LEARN

オンライン英会話で最大限に英会話を上達させる勉強法の秘訣を英語のプロECCが伝授!

オンライン英会話で最大限に英会話を上達させる勉強法の秘訣を英語のプロECCが伝授!

インターネット環境さえ整えば、いつでも、どこにいてもレッスンを受けられる「オンライン英会話」。
リーズナブルな価格で、身構えることなく気軽な気持ちでスタートできるので、英会話学習法のひとつとしてここ数年人気が定着してきました。
それと同時に、オンライン英会話レッスンを行うサービスのバリエーションも増えてきました。
もっと上手に利用して、英会話力を磨きたいと考えている人も多いのではないでしょうか?
そこで、今回はECCオンラインレッスンの中台聡、鎌倉修の両名にレッスンを最大限に活用する際のポイントや英会話力を上達させるための勉強のコツを聞きました。

オンライン英会話を最大限に活用するには

教材のあるオンライン英会話レッスンを受けよう!

オンライン英会話レッスンを受けるなら、教材が用意されたレッスンを選びましょう。
特に初心者の場合は使いこなせる語彙(ごい)もフレーズも少ないでしょうから、フリートークで英会話を行っても、いつも決まった表現や言い回しでしか会話を進めることができずレベルアップにはなりません。
フリートークのレッスンの方が、自分の興味のある話題で会話ができるから楽しそうだし、英会話力が伸びるような気がしますが、教材が用意されたレッスンを受けることをオススメします。
教材を使用するレッスンには、レッスンのプロが積み上げたノウハウや日本人が苦手とする部分が身につきやすいような工夫が詰め込まれています。
レベルに応じた教材でレッスンを進めて、自分に足りないスキルを補っていきましょう。
レッスンを重ねることで、語彙やフレーズも増えて、英語表現の幅も広がり、英会話力が向上します。

簡単なレッスンから始めよう!

実際にオンライン英会話を受講するとき、どんなレベルのレッスンがいいの?という声もよく聞きます。
オススメは、自分にとって、少しやさしいと感じるくらいのレッスン。
難しめのレッスン内容よりちょっと簡単かも、と思うレベルからレッスンをスタートさせて、英会話に慣れていきましょう。
その方が英語を話す楽しさも体感でき、スムーズなレベルアップにつながります。

とにかく発話量を増やす

レッスンは、マンツーマンが基本。
講師と自分だけで会話を進めなくてはならないので、英語でたくさん話す必要に迫られます。

これまでの英会話学習でライティングやリスニング、リーディングはある程度のレベルに達しているものの、スピーキングは苦手だと感じている人や英語で話す習慣を付けたいと考えている人にとって、マンツーマンのオンライン英会話レッスンは英語でたくさん話すことができる絶好の機会だといえるでしょう。

また、マンツーマンなので、日本人にありがちな「他の人がいるから間違えたら嫌だ、恥ずかしい」というような思考に陥ることもありません。
グループレッスンとは違い、他の人にレッスン時間を占有されることもありません。
レッスンは英会話の練習の場ですから、失敗を恐れずにできるだけたくさんの英語を口にするように心がけましょう。
もし、レッスン中に間違った英語表現などを使って話していたとしても、講師が丁寧に指導してくれます。
失敗を恐れず話すことで、英会話力が高まります。

英語でたくさん話すために、“YES”や“NO”のような簡単な単語で会話を進めないように注意しましょう。
もし、短い単語のやり取りになったとしても、自分から話題を見つけて話し続けることを心がけてください。
レッスン中に沈黙を作らないように。
会話は、相手と言葉を交わすことで成り立つものです。
言葉が途切れることや想定外の質問が飛んでくることもあります。
相手のリアクションに対して、瞬時に言葉を返す力、会話のキャッチボール力を身につけましょう。

わからないことはきちんと聞き返すこと!

