KNOW

子どもが英会話を好きになる教え方のコツは褒めて楽しませること!

子どもが英会話を好きになる教え方のコツは褒めて楽しませること!

子どもへの英会話の教え方で大切なことは、子どもと一緒に楽しむという気持ちです。
子どもたちが自ら進んで参加しようとする行動を褒めて、「もっとやりたい」と思うような英会話学習を進めていきましょう。

英会話を子どもに教えるときに気をつけることは?

子どもが英会話を楽しめるような環境を作る

習い事の体験レッスンなどで、泣いてばかりいる子どもを見たことはありませんか?

小さい子どもが初めて経験する出来事に驚いたり、人見知りをしていやがったりするのはよくあることです。
環境に慣れて、レッスンに通うようになっても、子どもが「レッスンに行きたくない」と言い出すときもあります。

子どもがレッスンを受けたくない理由として、「楽しくない」、「楽しくないから好きになれない」という気持ちが影響している場合があります。
子どもたちが習い事などを続けるのは、「楽しいから」「好きだから」という気持ちがあってこそといえるでしょう。


大好きなパパやママが、英会話のレッスンの時間になると、子どもの間違いを厳しく指摘して直すことばかりをすると、子どもは「何を言ってもすぐにノーと言われてばかりでおもしろくない。楽しくない」と思うようになります。
やがて英会話を教えているときのパパやママがいやで、英語を話し始めたとたんに不機嫌になってしまいます。

子どもに英会話を教えるときは、習い事であれ家であれ、「先生やパパ、ママたちと過ごす英語の時間が好き」という気持ちを持たせることができるかどうかがポイントです。

英会話を教える先生やパパ、ママたちは、子どもがレッスンに前向きに参加しているかどうかを見守りながら、自分も一緒にその時間を楽しむようにしましょう。

英会話を教える先生やパパ、ママを「好き」になってもらう

英会話を教える先生やパパ、ママを好きになってもらうには、「すごい」「不思議だ」「おもしろい」と子どもをワクワクさせて、もっと「知りたい」「やりたい」気持ちを引き出すレッスンにすることが大切です。

ゲームやおもちゃ、DVDなどを使い、一緒に楽しく遊びながら英語のフレーズや単語に慣れ親しむように工夫してみましょう。

楽しく踊りながら英語の歌を歌うと、発音やリスニング力のアップだけでなく音感やリズム感も身に付きます。

ままごとや買い物ごっこなどをしながら、野菜や果物の名前を覚えたり数を数えたりするのも、楽しく英会話を学べる方法です。

子どもに英会話を教えるときは楽しい時間を過ごすことを心がけましょう。

正解を褒めるのではなくがんばっていることを褒める

「褒める」ことで、子どもが英会話を学ぶモチベーションを高めることができます。
英会話のレッスンの中で、子どもを褒めて励ますことができるタイミングはたくさんあります。

例えば、正解したときだけ褒めるのではなく、積極的にレッスンに関わっている姿勢を褒めてあげると、子どもは「次も褒められたい」と思い、どんどん声を出すようになります。

catの絵を見せて子どもが「ネコ!」と言ったとき、レッスンに積極的に関わろうとする態度をまず"Good!"と褒めましょう。
そして、子どもを褒めた後に先生やパパ、ママたちが"It’s a cat."と英語のお手本を示すことで、子どもは関心を持って英語を覚えていくことができます。

英語に触れる環境を提供する

まわりは日本語という環境の中で、英会話を教えるのはとても大変です。
日本語と同じように英語も言葉であり、「覚えて」「使う」ことで身に付いていくものです。
教える時間以外にも英語を使う環境を作ると、英語に触れる機会が増えて英会話力もアップしていきます。

英語を使う環境を作るために「①英語関連のツール」「②英語を話す相手」「③英語で話す場所」を用意してください。

①の「ツール」は、英語のDVD教材やテレビ番組、絵本、②の「相手」は、英会話スクールの先生、③の「場所」は、家庭内で英語オンリーの時間を設けることや、夏休みに海外のキャンプや英語研修に参加するといった方法などがあります。

また、図書館で洋書を借りる、英語の副音声でテレビ番組を見るというように、費用をかけずに英語に触れる方法もたくさんあります。

子どもへの教え方は「聞く」「話す」「読む」「書く」の順で

英語をたくさん聞いて英語に慣れさせる

子どもに英会話を教えるときは、最初に英語の歌を聞かせたり読み聞かせをしたりして、音に慣れてもらうようにします。
英語をたくさん耳にすることで英語への違和感がなくなり、英会話が教えやすくなります。

音楽に合わせて英語の歌を一緒に歌ったり、英語のDVDを一緒に見たりして楽しく過ごしましょう。

覚えた英語を話す機会を作る

「聞く」ことは家でもできますが、「話す」ことは家族以外の人とコミュニケーションをとることがオススメです。

スクールに通ってもいいですし、オンライン英会話を利用するのもよい方法です。
ネイティブの人に接する機会が多いと、リスニング力のアップにもつながります。
週1~2回の授業など、短い時間でもかまわないので、定期的に長く続けられる環境を作ってあげましょう。

文字や単語を覚えて英語を読めるようにする

子どもが英語の音に慣れてきたら、単語を覚えることに挑戦してみましょう。
単語が読めるようになれば、学んだ英語が定着しやすくなります。

単語を教える教材はたくさんありますが、小さい子どもには楽しく学べるように絵本やぬり絵などを使ってアルファベットを覚えさせましょう。

また、単語とその意味を示す絵が描かれたカードを使うと、スピーディーに単語を身に付けることができます。

DVDをうまく使えば、目で単語や映像を「見て」、耳でその音を「聞く」ことが同時にできるので、子どもはどんどん英語を吸収していきます。

書くことが作業にならないように楽しみながら書かせる

英語を「書く」ことは、子どもにとっては難しいので正しく書くよりも、遊びやお絵かきの感覚で練習するように進めましょう。

英単語書き取りのドリル教材もありますが、大きな紙にクレヨンや絵の具、色鉛筆を使って書いてみたり、ホワイトボードを使って大きく書いたり、子どもが飽きずに進んで取り組めるように工夫してください。

関連記事を探そう

あわせて読むなら!

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

    英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

  2. 海外旅行の入国審査をスマートに!「旅行慣れ」している人が使っている英語フレーズ!

    海外旅行の入国審査をスマートに!「旅行慣れ」している人が使っている英語フレーズ!

  3. ビジネス英語で「お久しぶりです」「ご無沙汰しております」のメールはどう表現する?

    ビジネス英語で「お久しぶりです」「ご無沙汰しております」のメールはどう表現する?

  4. ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

    ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

  5. ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

    ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!