LEARN

英会話はフリートークで上達するの?押さえておきたい注意点とは

英会話はフリートークで上達するの?押さえておきたい注意点とは

最近人気のオンライン英会話。
インターネットを使って主にマンツーマンで英会話を学ぶレッスンで、好きな時間に好きな場所で受講ができる学習方法として、年齢を問わず人気があります。

オンライン英会話は、主に講師と生徒がフリートークをする形でレッスンが進んでいきます。
今回は、フリートークレッスンを受けて英会話力を伸ばすための心構えをご紹介します。

積極的に楽しみながら英会話を学ぶのに最適!フリートークとは

フリートークレッスンは中級者以上向け

英会話力上達の方法の一つにフリートークレッスンがあります。
これは、好きなテーマについて一定時間、英語でお互いに話をするというレッスンです。

最近ではインターネットを使ったオンライン英会話のサービスも普及してきて、講師と生徒が離れた場所にいてもレッスンやフリートークができる点で人気が出てきています。
最初は恥ずかしくてなかなか言葉が出てこないかもしれませんが、慣れるにつれて自由に英語で話すこと(フリートーク)に楽しさを感じるようになるので、ぜひ挑戦してみてください。
オンライン英会話は、英会話学習がより手軽に、気軽に始められるようになっています。

フリートークは、単に「週末はどう過ごしましたか」といった雑談から、「日本でオススメの観光地を紹介する」のようにテーマを設定して会話をするレッスン方法があります。

フリートークは、英会話中級レベル以上の人向けの学習方法です。
初心者の場合は語彙・文法の知識が十分でないこともあって、自分の伝えたいことを英語でなかなかうまく言えません。
そのため、英語のフリートークをしても、講師が英語を話す時間が長くなり、自分は、英単語を並べるだけか"Yes."か"No."を返すだけとなってしまいます。
これでは、英会話を深く学んでいるとはいえません。

フリートークレッスンは、短い時間で頭の中で言いたいことをまとめてから話せる中級レベル以上向けの英会話学習法といえます。

関連記事:マンツーマン英会話を利用して上達しよう!個人レッスンを活かすコツ

フリートークレッスンを受ける心構えとは

フリートークレッスンは、単にレッスンの回数を増やせば英語が上達するというものではありません。

レッスン前は、英語の単語や文法などの知識を自分でインプットして、レッスンでは覚えたことを実際に会話で使ってアウトプットをする。
この二つをバランスよく行い、繰り返すことで学習内容を定着させていくのが英会話上達のコツです。

インプットは、英単語や英文の暗記以外に参考書や英字新聞、商品ラベルやカタログの英語を読むなど、英語に直接触れることなら何でもOKです。
覚えた英語の知識は、使うことで身に付いていくのです。

フリートークレッスン以外にも、日ごろから英語に触れるように心掛けましょう。

フリートークで英会話力を付けるコツ

英語を話す気持ちを忘れずに、講師のダメ出しにも負けないで!

講師との会話は、単語だけでもなんとか伝わることもありますが、それだけでは英語は上達しません。

フリートークでは、短い文レベルでも自分から積極的に講師と会話するように心掛けてください。
レッスンでは、講師に自分の英語の間違いをどんどん指摘してもらい、正しい言い方を教えてもらって、それをリピートして定着するように復習しましょう。

実際に多い間違いは、発音、動詞の変化や、時制、"a"と"the"の使い分け、言葉の選び方などです。
間違いを指摘されることが多すぎて落ち込むことがあるかもしれません。
あきらめずにがんばりましょう。

講師から正しい英語を教えてもらったら、すぐにその場で繰り返して言ってみましょう。

これを繰り返すことで英会話力がグングンアップしていきます。

さまざまなテーマにチャレンジしてボキャブラリーを増やす努力をしよう

フリートークで英会話力を上達させるには、ただの「雑談」ではなく、レッスンごとにテーマや目的を決めてディスカッション形式で話をするのがオススメです。

テーマは、旅行やダイエット、料理、映画などの趣味、仕事など何でもかまいません。

テーマを選んだら、それについて自分が使いたい単語や言い回しを調べてリストを作っておきます。
レッスンでは、準備したものをどんどん使って講師に質問したり意見を述べたりしましょう。
難しいテーマを選んで途中で行き詰まらないよう、自分にとって興味のある、得意なテーマを選ぶのがコツです。

このような方法でフリートークを何回も積み重ねていけば、テーマごとによく出る単語も整理して覚えることができます。
また、市販の単語本を暗記するよりも、効率的にボキャブラリーを増やせるようになります。

フリートーク以外にも英語に触れる努力を忘れずに

フリートークで役立つリスニング力を付けるには?

フリートークを充実させるために、テーマを選んで事前準備することを説明してきましたが、それ以外にも英会話力を上げるためにできることはいろいろあります。
講師とのレッスン以外の時間も、できるだけ英語に触れるよう心掛けましょう。

講師の話す英語が聞き取りにくくてフリートークが進まないときは、リスニング力が不足しているのかもしれません。
テレビやインターネット上にある英語のニュース番組やドラマ、映画などを積極的に見て英語に慣れるようにしましょう。
番組を決めて見るようにすれば、習慣づけることもできます。
時間があるときは、DVDなどをレンタルして洋画を見るのもオススメです。
このときに、英語の字幕で鑑賞したり、英語の字幕に合わせて音読することが英会話上達につながります。

関連記事:英会話でリスニング力を上達させるコツは?

英文を読むことも忘れないで

英語でコミュニケーションをとるとなれば、リスニング力やスピーキング力を付けることが大切なのはいうまでもありませんが、文章を読む力、リーディング力(読解力)も重要です。
このことにはっきり気づいている人は、意外と多くはないかもしれません。

新聞や小説など、長い英語の文章を短時間で多量に読んで理解できる訓練を積んでおくと英会話をするときに役立ちます。
「速読」といわれる学習方法です。

リーディング力は語彙(ごい)力や文法・構文力を養うことで身に付きます。

リーディング力が養われてくると、例えば相手の英語で聞き取れない部分があっても、自分の持っている構文力で、話の文脈から相手が何を言いたいのかを推測しやすくなります。

これに加えて語彙力があれば、英語をさらに確実に理解し表現することもできるようになります。

もし、英語が思うように上達せず行き詰まっているなら、「話す」「聞く」と併行して「読む」ことに時間をとってみるのも良いでしょう。

関連記事:英会話の上達の秘訣って何?押さえるべきポイントとは

関連記事を探そう

あわせて読むなら!

外国語学院_無料体験レッスン 外国語学院_MIYABI ECCジュニア

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

    英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

  2. 英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

    英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

  3. 英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

    英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

  4. ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

    ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

  5. ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

    ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!