KNOW

ECCのスタッフ実践シリーズ第2弾!子どもの英語教育に親が心がけること

ECCのスタッフ実践シリーズ第2弾!子どもの英語教育に親が心がけること

いよいよ2020年から、日本でも英語教育の「小学3年生からの必修化」「小学5年生からの教科化」が始まりますが、不安に思っている方も多いのでは。

以前、英語教育の最前線で働くECCのスタッフにわが子の英語教育について、ECCフォリラン!編集部がアンケート調査をしましたが、好評につき第2弾をお届けします。

今回のテーマは、「子どもの英語教育に親が心がけること」です。

英語大好きキッズに育てるためのポイントを、下記の3つに分けてまとめてみました!

※関連記事:ECCスタッフが実践中!わが家流・英語の子育てメソッドまとめ

ポイント1:英語を楽しみながら自然に取り入れる

英語を好きでいてもらえるために親が心がけていることは?

第1弾では、英語で子育てするヒントとして「楽しむ」ことが挙げられていましたが、子どもが楽しんで英語を話すために、ECCスタッフは具体的にどのようなことを心がけているでしょうか。

「とにかく褒めています。ECCジュニアには外国人と英語で話ができるイベントがあります。自分の英語が通じたことが自信になり、本人もとても嬉しいみたいです。」
<新商品開発プロジェクト:植さん 小1(女の子)のママ>
「会話ができる年齢になったので、『英語が話せると楽しいよ』と声かけをしています。」
<新商品開発プロジェクト:澤田さん 5歳(女の子)のママ>

楽しんで英語を話せるように、遊びながら英語を体験できる場所やイベントに連れて行ったり、よくできたらしっかりと褒めてあげたり、英語で会話する楽しさを伝えたりと、いろいろ工夫をしているようですね。

関連記事:子どもが英語を好きになるきっかけに!英語で子どもを褒めてみよう!

また、子どもが小さいうちは、日常会話や歌などに英語を自然に取り入れるという意見も多数ありました。

「勉強だと意識させず、会話の中で自然に覚えさせていきたいですね。私はビートルズが好きで英語にはまったので、息子にもたくさん聞かせて一緒に楽しく歌っていこうと思っています。」
<総合教育研究所:相さん 4歳(男の子)のママ>
「子どもが自然に興味を持ってくれるよう、強要はしていません。日常生活の中で日本語と英語の垣根をあまり作らずに英単語をたくさん使ったり、一緒に英語の歌を歌ったりしています。」
<新商品開発プロジェクト:小城さん 3歳(男の子)と1歳(男の子)のママ>

子どもが英語を話せるようになるためには、英語は特別な勉強と思わせることなく、「楽しんで自然と取り入れる工夫をし、よくできたらしっかりと褒める」がポイントのようですね。

ポイント2:英語が嫌な時期は、無理強いをせずに待つ

子どもが英語を嫌がるようになったときの乗り越え方は?

つい最近まで楽しそうに英語を使っていたのに、急に「英語が嫌い」と言い始めて困っているという話もよく耳にします。
そんなときに子育て中のECCスタッフは、子どもにどう接しているのでしょうか?

「子どもの気持ちには波があるので、無理強いをしないでまた興味を持つまで待ちます。できないから嫌いになった場合は、できなくてもいいよと伝えてまた興味を持つまで待ちます。」
<新商品開発プロジェクト:久保田さん 2歳(男の子)のパパ>
「とにかく無理強いしないことです。幼稚園に行くようになってから日本語の習得が急速に進み、英語は分からないから嫌と言うようになってきました。でも、当然のことだと受け止め、特に何もせずそのまま放置しています。一方で、遊んでいるときにCDを流したりして、耳だけでも慣らすようにしています。子どもは何か違うことしていて全然聞いてないと思っていても、意外と聞いていたりしますからね。」
<WEB運営:小西さん 4歳(女の子)のママ>
「嫌ってなったときは、教えることを一旦やめます。集中力が切れると何をしてもだめなので…。そのときは、なぜ集中力が切れたのかを考え、アプローチの仕方を変えて次の教えにつなげます。以前は無理やり違うものを持って来て、引き続きやらせようとしましたが、今は、子どもがどこに飽きを感じるのかを研究している段階です。飽きがくるような気配を感じたら、一瞬他に気をそらせて、すぐに引き戻すことで、リセットをさせてまたやる気を出してもらえるように心がけています。」
<新商品開発プロジェクト:岩田さん 4歳(女の子)のパパ>
子どもが英語を嫌になったときは、焦る方も多いでしょうが、無理強いせずに待つことも大事なようですね。
さりげなく英語のCDやDVDを流して、継続的なインプットだけにとどめましょう。

さらに、子どもの年齢が上がってくると、次のようなアプローチをしている方もいらっしゃいました。

「外国人と触れ合う機会を持ったり、海外旅行に行って英語を使わせたり、海外で活躍している人のドキュメンタリー番組を見せたりして、英語を勉強する先にあるものを見せています。」
<通信販売センター:向井さん 小5(女の子)のママ>
「CAになるという明確な夢を持っているため、英語学習に無理強いはしませんが、『やらなくて将来困るのは自分』とこんこんと伝えることで、自分なりに計画立てて実践していますよ。」
<CS推進室:大矢さん 小3(女の子)と3歳双子(女の子)のママ>

特に小学校高学年の子どもたちには、英語を学ぶ先にあるものや将来の夢を自覚させることで、英語を学びたいと思わせる意欲やモチベーションにつながるようです。

ポイント3:知識より、楽しさを伝えることが大切。親子で一緒に学ぼう!

