KNOW

昆虫を英語でなんて言う?いろいろな昆虫の英語名や英語例文も紹介!

昆虫を英語でなんて言う?いろいろな昆虫の英語名や英語例文も紹介!

カブトムシやモンシロチョウをはじめ、昆虫好きの子どもは多いのではないでしょうか。

今回はそんな昆虫にスポットを当てます。
昆虫の英語名はもちろん、名前の由来や生態、豆知識などを、英語の例文を交えながらご紹介します。

子どもと楽しみながら、昆虫の英語名や特徴について覚えていきましょう!

昆虫って英語でなんて言う?

昆虫の定義

「昆虫」は英語でなんと言うのでしょうか?
答えは“insect”です。

語源は「分割されたもの」「体に切れ目(節)があるもの」を意味するラテン語“insectum”からきています。
たしかに昆虫をよく見ると、体が節ごとに分かれていますよね。

そんな昆虫の特徴を、子どもに英語で説明してみましょう。

一方、アメリカ英語では小さな昆虫を“bug”ということもあります。
こちらの語源は「悪霊」に由来するといわれており、小さな昆虫のほかにも、ばい菌やウイルス、コンピュータープログラムの欠陥や間違いなどの意味でも用いられています。

併せて子どもに教えてみてはいかがでしょうか。

関連記事:動物の鳴き声は英語でどう表現する?子どもと一緒に楽しむ英会話

子どもに人気の昆虫を紹介

カブトムシを英語で説明!例文もあり

では、さっそく人気の昆虫についての英語を紹介しましょう。
まずは子どもに特に人気の高いカブトムシです。

カブトムシは英語で“beetle”や“rhinoceros beetle”といいます。
“beetle”は硬い外骨格でおおわれた甲虫の仲間全般をいい、“rhinoceros”は動物の「サイ」を意味しています。

ツノを持ち大型で、表面(外骨格や皮膚)が硬いところは、カブトムシもサイも似ていますよね。
そんな説明も添えてあげれば、子どもも覚えやすそうです。

ちなみにカブトムシの仲間は世界に1000種類ほどいるといわれ、日本に生息しているおなじみのカブトムシは、“Japanese rhinoceros beetle”ともいいます。

チョウを英語で説明!

次は華やかなチョウ(蝶)について紹介しましょう。
チョウは英語で“butterfly”です。

代表的なチョウといえば、「モンシロチョウ」や「アゲハチョウ」を思い浮かべる子どもが多いのではないでしょうか。
前者は“cabbage butterfly”“cabbage white”、後者は“swallowtail butterfly”“swallowtail”と英語でいいます。

モンシロチョウの名前の由来は、幼虫がキャベツ“cabbage”を好んで食べることからだといわれています。

一方、アゲハチョウ“swallowtail”はどうでしょうか。
“swallow”は「ツバメ」、“tail”は「尾」という意味です。
アゲハチョウの後ろ羽は、ツバメの尾のように、2つに分かれて伸びている種類が多いからだといわれています。

ツバメとアゲハチョウの写真を見せながら説明すれば、子どもの理解がより深まりそうですね。

バッタを英語でなんて言う?

続いて紹介するのはバッタです。
バッタは英語で“grasshopper”といいます。

“grass”は「草」や「草原」、“hopper”は「ぴょんぴょん跳ねるもの」という意味です。
まさにバッタらしい名前ですよね。

なお、バッタの仲間のキリギリスも“grasshopper”といいます。
イソップ童話の「アリとキリギリス」は英語名で“The Ant and the Grasshopper”です。

関連記事:いま、注目!英語など外国語を習得する新常識・最新学習法「CLIL(クリル)」を実践!

昆虫の英語名を一覧で紹介

さまざまな昆虫の英語名を紹介

ここではカブトムシやチョウ、バッタ以外のさまざまな昆虫の英語名をリストにしました。
例文と併せて、子どもと一緒にチェックをしてみてください。

アリ:ant
カ(蚊):mosquito
カゲロウ:mayfly
ガ(蛾):moth 
カマキリ:[praying] mantis
カミキリムシ:longhorn/longicorn/[long-horned] beetle
シロアリ:termite 
スズメバチ:wasp/hornet
クワガタムシ:stag beetle
コオロギ:cricket
ゴキブリ:cockroach
セミ:cicada
テントウムシ:ladybug(米)/ladybird(英)
トンボ:dragonfly
ハエ:fly
ナナフシ:walking stick
ハサミムシ:earwig
ミツバチ:bee/honeybee
ホタル:firefly

関連記事:動物園で子どもと英語学習!キリンやサイ、ゾウなどの草食動物の英単語を覚えよう。

昆虫の成長についての英語表現

完全変態と不完全変態とは?

さまざまな昆虫の英語名を紹介しましたが、子どもにもっと興味を持ってもらうため、昆虫の成長について紹介しましょう。

昆虫は幼虫“larva”から成虫“adult”へと成長するにあたって、形や状態が変わります。
このことを「変態」“metamorphosis”といいます。
“metamorphosis”の語源は、ラテン語やギリシャ語の「変わる」を意味する“meta”と、「形」を意味する“morphe”からといわれています。

「変態」のなかでも、さなぎ(蛹)“pupa”を経て大きく変化することを「完全変態」“complete metamorphosis”、さなぎにならずに成長することを「不完全変態」“incomplete metamorphosis”といいます。

では、英語でも説明をしてみましょう。

関連記事:最新の語学学習法「CLIL」を活用!子どもと英語を使ってお料理に挑戦!

関連記事を探そう

あわせて読むなら!

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

    英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

  2. 英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

    英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

  3. 英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

    英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

  4. ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

    ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

  5. ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

    ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!