KNOW

英語面接で成功する自己紹介とは!必要なポイントなどを詳しく紹介!

英語面接で成功する自己紹介とは!必要なポイントなどを詳しく紹介!

近年、急速に進むグローバル化に伴い、英語を使う機会が増え、海外や外資系の企業へ就職・転職を考えている人も増えているのではないでしょうか。
その際、英語面接という難関を乗り越えなくてはなりません。

スムーズに受け答えができるように、今回は英語面接における自己紹介の方法や押さえるべきポイントなどを紹介します。

日本の企業でも、貿易関係や海外営業など職種や部署によっては、英語面接があると考えておくほうがよいでしょう。
ぜひ、参考にしてみてください。

英語の面接で大切なこと

英語面接では自己紹介は必須

就職や転職の際に行われる英語面接。
企業や職種、ポジションによって、質問される内容は変わりますが、その中でも必ず求められることは「自己紹介」ではないでしょうか。

自分を直接アピールできる最大のチャンスなので、しっかりと面接担当者に思いや実績を伝えたいもの。

とはいえ、日本人は一般的にアピールすることが苦手なうえに、英語を使わなくてはならないので、プレッシャーもひとしおでしょう。
せっかく実績があるのに、英語面接で緊張してうまくいかないのは残念なことです。

逆に英語は流ちょうなのに、なぜかうまくいかない場合もあるでしょう。
採用する側は、第一印象、話す内容や構成など、英語スキル以外のところに比重を置いてチェックしています。流ちょうゆえに話し過ぎたり、要点が伝わっていなかったりしたのかもしれません。

英語面接が成功するように、自己紹介を中心にコツをお伝えします!

最初の挨拶で第一印象アップを!

日本語・英語を問わず面接では、第一印象がとても重要です。
その良し悪しによって、その後の面接本番の雰囲気が変わってくるからです。
といっても、何か特別なことをする必要はありません。

面接の部屋には、まずはノックをしてから入ります。
面接担当者に、“Please come in.”(どうぞお入りください)と言われたら入室をしましょう。
返事がない場合は、“May I come in?”(入ってもよろしいでしょうか?)と声をかけます。

入室後は挨拶をし、面接の機会を設けてもらった感謝の気持ちを、にこやかに伝えましょう。
それだけで、雰囲気が和やかになるはず。

挨拶や感謝の言葉は定番フレーズがいくつかあるので、英語が苦手でも暗記をしておけば大丈夫。
大事なことは、面接担当者から話しかけられるのを待つのではなく、自分から挨拶をすることです。

関連記事:肩書を英語で紹介しよう!ビジネスでの名刺交換やあいさつで使えるフレーズ!

英語面接での必須項目2つ

なぜ応募したのか(応募動機)

面接において、なぜ応募したのか(応募動機)は必須項目の1つ。
会社や仕事内容にどれだけ魅力を感じているか、応募動機を短い文章で3つぐらいにまとめておくと良いでしょう。

言い出しには、“There are three reasons I have applied for this position.”(この職種に応募した理由が3つあります)という表現も便利です。

なお理由には、現職や前職の悪口、自身が感じている行き詰まりなどネガティブな内容は避けたいもの。
たとえそうであっても、前向きな応募動機を伝えるようにします。

仕事に向いている理由(適任性)

自分が会社に魅力を感じていても、会社側があなたを採用するメリットを感じなければ、残念ながら採用されることはありません。

自分の能力やキャリアがどれだけ今回の募集内容に向いているか、適任性もアピールしましょう。

応募動機と適任性がセットになってこそ、面接担当者も採用したいと思ってくれるはずです。
適任性の伝え方については次の章をチェックしてみてください。

関連記事:英語でプレゼンテーション!まずは基本をマスター

自己紹介では会社にマッチする内容を伝えよう

経歴を英語で伝えよう

転職であれば、これまで勤めてきた会社名やポジション、仕事内容などを、学生であれば、勉強してきたこと、アルバイトや部活動などで行ってきたことを伝えましょう。

ここで注意したいポイントは、募集要項と関係ないことは言わないこと。
自己紹介なので、自分の中で素晴らしかったことを言いたくなるものですが、会社や仕事に関係ないことであればピント外れとなり、マイナスに評価される可能性があります。

逆に会社や仕事にマッチするエピソードが豊富にあれば、たくさん話したくなるかもしれません。
しかし、面接時間は限られているうえ、面接担当者は他の応募者の自己紹介をたくさん聞いています。

経歴の中から、募集要項に最も適しているもの、他の応募者に負けないものなどを厳選して、面接担当者が興味を持つような経歴に絞ると良いでしょう。

強みを英語で伝えよう

強みも前述の経歴と同様に、募集要項に関係ない内容は避けましょう。

また、強みもあれこれとアピールしたいところですが、数が増えるほど一つひとつの強みの印象が薄くなってしまいます。
経歴同様に、会社が求めている人材や募集要項に適した内容だけに絞ることも大切です。

入社後の貢献度も伝える

面接担当者をはじめ、会社側が求職者に一番期待していることは、入社後の貢献度ではないでしょうか。

前述でアピールした経歴や強みが、入社後にどのような利益をもたらすのか、募集要項に沿って結びつけることができれば、会社側もあなたを採用したいと思ってくれるはず。

ただし、誇張には気をつけた方が良いでしょう。
なぜなら採用は、ゴールではなく、スタートだからです。
入社後に英語面接でアピールしたように貢献できなければ、せっかく入社した会社で気まずくなってしまいます。無理せず、できることをアピールするようにすると良いでしょう。

貢献できるエビデンス(過去事例等)

実際に入社後に貢献できるか否かは、未来のことなので分かりません。
だからこそ、経験や強みを加えて、貢献できるエビデンス(証拠)があると信ぴょう性が高まります。

似たような過去の事例や成功した実績を、具体的に2、3アピールできれば、会社側もさらに採用したいと思ってくれることでしょう。

関連記事:英語での敬語表現!「教えてください」など依頼する場合の英語表現を紹介します。

面接担当者に分かりやすい構成で自己紹介を!

英語での実績紹介型自己紹介

英語面接での自己紹介で、伝えたい内容が決まっても、伝え方が上手くなければ面接担当者の心に響かせることはできません。

伝え方のコツは構成です。

構成はいくつかありますが、分かりやすい方法の1つは、オーソドックスに自分の実績を紹介する実績紹介型です。

この構成は下記の3ステップで紹介します。
(1)現在の自分の紹介
(2)過去の実績
(3)未来の貢献

(1)で自分がどんな人間なのかを端的に紹介し、(2)で過去の実績を伝え、(3)で、だからこそ御社でこんな貢献ができるという構成です。

英語での成功体験型の自己紹介

次に紹介する成功体験型は、成功体験をストーリーで紹介する構成です。

この構成は下記の3ステップで紹介します。
(1)トラブル
(2)解決方法
(3)成功体験を生かしてできる、会社への貢献

(1)でトラブルについて紹介し、(2)で解決方法を紹介し、(3)で一連の成功体験を活かして、求人募集の会社に貢献できることを伝えます。

関連記事:英語にも敬語がある!?ビジネスシーンですぐに役立つ英語フレーズまとめ!

関連記事を探そう

あわせて読むなら!

外国語学院_無料体験レッスン 外国語学院_MIYABI ECCジュニア

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

    英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

  2. 英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

    英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

  3. 英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

    英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

  4. ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

    ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

  5. ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

    ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!