KNOW

海外留学中のスマホや携帯電話の使い方は?現地で困らないために日本でしておくべきことは?

海外留学中のスマホや携帯電話の使い方は?現地で困らないために日本でしておくべきことは?

スマホや携帯電話は、今や日常生活に欠かせないツールです。
学校や友だちとの連絡網でも利用され、留学にも必携のアイテムではないでしょうか。

近年日本でも、通信キャリアから通信回線を借りて通信サービスを提供するMVNO(仮想移動体通信事業者)が参入し、スマホや携帯電話で利用できる通信会社の選択が増加。
MVNOの格安SIMの利用者も増え、SIMフリーのスマホや携帯電話が普及してきました。
通信規格の合うSIMフリーの端末を使えば、日本はもとより海外のSIMカードも利用できるので、留学を希望している人はチェックをしておくと安心です。

留学先に着いてから困らないよう、日本と海外で異なる注意点を交えながら、スマホや携帯電話についてまとめてみました。

海外留学でスマホ・携帯電話は必要になる

今まで使っていたスマホや携帯電話を使う

SIMフリーのスマホや携帯電話は、通信規格が合えば、SIMカードを差し替えて海外の通信会社を含むどの通信会社でも利用できるのが特長です。
ゆえに、今まで使っているスマホや携帯電話をそのまま持って行く留学生も増えています。

他社のSIMカードが使えなかった日本の通信キャリアでも、2015年5月から手続きをすればSIMロックを解除できるようになり、SIMフリー機種と同じように使えるようになりました(注1)。

新しいスマホや携帯電話を買えば、それなりの出費になるうえ、使い慣れるまでに時間がかかります。
しかも現地で購入する機種は、表示や説明が英語だけかもしれません。
今まで使っていたスマホや携帯電話が使えると、安心感や使い勝手の良さが違いますよね。

しかしながら後から詳しく述べますが、SIMフリー機種やロック解除をした機種が、留学先で必ず使えるとは限らないという落とし穴もあるので注意も必要です。

注1:ロック解除には一定期間使用などの条件があり、ロック解除をしても誤動作でサービス等が一部使えなくなる場合があります。
また、古い機種は一部を除いてロック解除ができません。

留学先でスマホや携帯電話を購入・レンタルして使う

スマホや携帯電話は、ほとんどの国で購入することができます。
留学先での購入あるいはレンタルする場合は、以下のようなメリットがあります。

同じ機種でも国によって若干仕様が異なる場合があります。
ゆえに日本のスマホや携帯電話では、「ネットや電話がつながらない」「誤動作で一部サービスが使えない」といったトラブルが起きるかもしれません。

一方、現地でスマホや携帯電話を購入する場合、購入手続きを自分自身でしなくてはならないので敷居は高いかもしれませんが、トラブルが起きても購入したお店で相談ができ、初期不良ならたいていは交換してもらえて安心です。

お店ではさらに、SIMカードの挿入や各種設定をしてくれたり、使い方の説明をしてくれるなどのサービスも期待できます。
物価の安い国なら、お得な値段で手に入るかもしれません。
ガジェット好きなら、日本では未発売のスマホや携帯電話の機種選びも楽しいでしょう。
ただし、日本に持ち帰る場合、日本の総務省令で定められた技適マークがないスマホや携帯電話の日本国内での使用は、違法になる恐れがあるので注意が必要です。

日本で使用しているスマホ・携帯電話を活用しよう

日本の通信キャリアのスマホ・携帯電話をそのまま使用

通信キャリアのスマホや携帯電話でも、海外の通信会社と提携している国やエリアであれば、国際ローミングで使用できます。
今使っている端末と電話番号をそのまま使えるのが魅力ですが、国際ローミング料金は非常に高いので敬遠されていました。
しかし、近年は定額や使い放題のプランが登場し、後で請求書を見て顔が真っ青になる事態は避けられているようです。
利用できる国・エリアも年々増え、国際ローミングの申し込みや設定はスマホやパソコンなどから気軽にできるなど、便利になっています。

とはいえ、料金は今でも割高です。
長期留学を予定している人や、ネットや電話をよく使う人は、後から紹介する方法がオススメです。

Wi-Fiのみ使用し、アプリ等で通話

スマホや携帯電話はSIMカードがなくてもWi-Fiとつなげば、電話は使えませんが、ネットなどの通信サービスを利用できます。

留学生ならパソコンを持っていく人も多そうですが、ちょっとした調べものやSNSのチェックなどはスマホの方が断然、便利ですよね。
オフラインでも、カメラや目覚ましなどとしても役立ちます。
また、電話は使えないといってもアプリを使えば、現地の友だちはもちろん、日本にいる家族にも、メッセージ送信や無料通話ができるのも大きなメリット。

留学先で使えなくてもスマホを持参し、Wi-Fiのつながる部屋や学校、カフェなどで活用する留学生もいるようです。
短期留学を予定している人や留学費用を抑えたい人におすすめの手段ではないでしょうか。

