KNOW

ホームステイで英会話を上達させるために知っておきたい4つの秘訣

ホームステイで英会話を上達させるために知っておきたい4つの秘訣

ホームステイで英会話を上達させたい。
そんな思いをもってホームステイをする人は多くいます。
海外でホームステイをする際に気を付けたいことや英会話を上達させるための秘訣についてまとめました。

英会話上達の過程でチャレンジするホームステイ

ホームステイは一般家庭に滞在して生活すること

ホームステイの希望者を受け入れてくれる家族をホストファミリーと呼び、滞在している間はその家族の一員として過ごします。

お客さま(ゲスト)ではなく、家族の一員として迎え入れられるので、その家のルールを守って生活することが求められます。

食事や入浴、洗濯のルール、外出や帰宅時のルールなどを確認して、きちんと守るようにしましょう。

食事の準備や後片付け、掃除、洗濯といった家事はホストファミリーに声を掛けて手伝うようにしましょう。

ホームステイは自分の英会話力を確認する良い機会

ホームステイは、自分の英会話力がどの程度かを確認する良い機会です。

レストランに出掛けてオススメのメニューや料理の特徴を質問したり、ショッピングモールで洋服の色やサイズをリクエストしたり、日常生活を送るために必要な英会話ができれば生活に不自由はありません。

さらにもう一歩、踏み込んだ会話を楽しむためには、現地の人たちの会話に溶け込んでいくための生活語彙(ごい)力を養う必要があります。

また、ホームステイをしながら語学学校などに通うと、さまざまな国の人たちと交流します。
クラスメートたちと仲良くなると、好きな音楽や映画、得意なスポーツなど趣味や興味のある事柄について話をする中で自分自身の考え方について話す機会が出てきます。

自分の国の文化や歴史について聞かれたり、自分がどのような価値観を持っているのかを聞かれたりします。
こういったテーマは、ホストファミリーとの会話でも出てきます。

相手の言っていることを理解し、自分の思いを正しく伝えるためには英会話力を上げることです。
英会話力アップに大切なポイントについて見ていきましょう。

出発前に前に多くの英語をインプットしておくこと

必要最低限の日常会話を覚える

英会話の上達には、「インプット(リスニング・リーディング)と「アウトプット(スピーキング・ライティング)」をセットで行うことが大切で、現地ではアウトプットの機会がたくさんあるので、出発前にできるだけ多くの情報をインプットしておきましょう。

現地に着いてホストファミリーに出会った瞬間から、英語の実践が始まります。
ホストファミリーの英語を聞き取り、こちらの言いたいことを伝えなければなりませんので、必要最低限の英会話はマスターしておきましょう。

必要最低限とは、「はじめまして」などの慣用句や自己紹介、バスルームや洗濯機の使い方、食事の時間など生活の基盤となる会話の数々です。

生活のさまざまな場面を思い浮かべて、英語で言えるようにしておきましょう。

例えば次のような表現です。

これらはとても簡単な表現ですが、ただ黙読するだけでなく音読をしてしっかりと頭に入れておきます。
音読をするときは、ネイティブの発音を意識しながら行いましょう。
英語らしい発音ができるようになると、聞き取る力も伸びていきます。

質問される内容を想定して答えを用意しておく

相手に聞かれそうなことも、きちんと言えるようにしておくと良いでしょう。
日本語でなら答えられるけれど、英語では言えないという状況は歯がゆいものです。

質問に答えられなくて黙り込んでしまい、コミュニケーションの機会がなくなっていったというケースもあります。
自分のこと、家族のこと、日本の食事やライフスタイルなど、定番の話題の答えを、あらかじめ考えておくようにしましょう。

ホストファミリーとは毎日一緒に過ごすので、質問に答える以外にも、こちらから質問を投げかけてみましょう。
質問をして答えてもらった内容からコミュニケーションを深めていくことができます。

