか?

自分が言えなかった表現もノートに書いておきましょう。
"I’m enjoying it."「楽しくやっています」、"Not so good because I’m busy preparing for examinations now."「あまり進んでいません。今は試験の準備で忙しくて」など、いくつか例文を書いておくと記憶に残りやすく、英作の勉強にもなります。

効率的に英会話学習をするためには、自分が分からなかった単語や熟語、言いたくても口に出すことができなかったフレーズを中心にまとめましょう。

特に、自分が言いたくても言えなかったことは自分の興味とかけ離れた内容ではなく、身近なフレーズなのですぐに使うチャンスが訪れます。
普段から英語で考えるクセをつけて表現が出てこない場合、それを書き加えていきましょう。
週末など自分の時間があるときにコツコツと英作を積み重ねておくと、ノートは自分が伝えたいことが集約されたフレーズ集になります。

黙読ではなく音読する

ノートは書いて終わりではなく、内容を復習することが大切です。
復習するときは黙読するだけでなく音読します。
口からスラスラと出るようになったら、発音や英語のリズムも意識して口頭練習してみましょう。

「今度はこんなことを言ってみよう」「次に聞かれたときはこのフレーズを使おう」と、実際に使うシチュエーションを思い浮かべ、声に出して練習しておくのもオススメです。

インプットした知識はアウトプットしてこそ、英会話力として身に付いていきます。
英会話の経験を積んでいくことで、覚えたフレーズを応用できるようになります。

効率よく復習できるようにマーカーの色などを使い分ける

ノートを作ることが目的ではなく、ノートを使って英会話力を伸ばしていくことが本来の目的です。

分かりやすく見やすいノートにするためにも、いろんな情報を書き込み過ぎないようにしましょう。
いらない紙の裏などに、いったん下書きをして、内容をまとめてからノートに書き込むと頭の中もノートの内容も整理されるのでオススメです。

また、自分にとって大切なキーワードやセンテンスは適度にマーカーを使って印を入れておくと、復習するときに重要なポイントが分かりやすくなります。
例えば分からない単語は赤、熟語は黄色など、マーカーの色に役割を持たせておくと、後でノートを見返すときに視認性が高く、効率よく復習することができます。

関連記事を探そう

合わせて読むなら!

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. ※募集終了 ECC公式LINE お友だち限定!【キッザニア東京・キッザニア甲子園】ペアチケットプレゼント!

    ※募集終了 ECC公式LINE お友だち限定!【キッザニア東京・キッザニア甲子園】ペアチケットプレゼント!

  2. 英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

    英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

  3. 「領収書を下さい」は英語でどう言う!?これで完璧!海外でのタクシー乗りこなし術

    「領収書を下さい」は英語でどう言う!?これで完璧!海外でのタクシー乗りこなし術

  4. 日本の文化や風習を英語で紹介!留学先や海外ボランティアで喜ばれる鉄板シリーズ

    日本の文化や風習を英語で紹介!留学先や海外ボランティアで喜ばれる鉄板シリーズ

  5. ビジネス英語で「お久しぶりです」「ご無沙汰しております」のメールはどう表現する?

    ビジネス英語で「お久しぶりです」「ご無沙汰しております」のメールはどう表現する?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!