KNOW

海外のホテルは種類がたくさん!?意外と知らない宿泊施設の名称とその意味!

海外のホテルは種類がたくさん!?意外と知らない宿泊施設の名称とその意味!

海外旅行をより楽しむために重要となるポイントの一つは宿泊先ではないでしょうか?

ホテル以外にも、コンドやB&B、ホステルといったさまざまな宿泊施設があります。

特に海外の宿泊施設は、呼び名やカテゴリー分けが日本と異なる場合もあります。

そんなあまりなじみのない宿泊施設を含めて、今回は名称とその意味を、語源にもさかのぼってご紹介します。

宿泊先を自分で探したい人は必見です!

宿泊施設の名称とその意味を覚えて、自分に合った海外旅行を!

まずは宿泊施設の王道、ホテルから。ランクや目的によって実に多彩!!

宿泊施設といえば、まず思い浮かぶのがhotel(ホテル)でしょう。

ラテン語の"hospes"(客)が語源といわれ、"hospitality"(もてなし)や"host"(客をもてなす人、ご主人)などの意味へも派生しています。

ホテルは数が多いだけに、ランクや形態もさまざまです。
どんなものがあるか挙げていきましょう!

hotel(ホテル)

中世ヨーロッパの旅館から発展した宿泊施設です。
客室にベッドや机、テレビ、バスルームなどを備え、高級ホテルや大型ホテルでは、レストランやバー、ジム、ビジネスセンター、プールなどの館内施設も充実しています。

ランク順に、"luxury hotel"、"full-service hotel"、"economy hotel"と呼ばれます。

"luxury hotel"は超高級ホテルで、重厚な内装や豪華なアメニティー、各種サービスや館内施設の充実ぶりなど、すべてにおいて最高レベルのおもてなしを提供しています。
レストランは雰囲気・味とも素晴らしく、ドレスコードを求められることもあります。

"full-service hotel"は、言葉通り、施設やサービスなどすべてが整う上質なホテルで、
高級ランクにあたります。

"economy hotel"は、中小規模のリーズナブルなホテルで、日本でいうビジネスホテルに近いイメージです。
客室はベッドやシャワーなどの基本的な設備は整っていますが、アメニティー、各種サービス、館内施設がない場合もあるので、必要な場合は予約時に確認するようにしましょう。

motel(モーテル)

"motor"(自動車)と"hotel"の混成語で、車での旅行者やトラックなどの運転手のために作られた小規模のホテルです。

"economy hotel"と同様に、基本的な客室設備は整っていますが、アメニティーや各種サービス、館内施設は不足していることもありますが、町の郊外、主要な高速道路の近くにあることが多いため、宿泊料金は低価格です。

一般的なホテルはチェックインカウンターを通って部屋へ行きますが、モーテルはチェックイン後、各部屋へは車で向かい、部屋前の駐車場に止めて部屋へ入るのが最大の特徴でしょう。

boutique hotel(ブティックホテル)

個性的な小規模ホテルです。

"full-service hotel"のように上質なサービスと充実した設備が整っていることがほとんどです。

部屋やレストランの内装などが、スタイリッシュだったり、独創的だったりと、一目置かれるホテルが多く、特に旅行好きの女性客に好評です。

広さや自炊設備が魅力。グループ旅行にもオススメの宿泊施設

次に紹介するのは、ホテルと家の中間的な宿泊施設です。
広い間取りに加え、自炊ができるキッチンや、リビングなどの共有スペースもあって人気です。
宿泊料金はやや高めですが、大勢で泊まることができ、頭割りすれば案外割安になります。

villa(ヴィラ)

ラテン語の「田舎の家」が語源で、古代ローマでは「荘園」を意味していました。

宿泊施設では、特に南国や東南アジアのリゾート地や海辺にある、貸別荘や一軒家スタイルの高級ホテルを、"villa"と呼んでいます。

condo(コンド)

"condominium"の略語で、ラテン語の"con"(共に)と"dominium"(所有権)を合体させた英単語です。

本来は分譲マンションを意味しますが、ハワイなどではホテルとしても貸し出しされています。

lodge(ロッジ)

古語フランス語の「小屋」が由来で、現在では「宿泊する」という英語の動詞でも使われます。

スキーなどシーズン中に使われる小屋、大邸宅や大学などの守衛所などのほか、主にアメリカでは、リゾート地の旅館やホテルを"lodge"とよく呼びます。

アットホームな雰囲気や歴史を感じさせる、旅館も見逃せない!

