KNOW

子どもに英会話を学ばせたい。保護者が自宅でできることとは?

子どもに英会話を学ばせたい。保護者が自宅でできることとは?

2020年度より始まった小学校3年生からの英語教育の必修化によって、子ども向け英語学習がますます注目されています。

子どもに英語を好きになってもらうために、保護者は自宅でどんなサポートができるでしょうか?
また、小学生になる前から英会話を学ばせたいと思っている保護者も多いでしょう。

今回は、子どもが英会話を楽しんで学習できるように保護者が自宅でできることや、英会話教室やオンライン英会話を利用して子どもが学習するときに、保護者が自宅でできるサポートを中心にご紹介します。

子どもに英語を好きになってもらうために、保護者が自宅でできること

自宅で英語にたくさん触れられる環境作り

子どもに英語を好きになってもらうためには、英語へ親しみを持ってもらうことが大事です。
まずは自宅で子どもが英語にたくさん触れられるよう、保護者は自宅の環境作りから始めてみてはいかがでしょうか。

子どもが日ごろから英語に親しんでいれば、小学校での英語の授業や、英会話教室でのレッスンでも、あまり戸惑うことなく取り組めそうです。
保護者は子どもに英会話を教えることができなくても、自宅でできるサポートがたくさんあります。

たとえば、子どもに動物や乗り物といった興味のある絵を描いてもらい、保護者が英語の名前を書き添え、子ども部屋やリビングの壁などに貼ってみてはいかがでしょうか。
日常の挨拶に、“Good morning!”や“Good night!”といった英語を加えてみても良いかもしれません。
散歩や通園の途中に見たものを“What’s that?”(あれは何?)と子どもと英語でたずね合ったら、ゲーム感覚で子どもも楽しんで受け答えをしてくれそうです。
分からない単語は、スマホを使えば意味や発音も比較的簡単に出てくるので、英語の苦手な保護者も安心です。

また、アニメの英語版のDVDや英語の絵本をはじめ、近年では家庭用の英語教材も充実しています。
それらの利用もオススメです。

家庭用の英語教材を選ぶポイント2つ

家庭用の英語教材は、子どもが自宅で英語に親しむのに、とても役立つツールです。
しかしながら、DVDやCD、絵本、おもちゃ、カードゲームをはじめ、家庭用の英語教材は多岐にわたるため、選ぶのに迷ってしまいますよね。

教材選びのポイントはいろいろあると思いますが、次の2つは分かりやすいので参考にしてみてください。
1つ目は「子どもの興味がある教材」、2つ目は「子どものレベルに合った教材」です。

1つ目の「子どもの興味がある教材」は、英語になじみがなくても、教材自体が興味のあることであれば、子どももその教材をやってみようと思うに違いありません。

たとえば、歌が好きなら音楽CD、アニメや映画が好きならDVD、本が好きなら絵本、遊ぶことが好きなら、おもちゃやカードゲームといった教材です。
子どもの好きなキャラクターが登場するものや、興味を持っている内容がテーマの教材も良いでしょう。

子どものことを誰よりも知る保護者だからこそできる、最高のサポートと言えるのではないでしょうか。

「子どもの興味がある教材」である程度しぼったら、次に2つ目の「子どものレベルに合った教材」で、さらにしぼっていきます。

レベルに合う合わないが大事な理由は、教材が難しすぎてもやさしすぎても、子どもの興味が薄れやすいからです。

そして、教材の候補が決まってきたら、最後は子どもに選ばせてみてはいかがでしょうか。
自分で選んだことで子どもは教材に愛着が増し、意欲的に取り組んでくれそうです。

子どもをやる気にさせるコツ

無事に子どもに合う教材を選んでも、安心はできません。
子どもは元来飽きやすいので、最初は真新しさから取り組んでも、そのうち飽きてしまう可能性があるからです。

家庭用の英語教材に飽きずに取り組んでもらうためには、子どもが教材に取り組む様子をそっと見守り、まめに声をかけることが大事です。

声かけのなかでも「ほめる」は、子どものやる気アップに欠かせません。
「〇〇のことを英語でも言えるのね、すごいね」などのように、何かできるようになったり、成長したなと感じたら、どんどんほめてあげてください。

この保護者のちょっとした声かけが、学習意欲へとつながっていきます。

ほかにも、熱心に見ていたDVDや本に対して“What’s this?”(これは何?)や“What’s that?”(それ[あれ]は何?)と英語で声をかけてみてはいかがでしょうか。
子どもも英語を交えていろいろと話しやすくなりそうです。
ほめるときも、“Good job!”(良くできたね)のように英語を使ってみても良さそうですね。

