LEARN

一つの単語で意味は多数!基本動詞“have”の5つの活用術!!

一つの単語で意味は多数!基本動詞“have”の5つの活用術!!

受験や英検®・TOEIC®などの資格試験のために、英単語を必死で覚えたという経験はありませんか?

使える英単語が増えるほど、文章や会話でより豊かに表現できますが、実際のところ普段の会話では、試験のために覚えた難しい単語はあまり使いません。

日本語には英語のような明確な「基本動詞」はありませんが、日常会話では、「私は◯◯を所有しています」という難しい言葉ではなく、「私は◯◯を持っています」と英語の基本動詞のような簡単な単語を自然と選んでいますよね。

英会話でも、基本動詞を使いこなすことができれば、もっと簡単かつスムーズに会話を楽しめます。

今回は、特によく使われる基本動詞のうち"have"を取り上げ、5つの活用術をご紹介します。

TOEIC®L&R TESTのスコアアップ!TOEFL®TESTや英検®対策も!ECC外語学院に聞いてみた!

基本動詞の"have"は、豊富なバリエーションを持つ英単語!

「所有する」というイメージから、目的語に合わせて意味をふくらませよう!

基本動詞は活用しやすく、日本語ではさまざまな意味に変化します。

中には驚くくらいかけ離れた意味になることもあり、混乱することも。
そうなるのは、「have=持つ」と一辺倒に考えるからです。

英単語が本来持つイメージを、感覚的に大きくつかむことが、基本動詞を使いこなすコツです。

今回取り上げている基本動詞"have"は、「持つ」の意味が一般的ですが、「手に持つ」といった表面的な「持つ」という意味以外に、「所有する」といったもっと広い意味での「持つ」を思い描くと、スムーズに理解できることが増えますよ。

そして、「いる」、「ある」、「取り入れる」、「属する」、「備え付ける」など、全体の文章から自然な日本語に言い換えましょう。

まずは、目的語が有形(目に見える)の場合からご紹介!

活用術1:目的語が人やペットの場合

目的語が家族や兄弟、親戚など「人」なら関係性を表し、「いる」、「ある」になります。

<例>
"I have a little sister."
直訳:私は妹を持っています。

「私には妹がいます」という意味です。
目的語が赤ちゃん(baby)なら「産む」、「(進行形なら)妊娠している」、また来客(visitor)なら「招く」、「迎える」という意味になることも。

家族の一員として迎えられている犬や猫などのペットなら「飼う」とするのが一般的です。

目的語が身体的特徴や食べ物の場合は、自然な日本語に言い換える

活用術2:目的語が性質や属性、人の身体的な特徴の場合

"have"は、人の体の一部や身体的特徴でもよく使います。
「持つ」でも意味は分かりますが、言い換えた方が、より自然な日本語になります。

<例>
"She has beautiful hair."
直訳:彼女は美しい髪を持っています。

これは、「彼女の髪は美しい」と言い換えると自然ですよね。

また、風邪や病気などの「患う」、「かかる」、「苦しむ」といった目に見えない身体的特徴にも、"have"はよく使われます。

"have"のイメージをふくらまそう!使役動詞も要チェック!!

目的語が無形の場合や、主語が物事の場合でも、"have"をどんどん使おう!

活用術4:目的語が無形(目に見えない)の場合

幅広い意味で「持つ」という意味をイメージする"have"。

その目的語は、兄弟や食べ物など活用術1~3で紹介した目に見える場合だけではなく、状況や時間、感情、能力、人柄など目に見えない場合でも使えます。

目的語が無形(目に見えない)の場合、"have"の意味は、さらに多彩に展開します。

<例>
"I’m going to have a party."
直訳:私はパーティーを開催するつもりです。

目的語がパーティーや会議などの場合は、「私はパーティーがあります」から、「私はパーティーを開催します」になります。

そのほかにも、目的語が、電話なら「受ける」、「もらう」、授業やレッスンなら「受ける」、「受講する」、休暇なら「とる」となります。

さらに、時間なら"time"の前に形容詞を付けて"have a good time"のように「(良い時間を)過ごす」です。
"fun"、"fear"、"a good idea"など、感情や考え、意見を"have"と組み合わせる場合は「楽しみます」、「怖いです」、「良い考えです」になります。

活用術5:主語が物事の場合

日本語の主語は基本的に「人」ですが、英語では「物事」になることも度々あります。

直訳でも意味はつかめますが、「物事」が「持つ」という表現は日本語では違和感があるので、"have"を「ある」、「備え付ける」、「搭載する」などの意味で使います。

<例>
"The room has three windows."
直訳:その部屋は3つの窓を持っています。

"The computer has a speaker."
直訳:そのパソコンはスピーカーを持っています。

それぞれ前者は「その部屋には窓が3つあります」、後者は「そのパソコンはスピーカーを搭載しています」になります。

カウンセリング/無料体験レッスン/まずはこちら

関連記事を探そう

あわせて読むなら!

外国語学院_無料体験レッスン 外国語学院_MIYABI ECCジュニア

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

    英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

  2. 英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

    英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

  3. 英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

    英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

  4. 英語で感謝をどう伝える?“Thank you.”以外にもさまざまな表現を紹介。

    英語で感謝をどう伝える?“Thank you.”以外にもさまざまな表現を紹介。

  5. ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

    ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!