KNOW

時間に余裕のあるシニア留学はコンドミニアム滞在のハワイがオススメ

時間に余裕のあるシニア留学はコンドミニアム滞在のハワイがオススメ

子どもが独立したり仕事を退職したり、時間的にも余裕が生まれるシニア世代において、留学にチャレンジする人が増えています。
留学先はアメリカやイギリスなどいろいろありますが、リゾート地として世界中の人を魅了するハワイはいかがでしょう?キッチンや洗濯機などを備えたコンドミニアムを利用すれば、限られた滞在期間だとしても、観光だけにとどまらない、ハワイの日常生活を体感することができます。

シニア世代にハワイ留学をオススメする理由

1年を通じて気候が穏やか

ハワイは年間を通して気温が20~28度と暖かく、日本のような季節による寒暖差はありません。
ハワイでは、5月~10月頃が乾季で、30度を超える日もありますが湿度が低いので日本の夏のような蒸し暑さもありません。
また11月~4月頃が雨季で、気温は25度程度。
日本の初夏のような気候です。
この期間は雨季ですが、朝と夕方に、にわか雨が降る程度で1日中降るということはあまりありません。

常夏のハワイではTシャツと短パン、サンダルといった軽装で過ごすことができます。
ただ日差しが強いので、屋外を歩くときは帽子やサングラスで日差し対策をしましょう。

日系人や日本人が多く日本語が通じる

ハワイが留学先に選ばれているのは、温暖な気候で過ごしやすいといったこと以外に、日本語が通じる安心感も挙げられます。

ハワイには多くの日系人や日本人が住んでいるので、レストランやスーパー、病院といった生活施設において日本語が通じる所がたくさんあります。

日本人医師や看護師がいる病院もあるので、「ケガをしたり病気になったとき、英語で説明できるだろうか」といった不安が軽減されるのも、大きなメリットと言えるでしょう。

海外では治安が心配されますが、ハワイは世界中から観光客が訪れるリゾート地として治安の維持に努めているため、アメリカのほかのエリアと比べると強盗などの凶悪犯罪は多くはありません。

ただ、置き引きや車上荒らしといった窃盗事件は発生しているので、貴重品の管理には十分気を付けましょう。

基礎から大学進学コースまで語学学習の選択肢が豊富

ハワイには数多くの語学学校があり、世界中から生徒が集まってきます。
各学校では、英語の基礎学習から大学進学、TOEFL®、TOEIC®対策などさまざまなコースを開講しています。
また、日本人スタッフがいる語学学校もあって日本語によるサポートを受けることもできます。

学校やコースが豊富なので、自分の英語力や学ぶ目的に合わせて留学先を選ぶことができます。

ハワイアンカルチャーとアクティビティが楽しめる

ハワイにはフラダンス、ウクレレ、ハワイアンキルトなど独自の文化が発達しています。
これら日本でも人気のハワイアンカルチャーを現地で体験できるのも、ハワイ留学の魅力です。

また、サーフィン、カヤック、シュノーケリングなど、多彩なマリン・アクティビティを大自然の中で楽しむことができます。

シニア世代の方の中にはゴルフ好きの人もいるかと思いますが、ハワイはゴルフ場がたくさんあって、初心者向けのフラットなコースから難易度の高い上級者向けまでバラエティーに富んでいます。

ハワイでは語学学習と習い事やスポーツがセットになったコースも多数開講されています。

ハワイの日常生活を体感できるコンドミニアム

コンドミニアムとはマンションのような集合住宅のこと

留学期間中の滞在先としてホテルやホームステイ、コンドミニアムなどの選択肢があります。

地元のスーパーに出向いて買い物をしたり、自炊をしたり、まるでハワイに自宅を構えたかのように、現地の生活を楽しみたいという人にはコンドミニアムがオススメです。
コンドミニアムとは、マンションのような集合住宅のことで、ベッドルームやキッチン、リビングなどの住空間があり、友人と一緒にシェアして生活することもできます。

