LEARN

英会話でリスニング力を上達させるコツは?

英会話でリスニング力を上達させるコツは?

英会話ではリスニング力を上げることで「ネイティブの人が話す英語が聞き取れない」「速さについていけない」といった悩みを軽減することができます。
英語独特の発音や音の変化を理解して、リスニング力の上達を目指しましょう。

英語が聞き取れない理由

単語や文法、発音など英語の基礎がない

英会話を勉強している人で「リスニングが苦手」といった悩みを持つ人は少なくないでしょう。
英語が聞き取れないと話の内容が理解できないので、英会話学習がつまらなくなってしまいます。
まず、英語を聞き取れない理由を考えてみましょう。

単語を知らない

自分が知らない単語を聞き取ることはとても難しいです。
単語を覚えて語彙(ごい)を増やしておくことが大切です。

文法を理解していない

単語だけでなく英文を構成するための文法力も必要です。
例えば"What a good time you must have had!"「さぞ楽しかったことでしょう」の英文の単語は知っているものばかりですね。
しかし、"What a/an ~"「なんて~」という構文や、"must have+過去分詞"で「~であったに違いない」という文法を知らなければ、意味を捉えることができません。

発音を理解していない

単語やフレーズを知っていても、正確な発音を知らなければ耳から入ってくる音が何なのか分かりません。
例えば、よく知っている"water"や"people"という単語は日本語では「ウオーター」「ピープル」と発音しますが、英語では(ˈwɔːtə(r))、(ˈpipəl)と発音されるので、会話の中に出てくると聞き取れない場合があります。
また、前後の単語の音を一部つなげて発音するリンキングに代表される英語特有の音の変化を理解することも必要です。
例えば"check out"は「チェック アウト」ではなく(tˈʃekàut)と発音されます。

関連記事:海外で通じない!?誰かに話したくなるカタカナ英語シリーズ~ファッション編~

英語では単語と単語がつながって変化したり、発音されない音があるなど、英語特有の発音パターンがあります。
英文を黙読するだけでは、発音の変化や脱落する音の存在は見えてきません。
リスニングでは、英語特有の発音を理解することが大切です。

速さについていけない

単語や文法、発音などの英語学習をしっかりと積み重ねていても、ネイティブの話す速さについていけず聞き取れないことがあります。

ゆっくりなら理解できる。
何度も聞くと理解できる。
これは、聞いた英語を日本語に置き換えて理解しようとしているためです。
英語と日本語の語順は違うので、一文を聞き終わらなければ日本語で理解することはできません。
日本語で理解しようとするとのではなく、英語を英語のまま理解できるようにリスニングのトレーニングをすることが必要です。

リスニングを上達させるコツ

単語やフレーズは音読で発音も一緒に覚える

英語は母音の数も子音の数も日本語より多いので、発音が複雑で聞き分けるのは大変です。
例えば "right"と"light"、"thing"と"sing"、"boat"と"vote"など、発音の違いは分かるでしょうか?

リスニングでそれぞれの違いを聞き分け、自分でも正確に発音できるようにならなければ英会話の上達を目指すことはできません。
単語を覚えるときは、ただ書いて覚えるだけでなく、正しい発音で音読するようにしましょう。

英語では音がつながって変化したり、発音されない文字があったりするので、自分が知っている単語やフレーズでも聞き取れないことがよくあります。
そのため、単語の発音練習だけでなく、ある程度の長さのある英文を使った音読練習も必要です。

"Not at all."という場合は"t"が"r"の音に変化し「ナラロー」と1語に聞こえます。
また、"Let it go."は「レリゴー」と聞こえます。

リスニング練習に使った英文を自分の口で発音することで、スピーキング力を磨いていきましょう。
リスニングとスピーキングは密接に関係していて、自分が発音できる音が増えると、これまで以上に多くの音を聞き取れるようになります。

英語の語順で理解する

中学や高校レベルの文法で良いので、教科書などをもし持っていれば読みなおして文法の復習をするのも効果的です。

文法を復習することで文の組み立て方、つまり英文の構成が分かります。
音が聞き取れても文法が分からなければ、話の内容を正しく理解することはできません。
英文を構成する大切なルール「文法」をしっかりと頭に入れたら、英語を英語のまま理解するトレーニングをしましょう。

