LEARN

独学でのオススメ英会話勉強法と独学のデメリット解決法を、英語のプロECCが教えます!

独学でのオススメ英会話勉強法と独学のデメリット解決法を、英語のプロECCが教えます!

独学での英会話学習は、自分のペースで取り組めるのが魅力のひとつです。
けれども、独学にふさわしくない勉強法で続けていると、いつまでも上達の手応えを感じられなかったり、挫折してしまったりする可能性も。
英語のプロECCは、まだ日本で英語が話せる人が珍しかった頃から、時代のニーズに合わせて外国語教育のノウハウを研究してきた英会話スクール。
たくさんの先輩たちが学び、自分のものにしてきた英語勉強法から、独学を成功させるコツを知っています。
今回は、ECCで長年英語教育に携わってきた河野好彦と吉田桃子が独学の際の心構えや具体的な勉強法、注意点などを伝授。
コツコツと勉強に励んで、英会話力向上を目指しましょう。

英会話独学、その前に

受験用の英語勉強方法は一旦忘れる

英会話でよく使う英語表現の中には、中学生で学ぶ英単語が多く含まれます。
「それなら、中学英語を復習すればいいんだ!」と思う人が多いかもしれません。
中学英語では英語を使って話すスピーキング、英語を聞くリスニングもありますが、英単語の暗記や文法への理解を深めること、文章を読むリーディング、与えられた日本文を英作文したり、意見を書いたりするライティングに比重が置かれていることが多いのが現状です。
英会話の上達を目指すのなら、英単語の暗記や英作文、英文読解などだけに取り組むのではなく、英語で話すことを目標にした学習を行いましょう。

ゴールとプランを決める

まず、英語を話すことで何をしたいのか、どのようになりたいのか、といったゴールを決めることから始めましょう。
ただし、「日本語で言えることを全部英語で言えるようになる」「ペラペラ」など壮大で抽象的な目標は、達成感が得にくく、挫折の原因になるので避けましょう。

「海外出張の際に、通訳なしで会話ができるようになる」「自分が働くレストランに来た外国人観光客との接客に活かす」など、自分にとって必要かつイメージしやすくいゴールを設定するように心がけましょう。

ゴールを決めたら、具体的な学習プランを作成します。
仕事で使う英会話を上達させたいなら、ビジネスに関する単語や自分が働く職場で使いそうなフレーズを覚える必要がありますし、旅行で現地の人とコミュニケーションを取りたい場合は、旅行英会話を中心に勉強することが求められます。
自分が到達したい英会話力に応じて、テキストや音声教材などを選んで勉強しましょう。
英会話を上達させるには英語に接触する機会を増やすことが必要ですから、できるだけ毎日勉強することが望ましいです。
学習記録を付けると、何をどれだけしたのか、何をしていないのかを後で振り返ることができるでしょう。

ゴールは決まっているけど、英語の実力がわからない場合は、TOEIC®L&R testや英検®を受けてみるのもいいかもしれません。
自分の得意や不得意を客観的に把握することで、効率的な学習プランを立てることができます。
英語の勉強に不慣れな人は、自分に適した学習プランを作成することが難しい場合もあります。
独学での勉強に不安を感じたら、通学レッスンやオンラインレッスンを受けてみるのもオススメです。
通学レッスンは一定期間のコースでカリキュラムを設定していることが多く、ワンポイント的に指導を受けることはできませんが、独学での学習プランについてレッスンを担当してくれた講師に相談することで不安や悩みを解消できる場合もあります。

時間の過ごし方を見直す

英会話の独学は、ゴールを決め、プランを立て、そのゴールに向けコツコツと継続させることが求められるので、自己管理できる人、意思の強い人が向いていると言われています。
勉強したいという気持ちはあるけれど時間がない、という人は、これまでの日々の過ごし方を改善するいい機会かもしれません。

自分は自己管理ができないからダメ、意志が弱いからムリなど、独学に対して不安を感じている人は、最初は毎日の課題を少なめに設定してみるのはいかがでしょうか。
小さなステップを設定してクリアすることで自信につながります。
辛く頑張る英語学習から、楽しくやりたくなる英語学習への変化が感じられたら、後はゴールまでコツコツ近づけていきましょう。

学習時間は、毎日短くても20分間、できれば90分間ほどを確保することが理想的です。
英語特有の音を聞き取るリスニングの練習や、覚えた単語や表現を思い出すことが英語上達には必要なので、毎日英語に触れるようにしましょう。