このように家庭用の英語教材を通して、子どもが英語を好きになったり、英語に親しみが持てるようになれば、小学校や英会話教室などで英会話を学習するときに、英語や英会話への「恐れ」や「ためらい」の気持ちが軽減されるのではないでしょうか。
むしろ、英語に対する「好き」や「親しみ」の気持ちが、英会話を学ぶ「意欲」や「よろこび」へとつながりそうです。

また、家庭用の英語教材を通して自然に子どもが身に付けた英語は、英会話をする上でも大事な土台になっていくことでしょう。

取り組む時間の習慣化

家庭用の英語教材は自宅でいつでもできるからこそ、逆に三日坊主になってしまったり、だらだらと取り組んでしまうというデメリットもあります。
それらを避けるためにも、保護者は子どもが英語教材に取り組むことが習慣化できるようサポートしてあげましょう。

英語教材は気が向いた時にだけさせるのではなく、例えば夕食後の30分などのように、決まった時間にさせると良いでしょう。
保護者は子どもに、「夕食の後に〇〇のDVDを一緒に見ようか」などと、声をかけてあげてください。
子どもは「夕食後の30分は英語の時間」と意識づけられるようになり、自然と夕食後という決まった時間に取り組むようになるでしょう。

目標を具体的に立てる

ほかにも、「1日に3つ単語を覚える」「1か月で歌を歌えるようになる」など、目標を具体的に立てることもオススメです。
英語教材への取り組みにハリや弾みもつき、自宅だとつい甘えてだらだらしてしまうことが避けられますし、目標を達成することに気持ちの良さを感じるでしょう。
加えて、目標達成という成功体験の積み重ねが、子どもの自信にもつながります。
英語も英会話もますます好きになってくれるのではないでしょうか。

目標を立てるときには、達成しやすいように、最初は小さめの目標が良いでしょう。
保護者が決めるのではなく、サポートしながら、子ども自身に立てさせることもポイントです。

保護者も子どもと一緒に楽しむ

子どもが家庭用の英語教材を続けるためには、子ども自身が「英語は楽しい」と思うことが大事です。
家庭用の英語教材は子どものためのものですが、子どもだけにさせるのではなく、時には保護者も子どもと一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

子どもと一緒に、英語の歌を歌ったり、アルファベットを使ったゲームをしたり、英語の絵本を読んだりしてみてください。
子どもは「英語=楽しい」と思うようになり、英語教材への取り組みもますます意欲的になったり、もっと英語に興味を持ってくれそうです。

関連記事:家でもできる!子どもの英会話力を伸ばす学習法!

英会話を学習する子どもに、保護者が自宅でできること

英会話教室のメリットと保護者が自宅でできるサポート

英会話教室には、子どもの英会話指導に慣れた先生が独自の学習ツールを使って、子どもが飽きることなく、楽しんで学習できるさまざまなノウハウがあります。
グループレッスンならお友だちと一緒に学べることも、大きな楽しさや刺激になるのではないでしょうか。

また、英会話教室で学習したことを効果的に身に付けるためには、保護者の自宅でのサポートが欠かせません。

英会話レッスンのあった日には、「今日は何の単語を習ったの?」など具体的に問いかけてみてください。
子どもは喜んで習った内容を保護者に教えてくれるでしょう。
そしてこの問いかけは、英会話学習のとても良い復習にもなります。

さらに家庭用の英語教材での「子どもをやる気にさせるコツ」で述べたように、自宅で保護者がしっかりほめてあげることも大事です。
子どもの学習意欲がぐんとアップすることでしょう。

オンライン英会話のメリットと保護者が自宅でできるサポート

英会話教室以外でオススメの英会話学習法は、オンライン英会話です。

オンライン英会話は、スマホやパソコンがあれば場所を選ばず好きな日時にレッスンを受けられるため、近くに英会話教室がない場合や、英会話教室のレッスン日時に合わせられないときに、うってつけの英会話の学習方法と言えるでしょう。

さらに、自宅でレッスンを受けることができるので保護者が教室まで送り迎えをしなくて良いことも魅力です。
また、恥ずかしがり屋で英会話教室の直接対面のレッスンではあまり話ができない子どもが、オンラインではしっかりと英語で話をすることができるという意見もあります。
一人ひとりの子どものペースに合わせて学習することができるといったメリットもあります。

そして、子どもがオンライン英会話で学習したことを、より効果的に身に付けるためには、英会話教室と同様に自宅で保護者が子どもに学習した内容を聞いたり、できるようになったことをしっかりほめてあげると良いでしょう。

関連記事:徹底調査!ECCオンラインレッスン子ども英会話はどんな内容?料金や効果の秘密とは?

関連記事を探そう

あわせて読むなら!

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

    英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

  2. 英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

    英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

  3. 英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

    英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

  4. ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

    ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

  5. ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

    ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!