KNOW

英語で「飲み会」ってなんて言う?飲み会を開いたり参加するときに使える英会話を紹介

英語で「飲み会」ってなんて言う?飲み会を開いたり参加するときに使える英会話を紹介

職場やサークルなどの友達と、もっと仲良くなりたいときにおすすめなのが飲み会。
飲み会独特の和気あいあいとした雰囲気なら、いつもより気軽に英語で話しかけられるのではないでしょうか。

今回はそんな「飲み会」にまつわる英会話を紹介します。
外国人の友達を誘うときはもちろん、逆に誘われた場合の対応、飲み会の会場での注文の仕方、会計、お別れのあいさつまで、役立つ英語フレーズがいっぱいです。

飲み会って英語でなんて言うの?

カジュアルな飲み会は"get-together"。飲食を伴うビジネスの会合は"business drinking party"

日本語で「飲み会」という言葉は、友達同士はもちろん、ビジネスシーンでも欠かせませんよね。
一般的には英語で"drinking party"と言います。

特に友達や同僚とのカジュアルな飲み会は、"get together"(集まる)を名詞化した"get-together"がよく使われます。
落ち着いて食事をしながら飲みたい場合などは、"dinner"(夕食)と言っても良いでしょう。
会話の中でなら、「飲みに行く」を意味する"go for a drink"や"go drinking"もしばしば使われる表現です。

一方、ビジネスの飲み会は、"business drinking party"や"social drinking party"と言います。
こちらは日本のいわゆる「飲み会」というよりは、「会合」というビジネス的な意味が強くなるようです。

ほかにも、"welcome party"(歓迎会)や"farewell party"(送別会)、"year-end party"(忘年会)、"New Year's party"(新年会)も覚えておくと役立ちそうです。

飲み会に外国人を誘おう!

外国人の友達を気軽に誘うときの英文例

では、さっそく外国人の友達を飲み会に誘ってみましょう。

友達や同僚の中でも親しい相手なら、"Why don't we ~?"(~しない?)や"Let's ~."(~しましょう。)、"How about ~?"(~はどう?)などのフランクな英語フレーズを使って、気軽に誘ってみてはいかがでしょうか。

<例文>

少し丁寧に誘うときの英文例

少し丁寧な表現をしたい場合には、"free"という英単語を使って、相手の予定が空いているかを聞いてから、誘ってみてもいいですね。
"Would you like to join us?"のフレーズを用いて、「(飲み会があるのだけれど、)一緒に参加しない?」といった表現もオススメです。

<例文>

関連記事:外国人の友達を作って英会話を上達させる方法

飲み会に誘われたときの英語での返事

「ぜひ行きたいです」を英語で言うと?

飲み会に誘われて、参加したい場合は、「もちろんです」を意味する"Of course!"や"Sure!"と、返事をすると良いでしょう。
返事の後に、"I'd like to go."(行きたいです。)と加えてもいいですね。

そのほかにも、"My pleasure!"(よろこんで!)や"Sounds nice!"(いいね!)もたびたび使われるフレーズです。

"Sounds nice!"は、"nice"の代わりに"great"(すばらしい)や"cool"(都合がよい)など、さまざまな形容詞に言い換えることができます。
誘ってくれて嬉しい気持ちを、自分の言葉で表現してみてはいかがでしょうか。

「残念ながら参加できません」と英語で断るときは?

飲み会に誘われても、予定が入っている場合もありますよね。
"Sorry"(残念ながら)や"I wish I could."(参加できたら良かったのですが。)などの前置きをしてお断りをしましょう。

断った後には、「次も誘ってください」の言葉を添えてもいいですよね。
また、参加する場合も断る場合も、会話の最後には「誘ってくれてありがとう」のお礼の気持ちを伝えるようにしたいものです。

<例文>

飲み会で使える英会話

飲み物をオーダーするときに使う英会話

飲み物をオーダーする場合の定番の言い方は、"I'll have ~."です。
"~"に"beer"(ビール)や"wine"(ワイン)、"cocktail"(カクテル)、"sake"(日本酒)といった飲み物の名前を入れて使いましょう。

どんな飲み物があるか分からないときは、"Can I see the menu?"(メニューを見せてください。)とメニューをもらってもいいですね。

そのほかにも、注文がまだの人に"What would you like to drink? "(何が飲みたいですか?)と尋ねても喜ばれそうです。
なお、"sake"は「酒(日本酒)」という日本語がそのまま英語になっています。
興味を持っている外国人の友達に、下記の例文のように説明してあげてみてはいかがでしょうか。

<例文>

乾杯をするときの英文例

「乾杯!」の定番中の定番の言い方は" Cheers!"でしょう。

カジュアルな場では"Chin-chin!"(乾杯!)や"Bottoms up!"(飲み干しましょう!)などが使われることがあります。
昇進など相手をお祝いしたい場合には、"Congratulations!"(おめでとう)と言って乾杯しても喜ばれるでしょう。

ほかにも、幹事や上司のスピーチの後などには、"Let's make a toast!"(乾杯しましょう!)や、「~のために!」「~を願って!」を意味する"To ~!" や"Here's to ~!"もよく出てきます。
覚えておいてもいいかもしれませんね。

ちなみに"To ~!" や"Here's to ~!"の"~"に入る言葉は、人でも物事でも大丈夫です。

人の場合、例えば鈴木さんの昇進や送別などの時に"To Mr. Suzuki!"(鈴木さんのために!)と言って乾杯します。
会社やサークルなどなら、"To us!"(私たち[みなさん]のために!)と言えば結束力が高まりそうです。
物事の場合はいろいろな言葉を入れることができますが、"To our success!"(私たちの成功を願って!)"To our future!"(私たちの未来に!)などが代表的でしょう。

酔ったとき、断るときに使う英文例

つい飲み過ぎてしまったときなどは、上手にお酒を断りたいですよね。
もともとお酒が強くなかったり、車で帰らなければいけなかったり、未成年など、飲み会ながらお酒が飲めないケースもあります。
どんなフレーズがあるかご紹介しましょう。

<例文>

関連記事:外国人が多く集まるバー&パブで英語力アップ!外国人との会話が弾む英語フレーズまとめ!〜仕事の話編〜

飲み会が終わった後の会計と別れのあいさつ

割り勘やおごりって英語でなんて言う?

楽しい飲み会が終わった後はお会計です。

支払いを「割り勘」にする場合には、"Let's pay separately."(別々に支払いましょう。)や"Let's split the bill."(割り勘にしましょう)をよく使います。

一方、相手にお世話になった時など、おごりたい場合もありますよね。
そんなときには、「それは私につけて」という意味の"It's on me."と言いましょう。
また、「もてなす」を意味する"treat"を用いて、"I'll treat you."や、"My treat."も英会話では頻出する表現です。

ちなみに" You treat me."だと、「私をもてなして」=「おごって」という意味になります。
"My treat."と"Your treat."は、気のおけない友達の間でよく言い合いますが、"my"と"your"を間違えると反対の意味になるのでご注意を。

きちんと英語でお礼を言いましょう

楽しい飲み会は、お別れの一言も肝心です。
誘った方も誘われた方もきちんとお礼を述べ、楽しい時間を締めくくりたいものですね。
どんな英語フレーズがあるかご紹介します。

<例文>

関連記事を探そう

あわせて読むなら!

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

    英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

  2. 英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

    英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

  3. 英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

    英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

  4. ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

    ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

  5. ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

    ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!