毎日取り組むのが難しい場合は、短い時間でもいいので、週3〜4日は勉強できるようにして、英語に触れる時間を確保してください。

関連記事:現時点の英語力によって、TOEIC®L&R TESTに必要な知識やスキル、効果的な学習方法は異なります。

英会話独学オススメの勉強法

スピーキングで使うことを念頭に学習しよう

英会話の上達には、スピーキング、リスニング、リーディング、ライティングの4つの技能すべてが必要ですが、この4つの技能を個々にまんべんなく勉強する、という考え方では後々苦しくなります。
例えば、各技能学習を均等に20分という具合に分けると、受験勉強の時間割のようになってしまいます。
頭で覚えようとするのではなく、目や耳からインプットし、口を動かしてアウトプットするというように体の五感を使う感覚で勉強しましょう。
その際には4技能の中でも、特にスピーキングを上位に位置づけて、勉強に取り組むのがオススメです。
スピーキングを行うことで、声に出した英語を自分の耳で聞くことによるリスニング学習の効果や、単語や構文を同時に覚えることもできるので効率的に英会話の上達が図れます。

いつでもどこでも隙間学習しよう

机に向かうことだけが英語学習ではありません。
独学での英語の勉強は、いつでもどこでもできるのが魅力のひとつといえるでしょう。
例えば、移動中にリスニング学習に取り組んだり、スピーキング練習をお風呂の中で行ったりすることも可能です。

頭の中で英語実況を行うのもオススメの独学での英会話勉強法です。
歩いているとき、電車内、食事中など日常生活の中で、例えば5分間だけと時間を決めて、目に触れるものを頭の中で英語の実況中継を行う習慣をつけるのです。
英語で表現ができなかった場合は、どう表現するのかを調べることで英単語やフレーズのストックが増えていきます。
このようなちょっとした隙間時間の積み重ねが英会話の上達に結びつきます。

リスニングはリピート学習も効果あり

音声教材を聞き流すだけという学習方法もありますが、英会話初心者にはあまり有効ではありません。
初心者では英語の発音などを聞き取ることが難しいため、ただ英語の音を流しているだけになってしまいがちです。
英会話初心者なら、同じものを何度も聞く方が効果的です。
繰り返し聞くことで、徐々に英語に慣れて、何を話しているのかわかってくるようになります。
次はその音声を聞きながら、文字で書き起こす練習を取り入れます。
このように繰り返し勉強することで定着をはかるのです。
ただし、何百回も聞くのはやめましょう。
書き取れるくらい聞けるということは、そのレベルのものはクリアしたということになります。
次のレベルの音声教材へとステップアップする時です。

自分の趣味とリンクさせ楽しみながら学ぶ

挫折しそうな時は、趣味と絡めると勉強の要素が薄まり、楽しみながら学ぶことができます。

例えば、ファッションやアニメ、料理、歴史、スポーツなど趣味や興味があることについての英語表現を追求してみてはいかがでしょうか。
洋楽が好きな人は、耳が英語の発音やリズムに自然に慣れる傾向が見受けられ、発音やリスニングの向上に効果があると考えられます。
また、歌詞にある英語ならではの言い回しや文の短縮などが身に付いていることもあります。

英語でのコミュニケーションの場で、趣味の話をすることで自分自身を相手に理解してもらえたり、意気投合したりして会話が盛り上がる可能性もあります。

今すぐやめよう!英会話独学NG勉強法

語呂合わせの単語暗記

語呂合わせでの暗記は、受験や定期テストでは有効な場合もありますが、英会話の上達には役に立ちません。
誤ったアクセントや発音で単語を覚えてしまう、その結果リスニングでも聞き取れないという困った結果になってしまいます。

資格試験だけを目指さない

TOEIC®L&R testや英検®などの資格試験は努力の成果が見えるのでモチベーションアップになります。
英会話の上達においては、スコアアップや合格だけを目標にするのではなく、その先にある自分の姿を明確にするようにしましょう。
結果に注力しすぎると、正解を得るための勉強になり、本来の英会話上達から逸脱してしまう可能性があります。

初心者の場合、英会話上級者の勉強法は向かない

ネットの世界では、「英語のカリスマ」「英語学習の伝道師」と呼ばれる英会話上級者たちがさまざまな勉強法や体験談を発信しています。
自分にぴったりの勉強法に出会えることもあるかもしれませんが、そうではない場合もあります。
さまざまな勉強法に手を出し、結局、どれも長続きしないという結果になることもあります。
また、日本語での文章、動画での解説なので、時間を無駄に費やしてしまうこともあります。

