KNOW

雪は英語でなんて言う?“snow”以外にいくつ知っていますか?

雪は英語でなんて言う?“snow”以外にいくつ知っていますか?

冬の風物詩の一つである「雪」。
日本では、単に「雪」と言うだけでなく、「粉雪」「みぞれ」「吹雪」などのように、さまざまな言葉で雪の状態や雪の種類を表現します。

それは英語も同様で、「雪」には“snow”以外にも、いくつかのバリエーションがあるのです。
今回はそんな雪の“snow”以外の表現方法や雪に関連する単語やフレーズなどを紹介します!

子どもと一緒に楽しみながら、身近な「雪」の英語表現について学ぶことで、さらに英語に興味を示してくれるのではないでしょうか。
楽しく理解しながら学べるよう、雪についての豆知識もあわせて紹介します。

「雪が降っている」を英語で表現してみよう

「雪が降っている」を英語で言うと?

「雪」は英語で“snow”と言います。
この“snow”には、「雪」という名詞だけでなく、「雪が降る」という動詞の意味もあります。

「東京は、雪が降っている」という内容を“snow”の動詞での意味を用いて英語で表現すると、“It's snowing in Tokyo.”となります。
「昨日は雪が降った」と過去を表す場合は“It snowed yesterday.”と“snow”を過去形にしましょう。

関連記事:梅雨や秋雨は英語でなんて表現すればいい?日本の気候を英語で説明しよう!

さまざまな雪の状態を英語で表現してみよう

雪の見た目や質感の違いによる言い分け

さまざまな“snow”(雪)の英語表現について紹介します。
まずは、雪の見た目や質感の違いによる英語表現を確認しましょう。

・粉雪:powder snow
・ぼたん雪:large snowflakes
・綿雪:fluffy snowflakes
・氷雪:snow and ice
・ひょう:hail
・みぞれ:sleet

「雪片」のことを英語では“snowflakes”と言います。
雪片とは、雪の結晶がたくさん集まってできた大きな雪の粒です。

“large snowflakes”(ぼたん雪)とは、大きな雪片が花びらのように降る雪のこと。
その雪片が牡丹の花びらのように見えることから、「ぼたん雪」という名が付いたと言われており、別名「ぼた雪」とも言います。
英語の“large snowflakes”は、直訳すると「大きな雪片」になります。
雪片が大きいことがそのまま表されていますね。

同様に“fluffy snowflakes”(綿雪)や“powder snow”(粉雪)も、見た目や質感がそのまま英語名になっています。

“fluffy snowflakes”(綿雪)は、綿をちぎったような大きな雪のこと。
“fluffy”には「綿毛の」「フワフワした」という意味があります。

“powder snow”(粉雪)は“powder”(粉)のようにさらさらとした質感の雪のことです。
気温が低いときは“powder snow”が降りやすいと言われており、なかなか雪が溶けにくいのも特徴です。

一方で“fluffy snowflakes”や“large snowflakes”のような雪片が大きな雪は、気温が高いときに降ることが多いそうです。

“sleet”(みぞれ)は雪が溶けかけて雨まじりに降るもののことで、“hail”(ひょう)は積乱雲から降ってくる氷の塊です。

雪の量や降り方の違いによる言い分け

次に、雪の量や降り方の違いによる英語表現を確認しましょう。

・大雪:heavy snow [snowfall]
・小雪:light snow [snowfall]
・豪雪:heavy[very heavy] snow [snowfall]
・吹雪:snowstorm/blowing snow
・初雪:the first snowfall of the year
・万年雪:permanent [perennial] snow
・にわか雪:flurries
・新雪:fresh snow

英語では「大雪」を“heavy snow”、「小雪」を“light snow”と言いますが、このように雪や雨の降る量を表す際には“heavy”や“light”が使われます。
“heavy”には、「重たい」という意味以外にも、「大量の」「激しい」という意味があり、“light”にはモノの軽さ以外にも「程度が軽い」という意味があります。

「豪雪」は大雪と同様“heavy snow”でも通じますが、「さらにひどい大雪」といった意味を相手に伝えたい場合は“heavy”の程度を強める“very”を使って“very heavy snow”と表現するとよいでしょう。

