KNOW

天気や天気予報に関する英語表現やフレーズを紹介します!

天気や天気予報に関する英語表現やフレーズを紹介します!

みなさんは誰かと話をするときに、話題がなくて気まずい雰囲気になったという経験はありませんか。
特に初対面の方との会話はなかなか盛り上がりづらいですし、何を話したらよいのか分からなくなるときがありますよね。

そんなときに便利なのが「天気」の話題。
会話のネタに困ったときは、天気の話題を取り入れることで、その後の会話もスムーズに進みやすくなります。
それは海外でも同じで、天気の話題は老若男女、国籍を問わず会話が弾みやすく、ビジネスなどの場面でも、挨拶時などに持ち出されることも少なくありません。

天気に関する単語やフレーズをうまく使えるようになれば、会話を弾ませることができます。

今回はそんな天気に関する英語表現や、天気に関するフレーズを使った便利な会話例を紹介します!

天気を表す基本的な英語表現を覚えよう

天気を表す英語表現

「天気」には、晴れや雨、雷などさまざまな状態があります。
まずは基本的な天気を表す英語表現を確認しましょう。
普段の生活の中でも使用頻度の高い英単語なので、覚えておくと便利です。

【形容詞】
・晴れている:fine / sunny
・曇っている:cloudy
・雨が降っている:rainy
・雪が降っている:snowy
・霧がかっている:foggy
・風が強い:windy

【名詞】
・晴天:sunshine
・太陽:the sun
・雲:cloud
・雨:rain
・雪:snow
・霧:fog

【動詞】
・雨が降る:rain
・晴れる:clear up
・雪が降る:snow

ここで注意しなければならないのが、天気を英語で表す場合は形容詞・名詞・動詞を使い分けなければならないという点。

例えば「今日は曇りだ」という表現をするときに“It’s cloud today.”という言い方をするのは間違いです。
“cloud”(雲)は名詞なので、「今日、それは雲だ」と、なんだか意味不明な表現になってしまいます。
“cloudy”(曇っている)という状態を表す形容詞を使って“It’s cloudy today.”(今日は曇りだ)と表現しましょう。

また、動詞や名詞を使って天気を表現することもあります。
「今日は雨だ」という日本語を英訳するときは“It’s rainy today.”の他に、“It’s raining today.”という言い方もできます。
“rain”には「雨」という名詞以外にも「雨が降る」という動詞の意味もあり、それを現在分詞(形)にした“raining”を使うことで「雨が降っている」という意味になります。

「晴れてきた!」は“It’s getting sunny!”の他にも“The sun is coming out!”(太陽が出てきた!)のように“sun”(太陽)という名詞を主語にして言い表すこともできます。

関連記事:梅雨や秋雨は英語でなんて表現すればいい?日本の気候を英語で説明しよう!

天気予報でよく使われるフレーズ

天候関連

次に、天気予報でよく使われるフレーズについて確認していきましょう。
「天気予報」は“weather forecast / weather report”という表現が使われます。

英語の天気予報を聞き取れるようになれば、海外旅行の際に現地のニュースをチェックして天気に応じて行動予定を変えたり、現地の人とも天気の話題で話を広げられるようになります。

まず、「曇りのち晴れ」といった、「〇〇のち○○」という天気の表現方法は、“cloudy, and (later) sunny”のように“and (later)”を使って表現することができます。

・雨のち晴れ:rainy, and later sunny
・曇りのち晴れ:cloudy, and later sunny
・晴れのち曇り:sunny, and later cloudy

「曇り時々晴れ」のように「○○時々○○」というような表現は“occasionally”や“sometimes”を使って“cloudy and occasionally sunny”“cloudy and sometimes sunny”と言い表すことができます。

“occasionally”と“sometimes”の違いは頻度・確率にあり、“occasionally”は「時折/たまに」、“sometimes”は「おそらく/そのうち」で、“sometimes”の方がより確率が高めです。
例えば1日のうち半分が晴れ、半分が雨だとしたら“sunny and sometimes rainy”(晴れ時々雨)になります。

また“occasionally”や“sometimes”の前に来る“and”は“with”に言い換えることもできます。

気温など

“temperature”は「気温」という意味。
また、「〇〇℃」と気温の数値を表す場合は“〇〇 degree”を使って表現されます。
温度を表わす際には、“Celsius”(摂氏)と“Fahrenheit”(華氏)を使い分ける必要があります。
日本やヨーロッパ諸国、オーストラリアやカナダでは摂氏で温度を表現し、アメリカでは華氏で温度を表現します。

「最高気温」「最低気温」という表現は日本のニュースでも耳にすることが多いですよね。
英語で「最高気温」は“maximum temperature”「最低気温」は“minimum temperature”、または一般的には“the high”“the low”と言います。
どちらも海外のニュースでよく使われるので、覚えておくと便利ですよ!