英会話独学デメリットとその解決方法

デメリット1:間違いに気づきにくい

ずっと一人で勉強していると、自分の発音のクセや誤解・間違いに気づくのが遅れたり、気づかないままになってしまったりということがあります。
また、自ら修正しづらいのが独学のデメリットのひとつと言えるでしょう。

さらに、独学では発話をする機会が少なくなるので、複数のセンテンスをつなげて内容を伝えるスキルが不足していたり、相手の言葉に瞬時に反応し英語が話せなかったりという傾向もあります。
「文法不要」「聞き流すだけ」「奇跡のメソッド」などの甘い言葉に乗ってしまい、偏った勉強法を続けてしまい、いつまでも「永遠の英会話ビギナー」という状態になってしまうのは避けたいところです。

デメリット2:リスニングが苦手になる可能性

独学でリスニング学習を行う場合は、クリアで聞き取りやすい音声教材が中心となります。
しかし、実際の英会話では聞き取りにくい声の人や言葉足らずの人、話し方にクセのある人もいます。
文法的に完全に整った文章のように話すことは稀ですし、途中で言いよどんで別の文で言い直すことも日常茶飯事です。
国や地域によって、独特のイントネーションで話す方もいます。
「音声教材では、聞き取ることができたのに、実際に英語で会話をしたら、何を言っているのかわからず、ショックだった」と自信を失ってしまったり、モチベーションが下がる原因にもなります。

デメリット解決法:生きた英語を話す機会を増やす

英会話は双方向のコミュニケーションですから、一人では成立しません。
日頃独学で英語を勉強している人は、英語で話す機会を意識的に増やすことが重要なのです。
生きた英語に触れるためにオンライン英会話のレッスンを受けたり、外国人が多く集まる場所、イベントに出かけたりしましょう。
外国人と英語で直接会話することで、単語の使い方の間違いやイントネーションなど、独学では気づきにくい弱点を確認することができるでしょう。
対話の中で弱点に気づいたら、その後の独学にフィードバックさせることもできます。
継続的に外国人と会話する機会を持つことは、独学だけの勉強法のデメリットを解消し、効率的に英会話を上達へと導くでしょう。

デメリット解決法2:オンラインレッスンを受けよう

マンツーマンで会話ができるオンラインレッスンは、独学で学習したスピーキングやリスニングの苦手な部分や課題点が見えやすくなるので、達成度のチェックにオススメです。
講師とのやり取りを通して、場面にあった言葉や表現の引き出しを増やしていき、とっさの一言や、スマートな切り返しなどができるように会話に必要な「英語回路」を磨きましょう。

また、オンラインレッスンには、自分にあった時間にレッスンを受けることができるというメリットもあります。
時差を利用して、出勤前の早朝や帰宅後の深夜に海外の講師からレッスンを受けることも可能です。
現地の雰囲気や文化を感じられるというメリットも。
また、コストが比較的少なくて済むものが多く、継続しやすいこともオススメできる点です。

デメリット解決法3:イベントに参加しよう

独学で英会話の勉強に励むなら、同じ志を持つ仲間を見つけることを試してみてはいかがでしょうか。
学習仲間との交流は、お互いに刺激し合うことになり、学習意欲の向上に繋がることでしょう。
クリスマスやお花見、ハロウィンパーティー、スクールや英会話カフェなどが主催する季節のイベントは、仲間を見つけるチャンスですから、ぜひ参加してみてください。
イベントは、英会話を目的にしたもの、グループでゲームや発表をしたりするもの、スポーツや料理を楽しむものなど、内容もテーマも様々です。
費用も無料やワンコインで参加できるものもあるので、自分の目的や興味にあったものを探してみるとよいでしょう。
会話する楽しさはもちろん、お互いに視点の違う勉強法を教え合ったり、ビジネスや海外旅行の情報交換をしたりと、英会話力アップ以外にも得るものはたくさんあるはずです。
また、イベントに参加したいけれど、どこでやっているのかわからない、という人は、オンライン英会話スクールのオフ会などのイベント情報やサークル活動を発信しているSNSなどを探してみてはいかがでしょうか。

関連記事:一般教育訓練給付制度やトライアルレッスンでお得に英会話を始めよう

関連記事を探そう

あわせて読むなら!

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

    英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

  2. 英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

    英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

  3. 英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

    英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

  4. ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

    ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

  5. ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

    ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!