KNOW

外国人の友達を作って英会話を上達させる方法

外国人の友達を作って英会話を上達させる方法

「外国人の友達ができれば、英語を使う機会が増えて英会話が上達するのでは」と考える人は多いでしょう。
外国人の友達ができれば、英語でコミュニケーションを取る機会が増えるので英会話を学ぶモチベーションにもつながります。
多くの友達と言葉を交わし、交流を深めて英会話学習を楽しみましょう。

外国人の友達を作って英会話の機会を増やそう

覚えた英語を使うことで英会話は上達する

英会話を習得するには、単語や文法を覚えるなど英語の知識を得るインプットと、得た知識を使うアウトプットをバランスよく行う必要があります。

インプットした知識も、実際に英語を話したりするアウトプットの機会がなければ自分の英語力として定着させることは難しくなります。
また、自分の思いが相手に伝わると英語を話すことが楽しくなり、英会話を学ぶモチベーションが上がります。
すると、英会話の中で自分が知らない単語や表現が出てくると調べて覚えたりする積極性につながります。

また、外国人と言葉を交わすことで、さまざまな国の文化や価値観に触れ、自分の視野を広げることもできます。

外国人の友達の作り方と話し掛けるときに使える表現

英会話を学ぶ日本人に協力してもらう

外国人の友達を作るといっても、「1人では不安」「うまくなじめるかな?」と気後れしている人もいるでしょう。
英会話スクールに通っている人であれば、いきなり外国人の友達作りに挑戦する前に、まず同じスクールの日本人と勉強仲間になってみてはいかがでしょう。

「英会話を上達させたい」と同じ目的を持っている人であれば、お互いに情報交換をしながら勉強ができます。
そして、1人では参加しにくい外国人が多く集まる場所に一緒に出掛けることができます。

また、英会話を勉強している人の中には外国人の友達を持つ人もいるので、そういった仲間との食事会などに参加できるようにお願いしてみましょう。

外国人と交流できるイベントやパーティーに参加する

外国人の友達を作りたいという人は、国際交流のイベントに参加してみるのもオススメです。
インターネットで検索すると国際交流イベントを紹介するサイトがいくつか出てくるので、自分が住んでいる地域のイベントなどをすぐに調べることができます。

国際交流イベントは多彩で、バーやレストランなどで初心者向けの英会話レッスンを実施したりゲーム大会を開いたり、ダイビングや登山、スキー、スノーボードなどのツアーも企画されています。

国際交流イベントは、文字通りさまざまな国の人が友達を作ることを目的に集まるので、英会話に自信がなくても「お互いさま」といった気持ちで積極的に参加しましょう。

イベントやパーティーなどで声を掛けるときに使える表現

国際交流イベントやパーティーなどで、初対面の人と話すときに使える表現をご紹介します。

自己紹介したら、相手の出身地やいつ日本に来たのか、日本に来てどれぐらいになるか聞いてみましょう。

日本に来た理由を尋ねるときは、"Why did you come to Japan?"ではなく"What brought you to Japan?"といった表現を使いましょう。

"Why did you come to Japan?"は「いったい何で日本に来たの?」と少しぶっきらぼうな言い方で、あまり使われていません。

"What brought you to Japan?"は「あなたが日本に来るきっかけは何でしたか?」といった意味で柔らかい印象で伝わります。

ほかに、仕事や住んでいる場所、趣味や好きな食べ物などを質問するときの表現もご紹介します。

会話が進む中で、"Are you interested in language exchange? I teach you the Japanese language, and you teach me English. What do you think?"「お互いに母語を教え合うことに興味はありますか。私があなたに日本語を教え、あなたが私に英語を教えるんです。どう思いますか?」と言ってみるのもオススメです。

国際交流パーティーなどに参加している外国人に、英語を教えてほしいと求めるばかりではなく、時には日本語も教えてあげましょう。
お互いの言語や文化の違いを知ることで、さらに交流が深まります。

関連記事:週末はみんなでホームパーティー!海外のホームパーティーを参考に、すてきな一日を過ごそう!

関連記事:外国人主催のフォーマルなパーティーや食事会に誘われたら…どんな格好!?どんなことを英語で話す!?

外国人が集まるバーやレストランなどに出掛ける

また、外国人が集まるバーやレストランなどに出掛けるのもオススメです。
こういった店ではハロウィンやクリスマスなど季節のイベントを開催したり、サッカーや野球といったスポーツ中継を店内で観戦したり、みんな盛り上がっているのでまわりにいる人と話しやすい雰囲気があります。

店に行くのも、英会話を学ぶ日本人の友達と一緒なら心強いはず。
勇気を出して、隣にいる外国人のグループなどに声を掛けてみましょう。


関連記事:スポーツバーで外国人と仲良くなる方法とは!?応援マナーや白熱の応援英語フレーズを学ぼう!~サッカー編~

バーなどで声を掛けるときに使える表現

バーやレストランといった店で、みんながワイワイと楽しんでいるところで外国人に声を掛けるときは下記のような表現を使ってみましょう。

相手の英語が聞き取れない場合は"Just a moment, please. Could you slow down, please?"「ちょっと待ってください。ゆっくり話してもらえますか?」とお願いしましょう。

相手の言っていることが分からないまま会話を続けることはできないので、聞き取れない場合は恥ずかしからずに伝えましょう。

また、相手の言っていることの意味が分からない場合は下記のような表現で聞き直してみてください。

バーやレストランでは、お酒などを飲みながら店で出会った人と気軽に話せるのが魅力です。
「声が聞き取れない」「意味が分からない」といった場合も、「こんなこと言って、面倒に思われるかな?」と遠慮せずに、思い切って聞き直すのがオススメです。
相手もあなたと同じように会話を楽しんでいれば、ゆっくり話したり、違う表現で言い換えたり、快く応じてくれるでしょう。

関連記事:外国人が多く集まるバー&パブで英語力アップ!外国人との会話が弾む英語フレーズまとめ!〜仕事の話編〜

関連記事を探そう

あわせて読むなら!

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

    英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

  2. 海外旅行の入国審査をスマートに!「旅行慣れ」している人が使っている英語フレーズ!

    海外旅行の入国審査をスマートに!「旅行慣れ」している人が使っている英語フレーズ!

  3. クリスマスメッセージを英語で送りたい!ビジネスで使えるフレーズ13選

    クリスマスメッセージを英語で送りたい!ビジネスで使えるフレーズ13選

  4. ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

    ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

  5. ビジネス英語で「お久しぶりです」「ご無沙汰しております」のメールはどう表現する?

    ビジネス英語で「お久しぶりです」「ご無沙汰しております」のメールはどう表現する?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!