注意報や警報など

次に“weather advisory”(気象注意報)や“weather warning”(気象警報)について見ていきましょう。

“advisory”と“warning”の違いは、被害が起こりうる可能性や程度です。
“warning”の方がより危険性が高く、「最大限の注意が必要」という意味になります。

海外旅行先のニュースで、現地の天気予報に“warning”という単語を見かけたら、外出は控えた方が安全です。
“advisory”は“warning”ほどの被害が出る可能性は低いですが、十分注意して行動した方が良いでしょう。

・大雨注意報:heavy rain advisory
・大雨警報:heavy rain warning
・洪水警報:flood warning
・大雨洪水警報:heavy rain and flood warning
・暴風警報:strong wind warning
・波浪警報:high wave warning

天気図関連

天気図は英語で“weather map”と言います。
天気図の解説でよく耳にする英語表現も覚えておくと、新聞を読む際や天気の会話をする際に役立ちます。

・高気圧:high pressure
・低気圧:low pressure
・前線:front
・寒冷前線:cold front
・温暖前線:warm front
・停滞前線:stationary front
・台風:typhoon
・ハリケーン:hurricane

台風とハリケーンは一見同じように感じますが、実は明確に違いが定義されています。
台風は大西洋または南シナ海に存在し、かつ最大風速約17メートル以上のもの。
ハリケーンは北大西洋、カリブ海、メキシコ湾、および西経180度より東の北東大西洋にある熱帯低気圧のうち、最大風速約33メートル以上のものを指すのです。
日本にいる外国人に熱帯低気圧が来ると伝えるときは“typhoon”を使い、アメリカやメキシコ、コロンビア、キューバ付近で熱帯低気圧が発生した場合は“hurricane”を使うと良いでしょう。

関連記事:「台風」の語源や英語で説明する例文、「ハリケーン」や「サイクロン」との違いを紹介します!

ビジネスの場でも使える日常英会話を学ぼう

ECC外語学院では日常英会話からビジネス英会話まで学べる!

天気など、会話のきっかけや掴みになるような話題は、日常英会話だけでなくビジネスの場でも使えます。
その他にも、趣味の話や住んでいる場所の話、季節に関連する話題なども、多くの方が「共感」できる部分があるため、スムーズに話を進めることができます。
しかし、このような実践的な話題を独学で学ぶのは少し難しいですし、典型的な表現に偏ってしまいがちになり、いろいろな会話表現ができるようになるのは容易ではありません。

ECC外語学院の「ENVISION(日常英会話コース)」では、そのような日常英会話やビジネスの場でも活用できる英会話を、より実践的に学ぶことができます。
「アウトプット中心の実践型レッスン」を取り入れており、事前学習→基本レッスン→事後学習→実践レッスンと、確実に英会話が上達する学習サイクルを導入しているため、効率よく英会話を身につけることが可能です。

レッスン内容も、毎回トピックが決まっており、日常英会話やビジネス英会話で実際に頻出するものが厳選して取り上げられています。
専門的な内容だけでなく、会話の導入や、より自然な会話表現、コミュニケーションの取り方も実践レッスンでしっかりと学ぶことができます。

クラス制で、同じレベルの生徒と同じ先生の授業を1年間受けられるので、発言しやすい雰囲気の中、励まし合ったり競い合ったりして効率的に英会話を身につけることができますよ。

関連リンク:使える英語を最短で身につけよう!ENVISION(日常英会話コース)

関連記事を探そう

あわせて読むなら!

slide_外国語学院_無料体験レッスン slide_外国語学院_MIYABI slide_ECCジュニア

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

    英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

  2. 英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

    英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

  3. 英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

    英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

  4. ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

    ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

  5. ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

    ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!