電話が必要になれば、安い携帯電話を購入かレンタルし、プリペイドSIMを使って2台使いをしてもいいかもしれません。

SIMフリーの機種にして、海外の通信会社のSIMを使う

やはりどんな場所でもスマホや携帯電話が使えると便利ですよね。
割安でオススメなのが、日本から持参あるいは現地で買ったSIMフリーのスマホや携帯電話に、現地の通信会社のSIMカードを挿入して使う方法。
長期留学はもちろん、短期・中期の留学にもオススメです。

現地のSIMカードは大きく分けて2種類あります。
次で詳しく説明していきましょう。

海外の通信会社のSIMカード

プリペイドSIM

プリペイドSIMは文字通り、先に通信料を払って購入するSIMカードです。
通信会社でさまざまなプランを用意しています。
短期・中期留学はもちろん、長期留学でもあまりスマホや携帯を利用しない人にオススメです。
下記に気をつけながら選ぶと良いでしょう。

<有効期間>
期間によって値段が変わるので、留学期間に合わせて選ぶのがベター。
期間が終了したら使えなくなるタイプと、延長できるタイプがあります。

<通信量>
通信量によっても値段は変わります。
日頃使っている通信量と、宿泊先や学校のWi-Fiの有無などを考慮し、自分に合ったものを選びましょう。

<通信速度>
安いと思ったら、通信速度が遅かったということもあります。
動画やゲーム利用が多いなら、特に気をつけてチェックを。

<音声通話>
日本では音声通話の着信は無料ですが、海外では着信でも音声通話料が必要な国があります。
自分からかけることがなくても、相手からかかってくる可能性があるなら必要になります。

<チャージ>
後から通信量をチャージできるSIMカードもあります。
自分の使用量が分からない場合、こちらの安いプランを選んで、足りない分をチャージしても良いかもしれません。


ほかにも、短期留学の後、帰国前に複数の国へ旅行するなら、留学先以外の国でも使えるトラベルSIMやグローバルSIMを選択肢に入れても良さそうです。

なお、SIMカードは通信会社のホームページほか、現地の空港や日本の通販で購入できる場合もあります。

月額SIM

長期留学なら、留学先の通信会社の月額SIMカードが一番割安になるでしょう。
通信会社やプランによって、料金や通信量、通信速度、サービスなどが異なります。
選びきれない場合は、プリペイドSIMで自分の使用量を1ヵ月ほどみてから、月額SIMに切り替えても良さそうです。
SIMカードは各通信会社の公式ホームページなどから購入することができます。

SIMカードを変えると電話番号が新しくなります。
日本で使っていた電話番号を帰国後も使いたい場合は、休止手続きをして保管料を月々払う方法や、格安SIMの最も安いプランを利用する方法などでキープしておくとよいでしょう。

トラブルを避けるために

SIMフリーの機種でも、現地で使えるとは限らない

電波の周波数や通信方式は、国・地域や通信会社により異なります。
また、スマホや携帯電話の機種ごとに、対応する周波数と通信方式が異なっています。
日本向けの機種は、日本の通信キャリアの周波数と通信方式には対応していますが、留学先の通信キャリアの周波数と通信方式に対応しているとは限りません。
つまり、SIMフリーやSIMロックを解除した機種であっても、留学先の通信キャリアの周波数と通信方式に対応していなければ使えないのです。

SIMフリーだからと安心せず、周波数や通信方式などを事前にしっかりチェックしておきましょう。

SIMカードのサイズに気をつける

SIMカードには、「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」の3種類のサイズがあります。
サイズを間違えると挿入できないので、SIMカードを購入する前に自分のスマホで使用しているSIMカードのサイズ確認を忘れずに。
また、SIMカードを挿入するスロットを開くために、細いピンが必要な場合があります。
SIMカードを買ったものの差し込めないという事態に陥らないよう、ピン(または代わりになるようなゼムクリップなど)の持参も忘れずに。

電圧とプラグに気をつける

スマホや携帯電話の末端以外にも、気をつけておきたいのが充電器です。
記載をチェックすると、たいていは「入力AC100V〜240V」になっているでしょう。
この電圧であれば、ほとんどの国で充電器を利用できますが、念のため留学先の電圧を事前に確認しておくと安心です。

ほかにも、案外見落としがちなのがコンセントの形です。
違っていると、プラグがそもそも挿せません。

コンセントの形は国によってさまざまあり、日本はAタイプで統一されていますが、国によっては統一されていないこともあります。
Aタイプが使えるから大丈夫だと思っていたら、部屋には違うタイプのコンセントしかないことも考えられます。

変換プラグは現地でも買うことができますが、渡航直後の忙しい時期に、慣れていない土地ですぐに入手しなくてはならないのは大変でしょう。
電圧と合わせて、コンセントの形も事前にチェックし、必要なら日本にいる間に用意をしておきたいものです。

関連記事:海外旅行でトラブルに遭ったときのために覚えておきたい英会話

関連記事を探そう

あわせて読むなら!

外国語学院_無料体験レッスン 外国語学院_MIYABI ECCジュニア

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

    英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

  2. 英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

    英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

  3. 英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

    英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

  4. ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

    ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

  5. ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

    ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!