レッスンの受講中、講師の話している単語やフレーズがわからない、聞き取れないということがあります。
そんなとき「なんとなくわかったから大丈夫」と考えるのは、やめましょう。
聞き流す癖がついてしまいますし、理解するチャンスを逃していることにもなります。
自分から発信しなければ、講師も生徒がわからない部分があることに気づかないまま、レッスンを終えてしまうかもしれません。
もし、わからないと思ったら、必ず聞き返すこと。
自分がわかるまで、何度でも質問しましょう。
講師もゆっくり発音してくれたり、わかりやすい単語に言い換えたり、と工夫してくれます。
レッスンは、英会話力を向上させる場です。
聞き返すことを恥ずかしいと考えることはやめて、英会話力に磨きをかけましょう。

講師の質を重視しよう!

オンライン英会話のレッスンを受ける際は、講師の質にも注目しましょう。
レッスンを提供している会社によって、講師の採用基準や採用後のトレーニング方法はさまざまです。
トレーニング後の試験に合格しないと教えることができない会社もあれば、既定のトレーニングを受けさえすれば教えることができる会社もあります。
講師の教えている場所や環境も重要な見極めポイント。
サービスを提供する会社から配信する場合と、講師の自宅から配信している場合があります。
自宅から配信している場合は、家族の声が聞こえたり、通信やマイクの状態が悪かったり、といったさまざまな事態が発生して、レッスンに集中できないといったことも起こりえます。
オンライン英会話で有意義なレッスンを受けるために、受講を申し込む前に無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。
講師の採用基準やレッスン指導のためのトレーニングの有無、レッスンの配信環境などを確認しておきましょう。

いろいろな国の講師と話していろいろな英語に触れよう

オンライン英会話レッスンを担当する講師には、英語を母国語とするカナダ・アメリカ・オーストラリア・イギリスのネイティブスピーカーと、英語を第二公用語とするフィリピンのノンネイティブスピーカーがいます。
「母国語が英語ではないノンネイティブスピーカーから英語を学んで、欧米人が使うような表現が学べるの?世界中で通用する英語が話せるようになるの?」と思うかもしれませんが、フィリピンの第二公用語は英語。
学校や会社で英語を使用することも多い国で、フィリピン人は訛りの少ないきれいな発音の英語を話すことで知られています。
仕事で使えるような英語を勉強してきたので、難しい単語やフレーズも知っています。
また第二言語として英語を学習した経験があるため、英語を学ぶ日本人に対してもわかりやすい英語で教えてくれると定評があります。
もちろん、ネイティブスピーカーの講師は、ネイティブが使う自然な英語表現や発音を教えてくれるのが魅力です。
旅行や留学、ビジネスなどで訪れる国が決まっているときは、その国出身のネイティブスピーカーの講師を選んで、その国の英語に慣れるのもいいかもしれません。

毎回同じ講師がいいのか、違う講師がいいのか?

オンライン英会話レッスンは、さまざまな国、性別、バックグラウンドを持つ講師のレッスンを受けることができます。
同じ講師のレッスンを受ける方がいいのか?毎回異なる講師にした方がいいのか?という悩みもあるでしょう。
「自分の英会話レベルや苦手な部分を知っているから、毎回同じ講師の方がいい」「講師が変わると、毎回自己紹介をしなくてはいけないのが面倒」などの理由で、講師を固定する人もいます。
同じ講師を選ぶと、好みや目標などを理解してくれるので、自分の英語力アップに効果的なレッスンを行えるというメリットもあります。
自己紹介を二度目以降はしなくてよいので、その時間をレッスンに使えるのも魅力です。
一方、毎回異なる講師を選ぶと、毎回自己紹介をするので、自己紹介が上手になる、会話のきっかけを自己紹介で作りやすい、というメリットが挙げられます。
いろいろなバックグラウンドを持つ講師と話す機会を持ち、さまざまな英語表現を知ることもできるでしょう。
しかし、簡単な会話で終わってしまい、深い会話ができないという短所があります。
どちらにも長所短所はあるので、お気に入りの講師のレッスンを継続させながら、ときどき、異なる講師のレッスンを受けてみるのはいかがでしょうか。
英会話の勉強を始めたばかりの人や外国人講師に慣れるところから始めたいという人は、しばらく同じ講師のレッスンを受講してみるのもいいかもしれません。
また、「異性の講師の方が学習意欲が湧いて、英会話力が上達するのでは?」という質問もありますが、レッスンを受けている人たちの間では学習意欲に大差を感じていない人がほとんどです。
自分と相性のいい講師を、できるだけ多く見つけて、実践的な英会話力を磨きましょう。

