KNOW

「恐竜」は英語でなんて言う?ティラノサウルスやトリケラトプスなど紹介します!

「恐竜」は英語でなんて言う?ティラノサウルスやトリケラトプスなど紹介します!

多くの子どもが興味のある「恐竜」。
大きくて迫力のある恐竜は子どもだけではなく、大人にとってもロマンを感じますよね。
そんな恐竜は、子どもと大人が一緒に楽しく英語を学ぶのにピッタリなテーマです。
ぜひ博物館に行って化石やジオラマを見たり、自宅で図鑑を見たりしながら、恐竜について英語で学んでみてはいかがでしょうか。
今回は恐竜の歴史や種類、その特徴などについての英語表現を紹介します。

恐竜とは?

恐竜の歴史を英語で説明してみよう!

「恐竜」は英語で“dinosaur”と言います。
今から約2億2500万年前、恐竜は“reptiles”(爬虫類)の仲間から進化をとげ、誕生しました。
そして今から6600万年前に絶滅するまで約1億6000万年という長い間、地球上に生息し続けました。

人類の歴史は700万年と言われていますので、その約23倍もの期間、恐竜は生きていたということになります。

恐竜が生まれた時代のことを“the Triassic period”(三畳紀)、その後さらに進化をとげ、超巨大恐竜が次々と登場した時代のことを“the Jurassic period”(ジュラ紀)、そして恐竜の姿や形が多様になり地球上のいたるところで繁栄した時代のことを“the Cretaceous period”(白亜紀)と言います。

それほどの長い期間、地球上に生息していた恐竜が約6600万年前に絶滅した理由として、最も有力な説は“meteorite”(隕石)の衝突だと言われていますが、現在も多くの科学者によって恐竜絶滅の謎が研究されています。

関連記事:動物園で子どもと英語学習!ライオンやトラ、ワシなどの肉食動物の名前や特徴などを英語で覚えよう。

恐竜の種類を英語でなんて言う?

恐竜の種類を英語で

恐竜の種類は、動物の肉や魚などを食べる肉食恐竜、植物しか食べない草食恐竜、肉も植物もどちらも食べる雑食タイプの3種類に分けられます。

「肉食」は英語で“carnivore”、「草食」は“herbivore”、「雑食」は“omnivore”と言い、それぞれ形容詞にすると“carnivorous”(肉食の)、“herbivorous”(草食の)、“omnivorous”(雑食の)となります。

肉食恐竜を英語で

鋭い剣のような歯を持った恐竜は“carnivorous dinosaurs”(肉食恐竜)です。
肉食恐竜には身体が大きなものもいれば、小さなものもいたと言われており、巨大肉食恐竜の代表格ともいえる“tyrannosaurus”(ティラノサウルス)は他の恐竜を食べ、最も小さな恐竜として知られている“compsognathus”(コンプソグナトゥス)はトカゲや昆虫などを食べていました。

ティラノサウルスは恐竜の中でも最強の肉食恐竜で、大きなもので全長13メートル、体重は7トンもあったと言われており、噛む力が非常に強かったようです。

恐竜がテーマの映画でよく登場する、翼竜の“pteranodon”(プテラノドン)は、魚を主食としていました。
プテラノドンは肉食ですが歯を持っておらず、捕らえた魚を丸呑みしていたと言われています。

草食恐竜を英語で

長い首が特徴の“brachiosaurus”(ブラキオサウルス)は、その長い首を使い高い木の葉や新芽、木の実などを食べていたと言われています。
ブラキオサウルスのような“herbivorous dinosaurs”(草食恐竜)の多くは、すり鉢状の歯を持っており、その歯で葉や木の実をすりつぶして食べていました。

草食恐竜は肉食恐竜に比べ、おとなしく温厚な恐竜が多かったようですが、サイのような見た目と3つの角が特徴の“triceratops”(トリケラトプス)は少し違ったようです。
3つの角を使って縄張り争いをしたり、肉食恐竜と闘ったりと、肉食恐竜を恐れる必要がないほどの強さを持っていたとも言われています。

関連記事:昆虫を英語でなんて言う?いろいろな昆虫の英語名や英語例文も紹介!

恐竜と怪獣の違いは?

恐竜と怪獣の違いを説明してみよう!

大きくて怖いというイメージで恐竜と怪獣は似ていますが、その違いは一体どこにあるのでしょうか。
子どもに違いを聞かれたときに答えられるよう、恐竜と怪獣の違いについて確認してみましょう。

恐竜はここまで見てきた通り、太古の昔の三畳紀~白亜紀に実際に存在した動物です。
一方で怪獣は、正体不明の不思議な獣、または映画や漫画などで恐竜などをモデルに創作された、特別な力を持つ生物のことを言います。

恐竜は太古の昔に実在していて、怪獣は実在しないという点が大きな違いですね。
子どもに説明するときは、この「本当に存在したのか、しないのか」について焦点を当て説明をすると良いでしょう。

関連記事:動物園で子どもと英語学習!キリンやサイ、ゾウなどの草食動物の英単語を覚えよう。

関連記事を探そう

あわせて読むなら!

外国語学院_無料体験レッスン 外国語学院_MIYABI ECCジュニア

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

    英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

  2. 英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

    英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

  3. 英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

    英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

  4. 英語で感謝をどう伝える?“Thank you.”以外にもさまざまな表現を紹介。

    英語で感謝をどう伝える?“Thank you.”以外にもさまざまな表現を紹介。

  5. ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

    ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!