LEARN

海外で通じない!?誰かに話したくなるカタカナ英語シリーズ~ファッション編~

海外で通じない!?誰かに話したくなるカタカナ英語シリーズ~ファッション編~

「カタカナ表記だから、英語でも同じように使われているでしょ!」と思っているその英語、実はカタカナ英語かもしれません。

日本で一般的に使われているカタカナ英語には、パソコン(a personal computer)のように略してみたり、デッドボールのように元々ある単語を組み合わせて新しい言葉をつくったりして誕生した、日本生まれ、日本育ちのカタカナ英語が存在します。

今回はファッションに関連するカタカナ英語と、正しい表現をご紹介します。
海外旅行に欠かせないショッピングで、「あれ!?通じると思ったのに通じない…」なんて思いをしないために、しっかり覚えてくださいね。

ファッション界はカタカナ英語だらけ!?

ワンピースがカタカナ英語!?海外で通じないファッションアイテムとは?

もし海外旅行先で「ノースリーブのワンピース」を買うとき、あなたは店員さんに何と言いますか?

"Do you have a no-sleeve one-piece?"(ノースリーブのワンピースはありますか?)

こんなフレーズを思い浮かべて、店員さんに尋ねると「?」という顔をされてしまいます。
実はこの英語、「ノースリーブ」も「ワンピース」もカタカナ英語なので、海外では通じないのです。

何と言うのが正解でしょう?

ノースリーブのワンピース=sleeveless dress

「袖がない」を表すのは、"no"ではなく"less"を使います。
また、"one-piece"をそのまま使ってしまうと"one-piece swimsuit"(ワンピースタイプの水着)に近いニュアンスに。
日本でいうワンピースはすべて"dress"です。
お姫さまが着るようなゴージャスなものから、普段着のワンピース、正装まで、幅広い意味を持っています。

ということで、先ほどのフレーズの正解は、

他にもこんなファッションアイテムが、実はカタカナ英語なのです。

トレーナー=sweatshirt

"trainer"とは、「スポ―ツトレーナー」と言われるように「訓練をする人」という意味です。
実際にスポーツトレーナーがよく着ていたから、そう呼ばれるようになったともいわれています。
"sweat"は「汗をかく」という意味がありますが、「スウェット生地」という意味でも使います。

パーカー=hoodie

実際に"parka"という単語もありますが、この単語は「フード付きの毛皮ジャケット」や「防寒性などに優れたフード付きのスポーツ用ジャケット」などを意味します。
よくあるスウェット地のものなどは"hoodie"を使いましょう。

ワイシャツ=dress shirt

明治時代に"white shirt"を聞き取れず、「ホワイト」→「ワイ」と聞き間違えて誕生したカタカナ英語。
ビジネス用や礼装用の襟付きシャツは"dress shirt"といいます。

ピアス=earrings、pierced earrings

英語で"earrings"は、穴をあけないタイプ(日本語のイヤリング)と、ピアスタイプの両方を指し、"pierce"のみだと、「耳に穴を開ける」という意味になります。
それぞれを別に表すなら、イヤリングは"clip-on earrings"、ピアスは"pierced earrings"に。
2個セットなので、複数形にするのをお忘れなく

ファッション用語にもカタカナ英語は満載!押さえておきたい「柄」と「サイズ」の英語表現

カタカナ英語はアイテム名だけではなく、普段何気なく使っている会話の中にも隠れています。
例えば、柄やサイズなどもそう。
「ボーダー柄のアイテムが欲しい」「Mサイズを用意してもらいたい」といったオーダーをそのまま英語にしても、海外ではほとんど通じません。

欲しいデザインのものを確実にゲットするためには、柄とサイズを伝えることはとても重要ですから、いろいろな言い方を知っておきましょう!

いろんな「柄」を英語で言ってみよう!
無地(solid color)

"solid"はいろいろな意味がありますが、「一色の、無地の」という意味があります。

花柄(floral print [pattern])

"print"は「プリント柄、模様」、"pattern"は「模様」という意味があります。

水玉模様(polka dot)

一般的なサイズの水玉がこちら。
日本のいわゆる「ドット柄」(dot)だけだと伝わりません
大きな水玉模様は"large polka dot"、小さな水玉模様は"small polka dot"です。

チェック柄(plaid)

"check"にも「格子じま、チェック模様」という意味がありますので、間違いではありませんが、ファッションにおいては通じないことが多いので、"plaid"を使うのがベスト!

ストライプ、ボーダー(stripe)

"border"は、国境など「境界」を意味する言葉。
海外では縦でも横でも、"stripe"になります。

いろいろな「サイズ」を英語で言ってみよう!

「Mサイズ」と日本語そのままでは通じないので、「M」は"Medium"と正しく言いましょう。
また、号数で伝える場合は、そのまま数字のみを。
「私は7号です」"I’m a size 7."となります。

ただし、国によってサイズの規格や認識が異なるのでご注意を。

気になるときは、店員さんに"Do you have 〇〇 in my size?"(私に合うサイズの〇〇はありますか?)と質問するといいですよ!

・XS = Extra Small
・S = Small
・M = Medium
・L = Large
・XL = Extra Large
・フリーサイズ = one-size-fits-all

カタカナ英語に注意して、英語で質問してみよう!

実践!便利な質問フレーズと気を付けたいカタカナ英語

次は、さらに実践的なフレーズをご紹介!

ショッピング中、店員さんに聞きたいことや、確認したいことはたくさんあります。
しかし、そこにもカタカナ英語の落とし穴が!
スムーズに欲しいアイテムを見つけるために、ショッピングで便利なフレーズとともに、用語も覚えてしまいましょう。

関連記事を探そう

あわせて読むなら!

外国語学院_無料体験レッスン 外国語学院_MIYABI ECCジュニア

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

    英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

  2. 英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

    英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

  3. 英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

    英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

  4. 英語で感謝をどう伝える?“Thank you.”以外にもさまざまな表現を紹介。

    英語で感謝をどう伝える?“Thank you.”以外にもさまざまな表現を紹介。

  5. ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

    ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!