趣味は何か、好きなテレビ番組、どんな仕事をしているのか。
思いつく限りの質問を英文にして使えるようにしておくと会話のきっかけ作りに役立ちます。

ただし、プライバシーに踏み込み過ぎないように注意しましょう。

現地では積極的な行動を心掛けること

お店に入って店員と話してみる

ホームステイを楽しむためには、好奇心と積極性が必要です。
与えられた機会をどのように生かし、英会話の上達につなげるかを常に意識するようにしましょう。

ホストファミリーだけではなく、いろいろな人と交流を持つことで、英語に触れる機会も増えるので積極的に街へ出てみましょう。

ショッピングやランチの際に、店のスタッフに話しかけてみましょう。
自分の英会話力に自信が持てないときは、初級編としてファストフード店に入ってみるのもオススメです。

ハンバーガーやコーヒーのチェーン店といった日本でおなじみの店なら、メニューの内容も想像ができるうえ、注文システムがほとんど変わらないので気軽に入れます。
店員との簡単なやりとりがうまくいくと、少し自信が持てるようになります。

イベントや年中行事に参加する

地域で行われるイベントに参加してみるのもオススメです。
こういった場所では、みんなフレンドリーなので話しやすい雰囲気があり会話の糸口も見つけやすいでしょう。

例えば、どこから来たのか聞かれた場合、"I’m from Japan."だけでは、そっけない感じで会話が続きません。
"I’m from Chiba in Japan. It’s east of Tokyo."など、一言付け加えましょう。
さらに"Tokyo Disneyland is actually in Chiba." や"Chiba has lots of beautiful beaches."など、ちょっとした情報を盛り込むことで、次の会話につながっていく可能性があります。

イースター、ハロウィーン、サンクスギビング(感謝祭)、クリスマスなどの行事はコミュニケーションを深めたり、文化の違いを体験できる良い機会です。
日本では、これら行事をどのように楽しむのかを英語で説明できるようにしておきましょう。

日本語でのコミュニケーションを極力断つこと

英語環境を100%生かそう

ホームステイ先で、日本人に出会うこともあります。
異国の地で日本人に会うと日本語で話ができることにうれしくてほっとします。
しかし、日本人同士でグループを作り、その環境に閉じこもって終わってしまうケースもあります。
これでは英語の上達は望めません。
日本人だけで行動するのではなく、現地の人との交流を心掛けましょう。

現在は、インターネットによって日本語の情報をリアルタイムに見聞きすることも可能です。
日本のテレビを見ることもできます。
これらもまた英語の上達を妨げる要因になります。

テレビを見るのであれば、ホストファミリーと一緒に現地のテレビ番組を楽しみましょう。
テレビを見たり雑談したりすることで、生きた英語の表現を身に付けることができます。

英語環境を100%生かすためには、ネイティブの人々との関わりを大切にして英語に親しむようにしましょう。

文化の違いを理解すること

言葉と文化は切り離せない

日本語をそのまま英訳するとしっくりいかないことがあります。
ホームステイをする英語圏の国々と、日本との間には文化の違いがあります。
そして文化と言葉は密接な関係にあります。

例えば日本には「謙譲の美徳」という考え方があります。
そのため、プレゼントを渡すとき、「つまらないものですが」といった言葉を添えることがあります。
しかし、外国人にそのまま英訳したものを言うと「なぜつまらないものをくれるの?」「自分の贈り物に自信がないの?」といった印象を与えてしまいます。

また相手に容姿などをほめられたときも、日本人は「そんなことありません」と謙遜しますが、外国人の中には「自分の感性を否定された」と捉える人もいます。
ほめられた場合は"Thank you. That's very kind of you to say so."と素直に感謝を伝えるようにしましょう。

現地の人と一緒に毎日を過ごすことで「この場面ではこう言うのか」「こう言われたらこう切り返すのか」など、生きた表現に触れることができます。
「郷に入っては郷に従え」の精神で、日本とは違ったコミュニケーションを楽しみましょう。

関連記事を探そう

合わせて読むなら!

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

    英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

  2. キッザニア東京・キッザニア甲子園 ご招待チケットプレゼント!

    キッザニア東京・キッザニア甲子園 ご招待チケットプレゼント!

  3. 海外旅行の入国審査をスマートに!「旅行慣れ」している人が使っている英語フレーズ!

    海外旅行の入国審査をスマートに!「旅行慣れ」している人が使っている英語フレーズ!

  4. 世界中がお母さんに感謝!海外の母の日はどう祝う?その起源は?

    世界中がお母さんに感謝!海外の母の日はどう祝う?その起源は?

  5. ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

    ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!