LEARN

英会話上達にフレーズ学習も効果があるって本当?

英会話上達にフレーズ学習も効果があるって本当?

英会話を上達させるためにフレーズを覚えることは大切です。
しかし、フレーズを丸暗記するだけでは会話のキャッチボールを楽しんだり、会話の幅を広げたりすることはできません。
フレーズ学習を取り入れながら英語の基礎力を磨くことが大切です。

フレーズを覚えるメリット

自分の目的に合ったフレーズを覚えることで英語への興味を深める

英会話のフレーズ集の購入を考えているのであれば、英語で何を伝えたいのかを考えてみましょう。

海外旅行に行くためという人もいれば、留学に備えるため、仕事で海外との取引が始まるためなど英会話を学ぶ目的はさまざまでしょう。

海外旅行が目的であれば、海外旅行で役に立つ英会話フレーズを集めた本を手に取って、旅行のシチュエーションに合わせたフレーズを覚えるでしょう。

英会話を学ぶ目的により、覚えたいフレーズは違います。
自分が興味のある話題や分野、自分に関係のある本を選び、そこから表現の幅を広げることで学習意欲も高まります。
やみくもに覚えるのではなく、自分に必要なフレーズから覚えていくのがオススメです。

覚えたフレーズはすぐに使える

フレーズを覚えることのメリットは、例えば"How are you?"「お元気ですか?」、"I'm fine, thank you."「はい、元気です」というフレーズを覚えた場合、"How are you?"と声をかけられると、頭の中で英文を組み立てなくても"I'm fine, thank you."とすぐに返事をすることができます。

またファストフード店などでは、"For here or to go?"「店内でお召し上がりですか、お持ち帰りですか?」と聞かれることが多いので、"To go, please./ For here, please."「持ち帰りでお願いします/ここでいただきます」といったフレーズを覚えておくとスムーズに答えることができます。

覚えたフレーズは、あいさつやファストフード店やカフェでの注文など、ある程度、会話の流れが決まっている状況ですぐに使うことができます。

英語が通じる楽しさを実感できる

英会話の上達を目指す過程で手応えを感じるのは、「ネイティブの人に自分の英語が通じた」「会話が続いた」、そんな瞬間ではないでしょうか。

英会話を勉強する中で、こういった喜びを感じることはとても大切です。
「好きこそものの上手なれ」ということわざがあるように「好き」「楽しい」という気持ちを持ち続けることは、英会話の上達の大切な要素と言えるでしょう。

食事の注文や会計、ホテルのチェックインやチェックアウトなど、覚えたフレーズで会話が完結するシチュエーションは限られていますが、少しずつ英語を話す機会を増やし「自分が話す英語が通じた」といううれしい経験を積み重ねることは、英会話学習を続けるモチベーションになります。

英語表現をマスターすることができる

英語には、英語特有の言い回しがあります。例えば"So far, so good."というフレーズ。
これは「今のところは順調です」といった意味で使われています。

"so"は「そう、そのように」「それで、だから、したがって」「とても」など、"far"「遠くへ、遠くに」、"good"は「良い」「りっぱな」「優秀な」などの意味があります。
これら単語の意味を知っていても、上記のような訳はちょっと思いつかないのではないでしょうか。

また、"Would you do me a favor?"というフレーズは直訳すると「私に親切な行為をしてくれませんか?」となりますが、英語のニュアンスをくみ取り「お願いがあるのですが聞いていただけますか?」と意訳されます。

何かを頼むときの前置きの言葉として、日常でもビジネスシーンでも覚えておくと便利なフレーズです。

他にも"It's up to you."「君しだいだよ」、 "I wasn’t born yesterday."「分かりきったことを言わないで」などのように、イディオムはフレーズをそのまま覚えて英会話の中で使うことができます。

覚えたフレーズを実際に使うには?

シチュエーションに合わせてフレーズを応用して使おう

自分で一から英文を組み立てるのは大変な作業ですが、例えば海外旅行に備えて"Could you tell me the way to the station?"「駅までの道を教えていただけませんか?」というセンテンスを覚えておくと、現地で道に迷ったときにそのまま使うことができます。

しかしこのフレーズは「駅までの道が分からない」という、限定されたシチュエーションでしか使えません。
そこで、"Could you tell me the way to ~?"「~までの道を教えていただけますか?」というフレーズを覚えれば、"the station" を"the hotel"「ホテル」や"the museum"「美術館」に置き換えて使えるシチュエーションを増やすことができます。

フレーズの暗記に加えて、英文を構成する単語や熟語、文法などについてもきちんと勉強して、覚えたフレーズをどんどん活用していきましょう。

フレーズ学習で英会話を上達させるために必要なこと

口頭英作文力を養う

自分の言いたいことを頭の中でまとめ、英語の文章を作るのは時間がかかります。
実際のコミュニケーションでは、他の人たちの間で話が進むなど、会話に置いていかれることもあります。

自分が言いたいことを英語で表すには口頭英作文力が必要です。
口頭英作文力を養って英会話の上達を目指しましょう。

口頭英作文力を身に付けるためには、単語や文法など英語の基礎知識をしっかりと習得しておく必要があります。

英語の基礎的な力を備えた上で、"Will you ~ ?"、"Can you ~ ?"「~してもらえませんか」といった依頼表現のフレーズや、"I will sleep on it."「考えておきます」や"I wish I could."「そうだといいんだけど」といった英語独特の言い回しのフレーズを覚えて口頭英作文力を養いましょう。

アウトプットする環境を作る

英語はコミュニケーションのためのツールです。
便利な教材を購入しても、効果的な学習法を取り入れても、実際に英語を使って会話をしなければ英会話力を磨くことはできません。

インプットしたものをアウトプットすることで、コツコツと学んできた知識を生かすことができます。

日本で英会話のスキルアップを目指すには、意識してアウトプットができる環境に身を置くことが大切です。
英会話スクールや英会話サークル、外国人相手のボランティアなど、アウトプットできる環境を探して、積極的に英語でコミュニケーションを取るようにしましょう。

関連記事を探そう

あわせて読むなら!

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

    英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

  2. キッザニア東京・キッザニア甲子園 ご招待チケットプレゼント!(9月募集分)

    キッザニア東京・キッザニア甲子園 ご招待チケットプレゼント!(9月募集分)

  3. 海外旅行の入国審査をスマートに!「旅行慣れ」している人が使っている英語フレーズ!

    海外旅行の入国審査をスマートに!「旅行慣れ」している人が使っている英語フレーズ!

  4. ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

    ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

  5. ビジネス英語で「お久しぶりです」「ご無沙汰しております」のメールはどう表現する?

    ビジネス英語で「お久しぶりです」「ご無沙汰しております」のメールはどう表現する?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!