次に、家庭的な雰囲気で愛される民宿、昔ながらの旅館を紹介します。

規模が小さく、高級&大型ホテルのような施設とサービスが整う宿は少ないですが、親戚の家に訪れたような温かなサービスに癒やされたり、伝統的な家や古城に滞在できたり、地域の一般的な暮らしを体験できたりするので、個人旅行者から支持されています。

宿泊料金も比較的安く、連泊すると割引になる宿もあります。

B&B(ビーアンドビー)

"bed and breakfast"の省略形で、その名の通り朝食付きの民宿。
イギリスやアイルランドでポピュラーな宿泊スタイルです。

客室はバスルーム付きのベッドルームかスイートルームですが、宿によってはバスルームが共用の場合があります。
朝食は、共用のダイニングルームで食べる場合と、各部屋で食べる場合があります。

数部屋程度の小さな宿で、たいていは家族経営。
オーナーが同じ宿に住み込み、部屋の掃除や朝食づくりをしていて、中級ホテルよりも安めの価格設定やアットホームな雰囲気が人気です。

pension(ペンション)

フランスなどの「下宿屋」に由来します。

宿泊スタイルは"B&B"に似ていますが、朝食だけでなく、夕食のほか、時にはランチやお茶も提供してくれる点が異なり、日本の旅館とシステムが似ています。

ゲストハウスや学生寮をさすこともあります。

auberge(オーベルジュ)

中世フランスが発祥とされる、宿泊設備を備えたレストランです。
郊外や地方にあり、クオリティーの高い食事が自慢です。

inn(イン)

古期英語の「住居」を意味し、中世ヨーロッパで広まった、1階に飲食店・居酒屋を備えた2階建ての小旅館が起源です。

今でも田舎町や高速道路沿いでよく見かけ、"economy hotel"や"motel"、"lodge"を指す場合もあります。

昔ながらの建築様式や雰囲気を残す施設があるのも魅力で、ダイニングは地元住民も気軽に利用できる施設が多いようです。

とにかく安く泊まりたい!旅人同士で盛り上がれる!!

最後にバックパッカー御用達のホステルやゲストハウスをご紹介します。
とにかく安く泊まりたい!という方はぜひ活用を。

hostel(ホステル)

若者が旅を安全&安価にできる宿泊施設"youth hostel"が、20世紀初めにドイツで誕生し、それが"hostel"の語源といわれています。

一般的に2段ベッドが数台置かれた"dormitory"(ドミトリー)と呼ばれる相部屋で眠り、トイレやシャワー、ラウンジなどは共用のため、非常に安く宿泊できます。
多くは冷蔵庫やコンロなどを備えた共用のキッチンが併設され、自炊ができるため食費も節約できます。

またホステルには、"backpacker"と呼ばれるバックパックを背負い低予算で旅行をする人々が世界中から集まり、旅談義で盛り上がったり、仲良くなった者同士が一緒に食事に出掛けたり、旅をしたりすることもあるそうです。

近年では"boutique hostel"、"design hostel"、"luxury hostel"と呼ばれる内装や設備、サービスも充実した宿が増え、シングルルームや4人部屋などの個室を備えるなど多様化も進んで利用しやすくなっています。

guest house(ゲストハウス)

国や地域によって呼び方が異なる場合もありますが、一般的には、"hostel"と似たような安価で素泊まりができる施設を示すことが多いです。

また「下宿」を意味する場合もあります。

関連記事を探そう

あわせて読むなら!

外国語学院_無料体験レッスン 外国語学院_MIYABI ECCジュニア

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

    英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

  2. 英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

    英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

  3. 英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

    英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

  4. 英語で感謝をどう伝える?“Thank you.”以外にもさまざまな表現を紹介。

    英語で感謝をどう伝える?“Thank you.”以外にもさまざまな表現を紹介。

  5. ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

    ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!