LEARN

英語の4技能「聞く・話す・読む・書く」と思考力を磨く

英語の4技能「聞く・話す・読む・書く」と思考力を磨く

総合教育・生涯学習機関ECC 機関紙「Harmony」vol.55 掲載記事

グローバル化と、それを加速させるIT技術の脅威的な進展は、大人社会だけでなく、将来を担う子どもたちの教育にも大きな影響を与えています。

日本においても、2020年以降、小学校から順次実施される新しい学習指導要領では、「育成すべき資質・能力の三つの柱」として「何を理解しているか、何ができるか(知識・技能)」「理解していること・できることをどう使うか(思考力・判断力・表現力)」「どのように社会・世界と関わり、よりよい人生を送るか(学びに向かう力・人間性)」が示されました。

また、外国語(英語)の教科化やプログラミングの必修化など、グローバル社会、情報化社会に対応した具体的なスキルの修得も盛り込まれました。
このような状況を踏まえ、ECCジュニアでは、これからの日本の教育、とりわけ英語教育を先取りすべく、これまで保護者の皆さまや教える側だけでなく、英語教育関係者の間でも高く評価されてきた「英語・英会話コース」の教材・カリキュラムの大改訂を行います。

改訂作業が進む中、そのコンセプトやポイントについて、開発責任者である総合教育研究所所長の太田敦子さんにお話をうかがいました。

ECC総合教育研究所 所長 太田敦子
ECC総合教育研究所 所長 太田敦子

ECC総合教育研究所 所長 太田敦子

1987年ECC入社。幼児から大人までを対象とした英語教材の開発、指導法の研究に従事。また英語指導者育成のプログラム開発にも携わる。2012年より総合教育研究所所長。

21世紀型スキルとグローバル・コミュニケーション能力を育成

学校教育も社会の求める人物像も変わる

ECCジュニアはこれまで、35年以上にわたって幼児・児童英語教育のパイオニアとして、数多くの生徒・保護者のみなさんの、「使える英語を身につけたい」、「身につけさせたい」というご要望にお応えしてきました。

この間、日本の英語教育を取り巻く環境は大きく変わってきました。学校教育の目標も、答えのある問題に正しく答える力から、答えのない問題に立ち向かえる力をいかにつけるかに変わりつつあります。社会の求める人材は、課題解決能力を身につけ、世界のどこへ行っても活躍できる真の国際人です。

英語教育の目標も、単に知識としての英語を身につけるのではなく、英語をツールとして使いこなすグローバル・コミュニケーション力の育成に重点を置くようになってきています。

2020年(移行期間として2018年)以降、小学校から順次導入される新しい学習指導要領でも、従来の「何を学ぶか」に加えて「どのように学ぶか」、また「何ができるようになったか」等の学習成果も問われるようになってきます。つまり学びの質の転換を図る指導法の改善が求められるのです。そしてそのためには、アクティブラーニング《主体的・対話的で深い学び》が必要であるとされています。

英語は、これまでの外国語活動が3、4年生へと引き下げられ、小学校5、6年生からは正式な教科となります。時間としては週2回程度ですが、すべての子どもたちが小学生のうちから〈教科英語〉を学び始めます。

ECCジュニアも教材を大改訂

ECCジュニアでは小学校外国語活動の低年齢化と高学年での教科化を踏まえ、その一歩先を行くために教材の大改訂を行います。

具体的には、「英語・英会話コース」小学校4、5、6年の初学者対象の速習コースPEから改訂を始めて、順次すべてのクラスで、講師がタブレットを使用する授業(以下タブレットレッスン)に切り替え、教材も抜本的に改めます。高校卒業時の目標を英検®準1級取得、「世界標準の英語力」を身につけることとし、そこから逆算して各コースの到達目標も定めました。中3(JA)では2級取得を目標にし、習得単語数の目標を5,000語としました。改訂されるPEでは、導入単語数を1,000語強、うち655語が必修となっています。

タブレットレッスンのメリットは様々ありますが、一つは、授業の効率化が図れること。授業のテンポもよくなり、学習効果を上げるのに最も大事な英語との接触量も確実に増えると見込んでいます。

授業を、クリル(Content and Language Integrated Learning:内容言語統合型学習)と呼ばれる内容重視型へ移行するのも大きな特長です。クリルは英語学習と教科学習の比率を同等に扱い、「英語を学ぶ」に加えて、「英語で学ぶ」、「英語を使って何ができるようになるか」を目的に学習します。その際も、レッスン中に動画を見ることで視覚的な印象が残りやすく、内容の理解度も向上します。

ホームワークがますます重要に

これまでもそうですが、週1回の授業だけで英語力を身につけることはできません。EFL環境(English as a Foreign Language:日常的に英語を使用する必要性のない環境)の日本では、何といっても英語との接触量を増やすことが大事。そこでECCジュニアでは、一年365日勉強できるプログラムを用意し、「ホームワークシート」を頼りに家庭で計画的に学習できるよう応援してきました。今回の改訂では、これまでの復習中心から復習・自習・予習の3つを兼ねたものにします。具体的には、単語学習は家庭での自習が基本になります。毎週約20個の単語を、「ワードブック」とCDを利用して学習し、授業では、単語を覚えてきたかどうかの確認を行います。「ワードブック」も単語の筆写を行うページが追加され、つづり字の訓練も行えるようになっています。

フォニックスも、家庭でDVDの映像を見て学習し、ホームワークシートの問題を解いて練習を行います。授業ではつづり字カードを使用して、単語の読み方の練習を徹底して行います。

それ以外にも、新出文型については、「読み方・意味・文法のポイント」がDVDの映像でわかりやすく説明されていますので、その映像を視聴して予習し授業に臨むことができます。クリルについても、テーマやトピックに関する知識をDVD映像で事前学習し、授業での活動に備えます。

もちろん、様々な習い事などで忙しい子どもたちに、過度の負担を与えないよう、一日10分から20分でできるような設計になっています。毎日音声に触れ、少しずつでも継続すれば、その成果は見違えるようになるはずですし、自ら学ぶ姿勢も身についてきます。語学に限らず、自分で主体的に学習に取り組む子が最も伸びることは、言うまでもありません。ECCジュニアの、21世紀型教材・カリキュラム・授業に期待してください。

※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。

 

関連記事を探そう

合わせて読むなら!

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 日本の文化や風習を英語で紹介!留学先や海外ボランティアで喜ばれる鉄板シリーズ

    日本の文化や風習を英語で紹介!留学先や海外ボランティアで喜ばれる鉄板シリーズ

  2. 英語をもっと楽しもう!『今年こそは英会話に挑戦!あなたはどうやって挑戦する?』応援キャンペーン

    英語をもっと楽しもう!『今年こそは英会話に挑戦!あなたはどうやって挑戦する?』応援キャンペーン

  3. 日本のことわざを英語にすると!?文化の違いが面白い、英語のことわざ9選!

    日本のことわざを英語にすると!?文化の違いが面白い、英語のことわざ9選!

  4. 「領収書を下さい」は英語でどう言う!?これで完璧!海外でのタクシー乗りこなし術

    「領収書を下さい」は英語でどう言う!?これで完璧!海外でのタクシー乗りこなし術

  5. こんなにある世界の言語!?世界で最も使われている言語は?

    こんなにある世界の言語!?世界で最も使われている言語は?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!