英語が苦手なママ&パパへのアドバイス

自分自身は英語が苦手だったため、子どもには早くから英語を学ばせたいと思っている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
けれども、英語が苦手だっただけに、子どもの英語学習にどうやって接したらいいか悩んではいませんか?

「苦手だからこそ、すぐに結果を求めてしまうのかもしれません。ですが、英語を習得するのに『即効薬』はありません。長く続けるためにも、まずは英語を好きになってもらうことから始めてほしいと思います。」
<CS推進室:藤原さん 小2(女の子)のママ>
「今は英語に興味がなくても、突然興味がわいてくることもよくあります。あまり気負わずに、『興味のあることを追及させていたら、いつか英語にたどり着くかも」』くらいの気持ちでいるのが、子どもにとっても親にとっても良いかな、と思います。」
<総合教育研究所:松本さん 3歳(男の子)のママ>
「英語学習は勉強ではなく、スポーツや楽器のように楽しくできたら素晴らしいもの。英語を楽しんでいる子どもの成長を見守りつつ、一緒に楽しむために、親もまた英語をやり直してみるのも良いと思います。」
<総合教育研究所:相さん 4歳(男の子)のママ>
「お母さんも一緒になって楽しく学ぶことが大切だと思います。『◯◯先生がすごいねって言ってたよ、ママはその言葉聞いて嬉しかったよ』と伝えるのも嬉しいみたいです。」
<新商品開発プロジェクト:澤田さん 5歳(女の子)のママ>
「英語が不得意な人の方が、苦手意識を持ちやすいポイントを知っている分、どのように教えてあげたらいいのか、自身の経験をもとに、子どもにも接してあげることができます。子どもには、あまり抵抗を感じさせないように、遊びの中で楽しく英語で歌を歌ったり会話をしたりする等、自然と学ぶことができるようにしています。」
<新商品開発プロジェクト:岩田さん 4歳(女の子)のパパ>
「できるだけ一緒に取り組み、子どもと競ったり、『ママに教えてあげよう』という気持ちを刺激するのも良いと思います。娘はバレエを習っており、経験のない私に柔軟体操などを教えてくれますが、教えることで自信につながりどんどんと力を付けるようになりました。」
<通信販売センター:向井さん 小5(女の子)のママ>

いろいろなアドバイスがありましたが、子どもが自然と英語に興味を持ってもらうよう、決して無理強いをせずに、「好きになるまで待つ」といった、子どもの成長に合わせて、気長に接しているECCスタッフが多いようでした。

特に英語が苦手だったからこそ、子どもには英語を好きになってほしいと思っている、ママやパパは多いでしょう。
けれども、ママやパパが楽しいと思わなければ、子どもも楽しいとは思わないはず。
以前のアンケート調査でも「楽しく英語を取り組む」が大事でしたが、子どもだけでなく、ママやパパも一緒に英語を楽しむことが大事なようですね。

また、英語の知識を増やすことよりも、英語の楽しさや素晴らしさを伝えたり、よくできたことを褒めたり、子どもの努力を認めたりする方が、子どもの英語力アップにつながるという意見もあります。
英語が苦手なママやパパにとって、心強いアドバイスですよね!

関連記事を探そう

合わせて読むなら!

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 「七五三」って英語で何て説明する? 子どもと学びたい七五三フレーズまとめ

    「七五三」って英語で何て説明する? 子どもと学びたい七五三フレーズまとめ

  2. 「領収書を下さい」は英語でどう言う!?これで完璧!海外でのタクシー乗りこなし術

    「領収書を下さい」は英語でどう言う!?これで完璧!海外でのタクシー乗りこなし術

  3. 【キッザニア東京/キッザニア甲子園】ペアチケットプレゼント!

    【キッザニア東京/キッザニア甲子園】ペアチケットプレゼント!

  4. 日本の文化や風習を英語で紹介!留学先や海外ボランティアで喜ばれる鉄板シリーズ

    日本の文化や風習を英語で紹介!留学先や海外ボランティアで喜ばれる鉄板シリーズ

  5. ビジネス英語で「お久しぶりです」「ご無沙汰しております」のメールはどう表現する?

    ビジネス英語で「お久しぶりです」「ご無沙汰しております」のメールはどう表現する?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!