LEARN

英語が上達する単語の覚え方って?

英語が上達する単語の覚え方って?

「英語を話せるようになりたいけれど、なかなか単語を覚えられない」「学生の頃のように頭に入ってこない」「覚えてもすぐに忘れてしまう」、そんな悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。
インプットした単語を記憶に定着させるためには、音読と復習が欠かせません。
英語を上達させるために役立つ単語の覚え方をご紹介します。

英語を上達させるために英単語の勉強は必須

使える英単語の数は英会話力に直結する

単語を覚えることは英語学習の基礎で、単語が分からなければ相手の言っていることを理解することも、自分の考えを英語で表現することもできません。

単語を覚えることは英語学習に欠かせませんが、単語さえ覚えれば話せるようになるわけではありません。

単語は、「active vocabulary=表現語彙(ごい)」と「passive vocabulary=理解語彙」の2種類に分けることができます。
「active vocabulary=表現語彙」は、その単語を使って会話ができるなど実際に自分が使いこなせる単語のことです。
そして、「passive vocabulary=理解語彙」とは、意味は分かるけれど外国人と会話するときに言葉としてスムーズに出てこない、つまり使いこなすことができない単語です。

英会話の上達を目指すためには、使える単語を増やすことが大切です。

英会話に必要な単語の数は約2000

それでは、どれだけの数の単語を覚えておけば、英会話がスムーズにできるようになるのでしょうか。

日常会話であれば2000語ほどと言われていますが、文部科学省の学習指導要領によると中学3年間で勉強するのは「1200語程度の語」とされているので、中学校で勉強した単語数と併せて会話でよく使われる単語を勉強すると日常会話ができることになります。

しかし、苦労してたくさんの単語を覚えても、思い出すことができなければ、英会話で使うことはできません。
もちろん、学術系の難しい専門用語や、さまざまな言い回しを覚えることは大切です。
しかし、日常的な英会話表現の習得を目指す場合は、そこまで多くの単語を身に付ける必要はないでしょう。

「短期間で英会話力をアップしたい」「日常生活でコミュニケーションできる程度の英会話力を身に付けたい」と考えているのであれば、まずは、日常会話でよく使われる単語を繰り返し学習し、実際のコミュニケーションで使いこなせるようにしていきましょう。

英単語を覚えるときに気をつけることは?

音源を聞いてネイティブの発音を身に付ける

英語を上達させるためには、単語を覚えて、確実に自分の知識として定着させていくことが大切です。
あなたは中学や高校の頃、単語をどうやって覚えましたか?

「単語カードの表に英語を、裏に日本語を書いて、表と裏を見ながら覚えた」という人は多いのではないでしょうか。

目で見て覚えた単語は、発音が分からないので会話の中で聞き取ることができません。
また、発音が分からなければ口に出すことができません。
英会話で使える単語を覚えるためには、CDなどの音源でネイティブの音声を聞きながら、発音記号を理解して正しい発音も一緒に身に付けるようにしましょう。

音読をする

音源を聞いて単語を覚えるときは、音読も合わせて行いましょう。
例えば"chocolate"は、日本語では「チョコレート」、"alcohol"は「アルコール」と発音しますが、ネイティブの発音では"chocolate"「tʃάk(ə)lət」、"alcohol"「ǽlkəh`ɔːl」で日本語とは大きく異なります。
これを耳で聞いた通りに声に出す練習をします。

音読をすると視野角、聴覚野、運動野などさまざまな脳の部位が活動するので記憶が定着しやすくなることが分かっています。
ちなみに、さまざまな国の言葉のうち、18カ国語を操った考古学者のシュリーマンも、外国語を短期間のうちにマスターするときに音読に多くの時間を費やしたと言われています。

常に復習を行う

人間の記憶定着率をグラフ化した「忘却曲線」で知られるドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウスによると、人間は覚えたことの大部分を1日たつと忘れてしまうと発表しています。
しかし同時に、長期記憶が存在することも示しており、記憶が失われていく前に復習をすれば長期記憶の量を増やせることが明らかにされています。

覚えた単語を復習しなければ、1カ月後には約8割を忘れてしまうと言われているので、単語を覚えた日の翌日、またその次の日など常に復習をしましょう。
復習をすることで、覚えた単語を記憶に定着させることができます。

覚えた単語を使って英作をする

単語を覚えたら、それを使って簡単な英文を作ってみましょう。
英作をするときは、実際の英会話でそのまま使えるように、実践的なフレーズを使って英作をするのがオススメです。

例えば、"people"「人々」という単語であれば、"There were a lot of people in the park."「公園にはたくさんの人がいました」といった英作をします。

英作した文を音読するときは、目の前の人に話しかけるように感情をこめて練習しましょう。
いわば、英会話のイメージトレーニングです。

実際に使うシーンを思い浮かべながら音読することで、記憶に残りやすくなるほか、現実の場面でもパッと口から出てくるようになります。

関連記事を探そう

合わせて読むなら!

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 「領収書を下さい」は英語でどう言う!?これで完璧!海外でのタクシー乗りこなし術

    「領収書を下さい」は英語でどう言う!?これで完璧!海外でのタクシー乗りこなし術

  2. 「七五三」って英語で何て説明する? 子どもと学びたい七五三フレーズまとめ

    「七五三」って英語で何て説明する? 子どもと学びたい七五三フレーズまとめ

  3. 【キッザニア東京/キッザニア甲子園】ペアチケットプレゼント!

    【キッザニア東京/キッザニア甲子園】ペアチケットプレゼント!

  4. 日本の文化や風習を英語で紹介!留学先や海外ボランティアで喜ばれる鉄板シリーズ

    日本の文化や風習を英語で紹介!留学先や海外ボランティアで喜ばれる鉄板シリーズ

  5. ビジネス英語で「お久しぶりです」「ご無沙汰しております」のメールはどう表現する?

    ビジネス英語で「お久しぶりです」「ご無沙汰しております」のメールはどう表現する?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!