客室に食事を運んだりベッドメーキングをしたり、ホテルのようなサービスはありませんが、キッチンには調理器具や食器類が完備されているなど、生活するための設備がそろっているのが魅力です。

予約はインターネットからもOK

日本から予約する場合は旅行代理店を通じて申し込みをするか、ウェブサイトを利用する方法があります。
ホテルを予約するのと同じように、個人でも簡単に予約ができます。

設備やロケーション、部屋のタイプはさまざまなので、目的や希望、予算に合わせて探すとよいでしょう。
半年や1年と長期滞在を予定している人は、短期契約のコンドミニアムで生活をしながら、現地で探すという方法もあります。

料金はルームチャージで立地や部屋の数などによって異なる

コンドミニアムの利用料金はルームチャージで、定員内であれば何人で泊まっても料金は同じです。
つまり1人でも夫婦で利用しても費用は同じということです。
そのため、留学中に日本から友人や子ども、孫などを呼んで一緒に滞在することも可能です。
また、現地で仲良くなった人を呼んで日本料理をふるまうことができるのも、コンドミニアムならではの魅力です。

コンドミニアムはホテルのように1日からOKというところもありますが、最低3泊からなど最低宿泊日数を指定しているところがほとんどです。
1週間単位、1カ月単位で料金設定をしているところが多く、長く滞在するほど1泊あたりの料金が安くなります。

料金は、立地や部屋数、眺望などによって異なり、さらに時期によっても価格は変動します。
アメリカのクリスマス休暇や日本の夏休みなど、需要の多いときは高めに料金設定されています。

ハワイ留学の費用の目安

語学学校の費用や渡航費、生活費、滞在費について

語学学校の費用は、通う学校や選択するコースなどによって変わりますが、1カ月約6万円~15万円を目安に考えておくとよいでしょう。
集中的にレッスンを受けたい人は、マンツーマンのプライベートレッスンを受けることができます。
マンツーマンレッスンは、1週間で15万円~20万円ほどです。

語学学校の費用以外についても見ていきましょう。

渡航費

飛行機はオアフ島ホノルル直行便の場合、シーズンや座席のランク、航空会社によって変わりますが、往復7万円~15万円ほどと見積もっておきましょう。
オフシーズンでも週末は高めになりますので、安く抑えたい場合は月~水曜に出発するとよいでしょう。

食費

ハワイの物価は少し高めです。
コンドミニアムに滞在して自炊をして週に1~2回外食した場合で月に5万円ほどかかります。

滞在費

世界屈指のリゾート地なのでこちらも高め。
コンドミニアムは1カ月11万円~22万円、ホテルは中級クラスで1泊2万円ぐらいから、格安ホテルは1泊1万円ぐらいからあります。

上記のほかにも、海外保険の保険料や移動のバス・タクシー代、アクティビティやレッスンに通う費用などがかかります。
これら、諸費用を含め、ハワイの留学費用は1カ月30万円~50万円ぐらいと考えておきましょう。

上記金額はあくまでも目安で、費用は為替などによっても変動します。

関連記事を探そう

合わせて読むなら!

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 「七五三」って英語で何て説明する? 子どもと学びたい七五三フレーズまとめ

    「七五三」って英語で何て説明する? 子どもと学びたい七五三フレーズまとめ

  2. 「領収書を下さい」は英語でどう言う!?これで完璧!海外でのタクシー乗りこなし術

    「領収書を下さい」は英語でどう言う!?これで完璧!海外でのタクシー乗りこなし術

  3. 日本の文化や風習を英語で紹介!留学先や海外ボランティアで喜ばれる鉄板シリーズ

    日本の文化や風習を英語で紹介!留学先や海外ボランティアで喜ばれる鉄板シリーズ

  4. ビジネス英語で「お久しぶりです」「ご無沙汰しております」のメールはどう表現する?

    ビジネス英語で「お久しぶりです」「ご無沙汰しております」のメールはどう表現する?

  5. 【キッザニア東京/キッザニア甲子園】ペアチケットプレゼント!

    【キッザニア東京/キッザニア甲子園】ペアチケットプレゼント!

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!