「万年雪」は、富士山などの高い山に降り積もっている雪のように、年中溶けずに残っている雪のことです。
長い間、溶けずに残っていることから、“permanent”(永遠の)という意味の形容詞と“snow”(雪)を組み合わせて、“permanent snow”(万年雪)と表現します。
他にも“perennial”(長続きする)という意味の形容詞と組み合わせて“perennial snow”と表現することもできます。

“flurries”(にわか雪)とは、一時的に降る雪のことです。
また、「にわか雪」以外にも「突風」という意味もあります。
“flurry”だけでは、「にわか雪」と「突風」のどちらの意味なのか、文脈だけでは伝わりにくい場面がありますので、そのようなときには“a flurry of snow”(にわか雪)、“a flurry of wind”(突風)のように表現すると、相手に誤解なく伝わりやすくなります。

関連記事:天気や天気予報に関する英語表現やフレーズを紹介します!

「雪」関連の英語

その他の「雪」関連の英語

最後にその他の「雪」関連の英単語や例文を確認しましょう。
子どもと一緒に雪遊びをする際に、使える英語も紹介します。

・雪遊び:playing in the snow
・雪だるま:snowman
・雪合戦:snowball fight
・スノーエンジェル:snow angel
・かまくら:snow hut/igloo
・スキー:skiing
・そり遊び:sledding
・雪山:snowy [snowcapped] mountain
・なだれ:avalanche

日本ではあまりなじみのない雪遊びに“snow angel”(スノーエンジェル)というものがあります。
降り積もった雪の上に寝転んで手足を上下にパタパタと動かし、雪に人跡を付けた後に起き上がると、まるでその跡が天使のように見えることから“snow angel”(スノーエンジェル)と呼ばれるようになりました。

雪で作る家と言えば、日本ではかまくら(snow hut)を想像しますが、欧米ではそのような雪の家のことを“igloo”と言います。
“igloo”とは、元はカナダやグリーンランドのイヌイット族が作る氷の家のことを指し、日本のかまくらは雪を集めて空洞をくり抜く作り方をするのに対し、“igloo”は雪をブロック状に固めてドーム型に積み上げていくという作り方をします。

関連記事:「かくれんぼ」は“Hide-and-seek”!世界共通の「定番遊び」5つを英語でやってみよう!

子どもが興味のあることから学ぼう!

ECCジュニアでは英語を自律的・効果的に学べる!

ECCジュニアでは今回紹介した「雪」というテーマのように、子どもにとって身近で興味の持ちやすい題材をメインに、楽しみながら英語を身につけられるようなカリキュラム内容が充実しています。

「雪」のような身近なテーマですと、実際に雪遊びをしながら英語を学んだり、雪を眺めながら保護者と雪にまつわる英語を話したりなど、学んだ英語を実際にご家庭で使う機会も生まれるかと思います。

またECCジュニアでは、子どもの年齢や発達に合ったテーマやトピックを取り上げ、英語力だけではなく、思考力や想像力も同時に伸ばすことのできる学習法「CLIL(内容言語統合型学習)」を採用しています。

まずは遊びやクイズを用いて、子どもたちにテーマに対する興味を持ってもらいます。
その後、関連するまとまった量の英文を聞きQ&Aを行いながらさらに理解を深めていきます。
学習のまとめとしてテーマについて自分で考え、発表する場も設けられているため、思考力や発信力も伸ばすことができるのです。

また、家庭での「復習」「予習」「自学」、そして教室での学習サイクルが効果的に機能するように、ホームワークシートや家庭学習用CDやDVDも用意されており、子どもが家庭でも自主的に継続して学習できる環境が整っています。

関連リンク:英語力だけでなく、深い思考力と高いコミュニケーション能力を養成する効果が大きい学習法「CLIL」

関連記事を探そう

あわせて読むなら!

外国語学院_無料体験レッスン 外国語学院_MIYABI ECCジュニア

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

    英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

  2. 英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

    英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

  3. 英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

    英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

  4. ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

    ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

  5. ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

    ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!