LEARN

海外旅行での英会話を円滑にするオススメ勉強法は?ラジオ、アプリなど

海外旅行での英会話を円滑にするオススメ勉強法は?ラジオ、アプリなど

海外旅行の際には、できたほうが良いのがズバリ「英会話」。
英語が話せるようになれば、現地の人とコミュニケーションを取るなど、旅行をもっと楽しめるはずです!ラジオやテレビ、アプリなどを使ったオススメの勉強法と、それぞれの特徴をご紹介します。

ラジオ・テレビなどでリスニング力を鍛える

ラジオでの英会話勉強法

「突然英語で話しかけられて、何て言っているのか聞き取れない」と困ったことはありませんか?
英会話でまず大切なのは、リスニング力です。

リスニング力を鍛えるには、ネイティブの英語に触れるのがもっとも効果的です。
そこで、オススメなのが「海外のラジオ番組」。
「インターネットラジオ」では、世界中のラジオ番組を無料で聞くことができます。
スマホさえあれば、いつでもどこでも勉強することができます。

最初のうちは話すスピードについていけないかもしれませんが、毎日聞いていると耳が慣れてきて聞き取れることが多くなります。

大切なのは、続けることです。
通勤時間などを利用して耳を慣らしましょう。
内容を理解するために、録音をして同じ内容を繰り返し聞き、聞き取れた単語・表現で意味のわからないものは辞書で確認し、覚えるようにしましょう。

テレビでの英会話勉強法

続いてオススメなのが「海外のニュース番組」。

画面にニュースタイトルやテロップが出るので、リスニング力だけでなく語彙(ごい)力アップにもつながります。
知らない英単語が出てきた場合も、映像があるので「このことを言っているのでは?」とイメージしやすくなり、知らない単語はノートなどに書き留めて、覚えるようにすれば、語彙力が付いてきます。

ラジオ同様、インターネットで検索すると、たくさんのニュースメディアが出てきます。
毎日見ていると、ニュースによく使われる単語・表現がわかるようになり、これらを確実に覚えることでニュースの内容の理解度も高まり、楽しくなってきます。

1本あたり2~3分のニュースもあるので、隙間時間に勉強できるのも特徴です。
興味のある国やジャンルのニュースを選べば、モチベーションも上がり、リスニングに取り組みやすくなります。
その結果、より早くリスニング力を鍛えることができます。

映画での英会話勉強法

続いてのオススメは「洋画」です。
お気に入りの映画であれば勉強のモチベーションも上がります。

まずは英語字幕をつけて映画を見て、好きなセリフや印象に残ったセリフをピックアップしてください。
短くてもOKです。

次に、字幕を消してピックアップしたセリフのリスニングにトライします。
ポイントは、繰り返し聞くこと。
何度も繰り返すことで、聞き取れるようになります。


以上の2つをやってみて、さらにリスニング力を上げたいという人は、続いて、英語を聞いて書き取る「ディクテーション」を行います。
単語の抜け落ちや文法ミスなど、自分の弱点が発見できるのでリスニング力アップに有効です。

字幕なしのリスニングとディクテーションを繰り返し、自然に英語を聞き取れるようにしましょう。

慣れてきたら、英語を聞きながら追いかけるようにまねる「シャドーイング」をすると、発音も良くなります。
シャドーイングは耳で聞いた内容を、すぐに声に出して復唱することです。

テレビやラジオに比べると、かなりまとまった時間が必要ですが、好きな映画のセリフであれば楽しみながら勉強できるのではないでしょうか。

スピーキング力を鍛える!オススメ勉強法

アプリでの英会話勉強法

ある程度リスニング力が付いたら、次はスピーキング。
言いたいことが英語で言えるようになると、海外旅行がより充実したものになります。
とはいっても、普段はネイティブと話す機会は少ないですよね。

そこで、オススメなのがスマホ(あるいはタブレット)の「英会話アプリ」です。
穴埋め式で答えるスピーキングアプリや、録音機能付きでシャドーイングできるもの、ネイティブを相手にチャットできるものなど、楽しく英会話の勉強ができるアプリがたくさんあります。

価格は無料のものから有料で数百円程度のもの、月額制のものまでさまざまです。
自分に合ったアプリを探してみましょう。

語彙力アップにオススメの勉強法

新聞での英会話勉強法

「いつも同じ単語を使い回している気がする」
スピーキングも徐々にできるようになってくると次に悩むのが、語彙力の不足です。

語彙力をアップさせるなら「英字新聞」がオススメ。
なぜなら、新聞には政治や経済、世界の情勢から音楽・映画情報などさまざまなトピックが取り扱われているので多くの情報が得られるうえ、実用的な英単語を覚えることができます。
また、新聞を読むことでリーディング力も鍛えることができます。

英字新聞はハードルが高いと思われがちですが、日本語訳が付いた新聞もあるので、気軽にトライしてみましょう。
「毎日読む時間がない!」という場合は、週刊の英字新聞を読んでみましょう。

無理なく続けるコツは、完璧に理解しようとするのではなく、「大まかな意味がわかればOK」と割り切ること。
知らない単語でも、何度も読んでいくうちに、イメージすることができます。
イメージできた単語は、辞書などでしっかりと調べて確実に自分のモノにしましょう。

本格的に勉強するなら

英会話スクールでの勉強法

本格的に英会話を勉強するなら、実践を通じて英会話のスキルアップを目指せる「英会話スクール」で先生に習うのもオススメです。

レッスンの形式はスクールによってさまざまですが、大きく分けて8人程度の「グループ制」、2〜4人の「少人数制」、「マンツーマン」の3つがあり、それぞれに特徴があります。

グループ制のレッスンでは、多くの場合、みんなでひとつのテーマについてディスカッションをするので、より多くの生徒の意見や表現方法を参考にできます。

少人数制のレッスンは、グループ制に比べて生徒一人の発言量が多くなります。
そのため、たくさんのアウトプットができ、表現や言い回しの細かな部分などを学ぶことができます。

マンツーマンは、受講生のレベルや英語を学ぶ目的に合わせた内容で勉強することができます。
先生と一対一なので、英会話のスキルをしっかりと身につけることができます。

どのレッスンでも、大事なのは「積極的にコミュニケーションを取ること」です。
質問などがあれば遠慮せず、積極的に先生に話しかけ、英会話のスキルアップを目指しましょう。

関連記事を探そう

あわせて読むなら!

外国語学院_無料体験レッスン 外国語学院_MIYABI ECCジュニア

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

    英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

  2. 英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

    英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

  3. 英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

    英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

  4. 英語で感謝をどう伝える?“Thank you.”以外にもさまざまな表現を紹介。

    英語で感謝をどう伝える?“Thank you.”以外にもさまざまな表現を紹介。

  5. ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

    ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!