KNOW

食べ物の味などを英語で表現! “food”“dish”“meal”の違いも説明します。

食べ物の味などを英語で表現! “food”“dish”“meal”の違いも説明します。

食べ物や料理については、出身国に関わらず気軽に話せる話題の1つです。
日本で海外の人と話すときや海外に行ったときなどに、自国の料理の食材やその味を説明するのは珍しいことではありません。
また、海外の人と食事をする場合にも、ただ「おいしい」と言うだけではなく、料理の味をどのように感じたかを説明できたほうが会話も弾むでしょう。

そこで今回は、「濃い」「薄い」など食べ物の味を表現する英語や例文を紹介します。
また、間違えやすい“food”と“dish”と“meal”の違いも説明しますので、ぜひ使い方をマスターしてください。

“food”“dish”“meal”の違いは

“food”“dish”“meal”は使い分けが必要

英語の“food”“dish”“meal”の3つの言葉には「料理」という意味がありますが、実はそれぞれ少しずつ意味が異なります。
まず、どこが違うのかを大まかに説明すると“food”は「食べ物」、“dish”は「(食器に盛られた)料理」、“meal”は「料理を食べること」つまり「食事」を意味します。

それでは、“food”“dish”“meal”の使い方を例文とともに見ていきましょう。

“food”の意味と使い方

“food”には、食べ物、食品、料理という意味がありますが、食べることができるものすべてが“food”であると、まず覚えてください。
野菜、果物、肉といった食材はもちろんのこと、ラーメンもカレーライスもすべて“food”になります。

“food”は、基本的に単数形で使います。

“Italian food”(イタリア料理)と“food”を単数形で使ったときは、イタリア料理全般を示していました。
けれども上の例文では、ピザは複数あるイタリア料理の中の1つであり、イタリア料理にはたくさんの種類があることを強調しているので“foods”となります。

“food”は、他の言葉と組み合わせて使う場合も多いので、いくつか紹介します。

・food allergy:食物アレルギー
・food coloring:食品着色料
・food company:食品会社
・food poisoning:食中毒
・food composition table:食品成分表
・processed food:加工食品
・frozen food:冷凍食品
・junk food:ジャンクフード

“dish”の意味と使い方

“dish”を見ると、最初に「お皿」という意味を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?
確かに“dish”には、皿や食器類という意味があり、“Can you do [wash] the dishes?”(食器を洗ってください)とか“I want to buy these five white dishes.”(その5枚の白いお皿を買いたいです)というように使えます。
また、皿、ボール、スプーン、ナイフなどの食器類という意味で使うときは“the dishes”になります。

しかし“dish”は、皿や食器類を表現するだけではありません。
「料理」という意味でも使えます。
“food”(食べ物)を調理するなどして手を加えたものを食器に盛り付けると“dish”(料理)になるわけです。

“dish”を料理という意味で使った例文は以下のとおりです。

“meal”の意味と使い方

“meal”は主に「食事」という意味で使われることが多いです。
“breakfast”(朝食)や“lunch”(昼食)、“dinner”(夕食)など、ある状況で食べている物や料理をまとめて“meal”と言います。

また“meal”には「料理」という意味もあります。
料理という意味で使われるときは、次の例のように1回の食事の量を表現する場合に使います。

関連記事:英語で飲み物を注文!ミネラルウオーターやコーラ、ハイボールはなんと言う?

食べ物の味を英語で表現する方法

「濃い」「薄い」を英語で表現

ここからは、英語で食べ物の味を表現する言葉を紹介します。
料理を食べながらこれらの言葉を思い出してみてください。

料理や食べ物の味が濃いときは“strong”(濃い)や“rich”(濃厚)を使用します。
“strong”は煮物などの味が濃いときに、“rich”はクリームなどの味が濃厚なときに使います。

反対に料理や食べ物の味が薄いときは“plain”(あっさりした)や“no taste”(味がない)を使用します。
“no taste”は薄いというよりは味がしないという意味に近いので、よっぽど親しい間柄でない場合、料理を作ってもらったときに使うのは避けたほうがいいかもしれません。

「おいしい」「まずい」を英語で表現

英語で「おいしい」を表現する言葉はたくさんあります。
“tasty”や“delicious”は、どんな食べ物や飲み物に対しても使えます。
特に風味がいいものを食べたときに「おいしい」と言いたい場合は“flavorful”を、食欲をそそる料理には“appetizing”を使います。
また、“great”、“amazing”、“excellent”など「すばらしい」という意味を持つ言葉も「おいしい」を表現する便利な言葉です。

料理や食べ物がまずいときの一般的な表現は“bad”です。
味がひどくてどうしようもないときは“terrible”や“awful”といった「ひどい」や「恐ろしい」という意味を持つ言葉も使えます。
また、味がおかしいときは“weird”や“strange”とも言えます。

英語圏の人たちは、はっきりものを言うというイメージを持っているかもしれませんが、たとえ料理がまずかったとしてもはっきりとは言えない場面もあります。
料理番組で味見をした人が苦し紛れに“unique taste”(独特な味)と言ったときは、ほとんどの場合、その人の口に合わなかったと考えられるでしょう。

「辛い」「甘い」を英語で表現

英語で「辛い」と表現したいときは“hot”や“spicy”を使い、「甘い」と表現したいときは“sweet”を使います。
「辛すぎる」や「甘すぎる」と言いたいときは、それぞれの単語の前に“too”を付けます。
また、「とても辛い/甘い」と言いたいときは“very”や“really”、「ものすごく辛い/甘い」と言いたいときは“super”をそれぞれの単語の前に付けましょう。

関連記事:なぜ外国人は生ものが苦手なのか?答えは和食文化にあった!

その他、食べ物の味や食感を表す英語一覧

「食べ物の味」を英語で表現

他にも食事のときに使える食べ物の味や食感を表す言葉はたくさんあるので、確認しておきましょう。

・bitter:苦い
・fresh:新鮮な
・oily:脂っこい
・refreshing:さっぱりとした
・salty:しょっぱい/塩辛い
・sour:酸っぱい

「食感」を英語で表現

・creamy:クリームのような
・crispy:かりっとした
・crunchy:ぱりっとした
・hard/tough/dry:固い
・juicy:ジューシーな/みずみずしい
・moist:しっとりした
・smooth:なめらかな
・sticky:べたべたした
・soft/tender:柔らかい

関連記事を探そう

あわせて読むなら!

slide_外国語学院_無料体験レッスン slide_外国語学院_MIYABI slide_ECCジュニア

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

    英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

  2. 英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

    英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

  3. 英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

    英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

  4. ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

    ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

  5. ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

    ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!