先にも書いたように、多くの人は聞こえてきた英文を日本語で理解しようとするため時間がかかってしまいます。

例えば"I went to Canada/ last year/ to study English."を「私は去年、英語を学ぶためにカナダに行きました」と日本語の語順で完璧に訳していると音声についていけなくなります。
「私は、カナダに行った/ 去年/ 英語を学ぶために」という具合に、ある程度まとまった意味のかたまりで処理をすることを習慣にしていきましょう。

英語の語順で英文を理解するには、耳から入ってきた英語を頭の中で日本語に変換してから理解しようとするのではなく、英語を聞いてすぐに意味をイメージできるようにすることが大切です。

例えば"apple"と聞いて「りんご」と日本語訳をしてから赤く丸い果物をイメージするのではなく、"apple"と聞いて反射的にりんごをイメージできるようにトレーニングしましょう。

今すぐできるリスニングトレーニング

音源付きの教材を用意する

それではリスニング力を上達させるためのポイントをご紹介いたします。最初に教材選びです。大切なのは自分のレベルに合ったものを選ぶこと。
英文を読んで、書いてあることが分かる教材を選びましょう。

自分にとって難しい教材は、意味を調べたり文法を調べたりするのに時間がかかるため、リスニングのトレーニングにはあまり向いていません。
また、自分が興味のあるテーマを選ぶと楽しみながらトレーニングができるのでオススメです。

リスニングのトレーニングをするときは、テキストを見ないのがポイントです。

最初のうちは、短い英文から始めます。
一度聞いて、どのくらい内容が理解できるでしょうか。
分からない箇所を明確にするためにリスニングを繰り返し、自分が聞き取れない単語などを明確にします。

リスニングを数回繰り返した後、音声を英語で書き取るディクテーションをするのもオススメです(ディクテーションするにはある程度の単語力・文法力が必要です)。
英語で書き取るのが望ましいですが、聞き取れない箇所は、聞こえた通りにカタカナでも良いので記しておきましょう。

テキストを見て聞き取れない部分を確認する

リスニングを繰り返した後は、テキストを見て英文をチェックしましょう。
音源を聞きながら、自分が聞き取れなかった単語やフレーズと音を一致させます。
ディクテーションをしていたら、自分が書いた英文とテキストの内容を確認しましょう。

まったく聞き取れなかった部分も、テキストでチェックするとよく知っている単語やフレーズだったりします。
テキストチェックをすることで、単語やフレーズがどのように発音されるのかを理解することができます。
リスニング力を上げるための大切なステップなので、必ず行いましょう。

音読やシャドーイングを繰り返す

リスニングとテキストチェックの後は、テキストを見て、音源を聞きながら音読をします。
テキストを数回音読して内容を頭に入れたら、テキストを閉じて音源を聞きながらシャドーイングをします。
シャドーイングは、音源と同じ英文を声に出して読み上げる練習方法で、音源のあとについて音読します。

音読やシャドーイングをするときは、音源から聞こえる英語のイントネーションやリズム、発音をまねしながら行いスピーキング力も磨きましょう。

注意したいのは、声に出している英語を理解せずにただ発音などをまねするだけでは、英会話力として身に付きません。

声に出すときは、その英文を実際に使うシチュエーションを頭の中に思い描き、英語の意味を理解しながら行うことが大切です。

関連記事を探そう

あわせて読むなら!

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

    英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

  2. 海外旅行の入国審査をスマートに!「旅行慣れ」している人が使っている英語フレーズ!

    海外旅行の入国審査をスマートに!「旅行慣れ」している人が使っている英語フレーズ!

  3. 「七五三」って英語で何て説明する? 子どもと学びたい七五三フレーズまとめ

    「七五三」って英語で何て説明する? 子どもと学びたい七五三フレーズまとめ

  4. ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

    ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

  5. キッザニア東京・キッザニア甲子園 ご招待チケットプレゼント!(11月募集分)

    キッザニア東京・キッザニア甲子園 ご招待チケットプレゼント!(11月募集分)

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!