関連記事:ECCのオンライン学習に最適な独自システムとは

英会話を上達させる勉強法とは

レッスン前、レッスン中、レッスン後に心がけたいこと

英会話力を向上させたいのなら、受講前後の勉強も大事。
レッスン前、レッスン中、レッスン後にそれぞれ心がけておくと良いことを紹介しましょう。

●レッスン前

オンライン英会話では、自分が受講するレッスンの課題や目標を、事前に自分なりに把握しておくことをオススメします。
ただ漫然とレッスンを受けるのではなく、意欲的にレッスンを受けることでより一層英会話力が向上します。
また、レッスンに入る前の自己紹介の内容やフリートーク中心のレッスンを受講する時の話題に変化をつけるなど、ワンパターンな英会話にならないように事前に準備をしておきましょう。

●レッスン中
レッスン中は、積極的に発話をしましょう。
その際は、ぜひ定着させたい単語やフレーズを会話の中で使ってください。
強制的に使うことで、より強く記憶に残って身につきやすいと言われています。
使いたい単語やフレーズを使って、どのように会話を進めようか、と考えることで、会話の内容を主体的に考えることにもつながります。
講師が会話をリードするのではなく、自分が会話の主導権を握るのだ、という気持ちで受講してみてはいかがでしょうか。

失敗に不安を抱くのも、英会話上達の妨げになる可能性があります。
日本人は、完璧な英語を話さなくてはいけないと考えがちで、言葉を発することに消極的な傾向にありますが、それでは英会話力は向上しません。
間違えていたとしても、どんどん話しましょう。
その方が、講師も発音のクセや間違った英語表現などを把握しやすく、指導しやすくなるのです。
もし、自分の英語力に自信がないなら、レッスンが始まる際に「私がレッスン中に使う英語表現の他にもっと適切な英語表現があれば教えてください」とお願いしてみてはいかがでしょうか。
間違うことは上達するステップだと考え、どんどん会話をしていきましょう。

●レッスン後
レッスンが終わったら、それだけで満足していてはいけません。
レッスンで学んだことの復習や課題のフレーズの発話を繰り返して、自分のものにしましょう。
レッスン中にわからなかったことはメモしておいて、レッスン後に調べる姿勢も英語力を高めることに通じます。
必ず1つは「レッスンで学んだこと」を身につけ、次のレッスンで使ってみるようにしましょう。
自分だけの単語帳やフレーズノートを作ると、レッスンの振り返りもしやすくなります。
ECCのオンラインレッスンには講師がホワイトボードに書いた画面を画像で保存する機能があるので、画像を保存してレッスン後に振り返ることもできます。
レッスン中だけではなく、レッスン前・レッスン後の取り組みも忘れずに、英会話力向上に励みましょう。

レッスン以外の自習で語彙力やフレーズを増やす

オンライン英会話は、英語での発話量を増やすことができるレッスンです。
さらに英会話力を向上させたい、話せる英語を増やしたいと考えるなら、語彙やフレーズのストックを増やすインプット学習を自主的に行うことをオススメします。
よく使う英会話フレーズを集めた教材や英語の読み物、英字新聞などを読んで、新しい単語やフレーズを蓄積しましょう。
そして、次回のレッスンでぜひ使ってみてください。
語彙力やフレーズが増えれば、会話の幅が広がり、英語で話すことがますます楽しくなっていくはずです。

資格試験などで総合的なレベルをチェック

ECCのオンライン英会話レッスンでは、オンライン上でレベルチェックを行っています。
講師が生徒の発音や語彙力などをチェックするのが主な内容です。
自分の英語の総合的な力を知りたいなら、TOEIC®L&R testや英検®などの資格試験を受けてみてはいかがでしょうか。
自分の総合力を客観視することで、取り組む課題も見えてきて、より一層の英会話力の向上につながります。

関連記事:5分でできる英会話力チェック!

関連記事を探そう

あわせて読むなら!

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

    英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

  2. 英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

    英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

  3. 英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

    英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

  4. ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

    ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

  5. ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

    ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!