LEARN

ビジネス英語で「お願いがあります」のメール表現を覚えて英語で交渉しよう!

ビジネス英語で「お願いがあります」のメール表現を覚えて英語で交渉しよう!

ビジネスシーンでは、相手に失礼のない表現をすることが求められます。
人にお願いをする場合、まず"Would you do me a favor?"を添えると「お願いがあるのですが」と前置きをすることができます。

ビジネスシーンでは、相手との関係にふさわしい表現を使いこなすことが重要です。
今回はビジネスメールで「お願い」「依頼」をする場合の便利な表現についてご紹介します。

英語でお願いをする場合の心得とは

前置きの言葉として便利な表現

ビジネスシーンで「お願い」をするときは、目上の人に限らず、親しい間柄でも丁寧な言い回しを使うことが求められます。
「上から目線」「指図された」と思われないように、適切な表現を使ってお願いすることが大切です。

お願いごとをする場合の前置きとして便利な言い方があります。

"Would you do me a favor?"

これは「お願いがあるのですが」という意味で、"Would"の代わりに"Could"を使ってもかまいません。

"favor"は「親切な行為」「手助け」という意味で、この表現は「ご厚意に甘えさせていただきたい」というようなニュアンスを含んでいます。

"Would you"のあとに"please"を入れると、より丁寧な印象で伝わります。

過去形を使うことでやわらかい印象に

"Would"や"Could"の代わりに"Will"や"Can"を使うと、ややカジュアルな言い方になります。
なぜかというと、現在と過去では、過去のほうが現実から遠くにあるからです。
したがって過去形にすることで「相手の立場を敬い距離を保つ」効果が生まれ、「もしできたら」というような、直接的ではないやわらかいニュアンスとなり、こちらの心づかいが伝わります。

現在形は表現がストレートな印象で、相手の領域に入っていくようなイメージです。
そのため、ビジネスメールでお願いする場合には、あえて過去形の"Would"や"Could"を使うのが良いでしょう。

お願いごとの重要度によって使い分ける

"favor"を使ったお願いの表現として、"I have a favor to ask of you."という言い方もあります。

お願いごとの重要度によって
"I have a small favor to ask of you."「ちょっと、お願いごとがあるのですが」、"I have a big favor to ask of you."「折り入ってお願いがあるのですが」と、使い分けることができます。

"Please"を使えば丁寧になると思ってはいけない

「"please"+動詞」は丁寧だけど命令文

「〇〇をしてください」とお願いするときに、"please"を付ければ丁寧な言い方になると思っている人はいませんか?
「"please"+動詞」は命令文になるので、言われた相手は「〇〇してください」と指示されていることになります。
命令口調がやわらぐだけで、必ずしも日本語の「どうぞ〇〇してください」という丁寧なニュアンスでは相手に伝わりませんので注意しましょう。

例えば
"Please send me your product sample."「貴社の製品サンプルを送ってください」といった表現は、相手にやってもらうこと、つまりこちらがお願いした作業を相手がやってくれることが前提になります。
相手の都合に配慮しながら、「送ってもらえませんか?」とこちらからお願いをする場合に使うのはふさわしくありません。

ビジネスシーンでは次のような表現を使いましょう。

"Could you send me your product sample?"「貴社の製品サンプルを送っていただけませんか?」というように疑問文にしたほうが丁寧な印象で、ビジネスシーンではオススメです。

"please"は"Could you"のあと、あるいは文末に付けるのはOKで"Could you please send me your product sample?"、"Could you send me your product sample, please?"と表現します。

関連記事:英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

「お願い」「依頼」メールに使える、覚えておきたい表現

お願いする場合の丁寧な言い回し

"Would you"、"Could you"のほかにも便利な言い回しがありますのでご紹介します。
"I would appreciate it if you ~"という表現で、ビジネスメールでよく使われます。

「~していただけるとありがたいのですが」「~していただけると幸いです」という意味で、お客さまなど目上の人に使うことができます。

"Could you possibly ~?"もまた、お願いをするときの表現として使うことができます。

"possibly"は「たぶん」という意味ですが、同じ「たぶん」といった意味を持つ"probably" "maybe" "perhaps"に比べて、最も確率が低いのが"possibly"です。

詳しく説明すると"probably"は「80%(高い確率)」、"maybe" "perhaps"は「おそらく、もしかすると(確率的には50%程度)」、"possibly"「ひょっとすると(単に可能性があるという程度)」と確率の高い順に並べることができます。

"possibly ~"は「たぶん、ほぼ~しない」に等しい意味があるほど、確率が低い事柄を表す際に用いられますが、"Could you"と組み合わせることで「もし、可能であれば」と相手に対して非常に丁寧なお願いをする表現として使うことができます。

"possibly"を使った"Could you possibly ~?"でお願いする場合、「何とかして、~していただけませんか?」「できれば~していただけますでしょうか?」と、内容・状況的に難しいことをお願いするときに、遠慮がちな印象で伝わります。

さらに上を行く丁寧な言い方

"wonder"という単語を使った表現も、ビジネスシーンでよく使われます。

"wonder"は「~かなと思う」という意味があり、"I wonder if you could ~"で、「~していただけないでしょうか?」といったニュアンスになります。
"wonder"の持つ「迷いの気持ち」によって、相手の自発的な行動を促す効果があります。
また、"I was wondering"と過去進行形にすることによって、丁寧さが増します。

お願いしづらいことを依頼するときに"I was wondering if you could ~"といった言い回しにすると、「すみませんが、~していただけないでしょうか?」と、お願いする側の控えめな気持ちを伝えることができます。

関連記事:ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

関連記事を探そう

あわせて読むなら!

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

    英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

  2. 海外旅行の入国審査をスマートに!「旅行慣れ」している人が使っている英語フレーズ!

    海外旅行の入国審査をスマートに!「旅行慣れ」している人が使っている英語フレーズ!

  3. クリスマスメッセージを英語で送りたい!ビジネスで使えるフレーズ13選

    クリスマスメッセージを英語で送りたい!ビジネスで使えるフレーズ13選

  4. ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

    ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

  5. ビジネス英語で「お久しぶりです」「ご無沙汰しております」のメールはどう表現する?

    ビジネス英語で「お久しぶりです」「ご無沙汰しております」のメールはどう表現する?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!