KNOW

旅行で英会話を楽しむコツは?よく使うフレーズも紹介

旅行で英会話を楽しむコツは?よく使うフレーズも紹介

海外旅行は学んできた英語を試す絶好のチャンスではないでしょうか。
今回は楽しみながら英会話に挑戦できるよう、英会話とコミュニケーションのコツを伝授します。

あわせて、英会話が必須となる海外旅行先でのシチュエーションを5つ厳選し、よく使う英語フレーズをご紹介します。
シンプルな表現を選んだので、ぜひ活用してみてください。

海外旅行での英会話とコミュニケーションのコツ

短くわかりやすいシンプルな表現を意識して話す

海外旅行で使う英語で一番大事なポイントは、自分の言いたいことを相手に伝えることです。

できるだけ短くわかりやすい、シンプルな単語や表現を選ぶよう心掛けると良いでしょう。

また、入国審査やレストランなど、お決まりのシチュエーションでは、よく使う単語やフレーズ、会話の流れも決まってきます。
旅行で訪れる場所を事前にチェックして、使えそうな単語やフレーズを確認しておけば、よりスムーズに英会話ができますよ。

早く話そうとせず大きくゆっくりはっきり話す

海外旅行では、ネイティブが使うような英語を話す必要はありません。

海外旅行の英会話で大事なことは、自分の言いたいことを相手に伝えることですから、大きめの声でゆっくりと、はっきりと話すことを心がければ、相手に分かってもらえます。
どうしても伝わらない場合は、他に思いつく単語や意味の似ているフレーズで言い換えるのもオススメの手段です。

無理に文を使おうとしないことも大切

英語が苦手であれば、無理に文にする必要はありません。
単語を並べるだけのカタコト英語でも、案外伝わります。
例えば、"Can you exchange yen for dollars?"(日本円をドルに両替していただけますか?)の文がとっさに出ないときには、日本円のお札を差し出しながら"Exchange. Dollars. Please."(両替して。ドルに。お願い。)と単語をつなげるだけで、状況から相手も「差し出している日本円をドルにしてほしいのだな」と分かってくれるはずです。

適切な英単語が出ない場合も、"Like this."(こんな感じ)と言いながら、身ぶり手ぶりで伝えたり、メモ帳などに絵を描いたりしてもいいかもしれません。

"This, please."(これをお願いします。)とメニュー名や商品を指させば、「それがほしいのだな」と相手が思ってくれるでしょうし、"Here."(ここ。)と地図の場所やガイドブックの写真などを指させば、「ここへ行きたいのだな」と分かってくれるはず。

また、近年はスマートフォンのアプリをはじめ、便利な翻訳ツールも続々と登場してきているので、英会話の補助に使ってみてもいいかもしれませんね。

関連記事:覚えるのは3つのフレーズだけ!実は超簡単、英語でレストラン予約

関連記事:海外旅行の1か月前ならこれだけ覚えておきたい!初心者向け英会話フレーズ18選

旅行時によく使う英会話フレーズ厳選5シチュエーション

入国審査でよく聞く&使うフレーズ

海外の空港に到着し、まず越えなくてはならない難関が入国審査(Immigration)でしょう。
原則として一人ずつ行われるため、英語が堪能な友達と一緒に旅行をしていても、一人で対応しなくてはならないからです。

しかし、質問内容はだいたい決まっているので、頻出フレーズや流れを事前に確認しておけば、恐れることはありません。
入国審査のブースでパスポートを提出した後、およそ以下のような流れで進みます。

両替のときによく使うフレーズ

近年はキャッシュレス化が進んでいるとはいえ、移動やチップ、飲食などで現地通貨が必要なシーンがあります。
海外旅行では、早めに両替所(money exchange / exchange counter)や銀行(bank)などで、現地通貨に両替しておくと良いでしょう。

現地通貨は、空港や街中などにあるATMからクレジットカードを使って、気軽に引き出すことができます。
引き出す方法はATMによって多少異なりますが、手順や使われる単語はだいたい同じなので、あわせて覚えておけば役立つでしょう。

①VISAやMasterなど使用できるカードを確認する。
②クレジットカードを挿入する。
③暗証番号を入力(enter PIN [Personal Identification Number])が表示されたら、クレジットカードの暗証番号を打ち込み、入力(enter)を押す。
入力するときには、まわりに見られないように、手で番号を隠しながら打ち込みましょう。
④取引内容を選択(select transaction)が表示されたら、現金引き出し(withdrawal)を選択する。
⑤口座を選択(select source account)が表示されたら、クレジットカード(credit)を選択する。
⑥引き出し金額を選択(select dispense amount)が表示されたら、たいていは「$20」「$100」などのように、いくつかの金額が表示されるので引き出したい金額を選択する。
一方、自分で金額を入力したいときは、そのほか(other)を選択後、引き出したい金額を入力。
⑦現金、利用明細証(receipt)、クレジットカードを受け取る。
なお、利用明細証は請求日まで保管しておきましょう。
⑧再び取引(another transaction)するかどうか確認されるので、終了する場合は"No"を選択し、操作を完全に終了させます。

道を尋ねるときによく使うフレーズ

スマートフォンの地図アプリを使えば、目的地へ行くのもずいぶんと楽になりました。
とはいえ、初めて訪れる場所や電波が届かない場所では道に迷うことも多いのではないでしょうか。
そんなときに使える英会話フレーズをご紹介します。

また、道を尋ねたときに返事でよく使われる、単語やフレーズもあわせて覚えておきましょう。

・go straight まっすぐ進む
・turn right [left] 右[左]に曲がる
・on your right [left] あなたの右[左]側に
・next to 〇〇 〇〇の隣

<例文>

レストランでよく使うフレーズ

海外旅行の楽しみの一つといえば、食事ではないでしょうか。
ここでは、レストランでよく使う英語フレーズをまとめてみました。
旅行前におさらいをしてみてはいかがでしょうか。

トラブルや体調不良のときに使うフレーズ

旅先では気をつけていても、紛失や盗難に巻き込まれる恐れがあります。
慣れない環境や食事で体調を崩してしまうこともあるでしょう。
いざという時に慌てないよう、緊急時に使える英語フレーズも復習しておきましょう。

<紛失・盗難>

<病気・ケガ>

関連記事:海外旅行でトラブルに遭ったときのために覚えておきたい英会話

関連記事を探そう

あわせて読むなら!

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

    英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

  2. 「七夕」を外国人に英語で説明!起源や由来はどうなの?

    「七夕」を外国人に英語で説明!起源や由来はどうなの?

  3. 英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

    英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

  4. 英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

    英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

  5. ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

    ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!