LEARN

「頑張って」は英語でなんて言う?ビジネスでも使える丁寧な英語表現も紹介!

「頑張って」は英語でなんて言う?ビジネスでも使える丁寧な英語表現も紹介!

これから何かに挑戦する人や、大切な仕事、試験を控えている人に対してかける「頑張って」という応援の言葉。
日本語ではさまざまなシチュエーションで「頑張って」を使うことがありますが、英語では「頑張って」の意味を持ついろいろな表現方法があり、場面や相手に合わせて使い分ける必要があります。

そこで今回は、場面や相手に合わせた「頑張って」の英語表現を紹介します!
ビジネスなどのフォーマルな場面でも使える表現方法も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

月額990円からのオンラインレッスン/まずは無料体験レッスンから

努力している人を応援したり励ましたりするフレーズ

何かを頑張っている人に対しての「頑張って」

まず初めに、すでに何かに取り組んでいる人や、頑張っている人を応援するフレーズ、励ますフレーズを確認していきましょう。

“Keep it up.”

“Keep it up.”は「その調子で頑張って」という意味の応援の言葉です。
すでに何かを頑張っていて、その人が良い結果を出せそうなときや、調子の良いときに使われる表現です。
例えるなら、マラソンで先頭付近を走っている選手や、中間テストで良い点数を取った生徒などに対して、「その調子だ!頑張れ!」というニュアンスで使われます。
今の状態が良くない人に対しては使わない表現なので注意をしましょう。

“Keep up the good work.”

“Keep up the good work.”は“Keep it up.”と同様に「その調子で頑張って」という意味で使われる、励ましの定番のフレーズです。
直訳すると「よい仕事を続けてね」という意味になるように、物事が順調に進んでいる人に対して「その調子で!」と声をかけたいときに使います。

“Hang in there.”

“Hang in there.”は、「あきらめずに頑張って」「踏ん張って」「へこたれないで」という意味の英語表現です。
何かを頑張っている人が、うまく物事が進まずに悩んでいるときや、厳しい状況に置かれているときなどに、相手を鼓舞したり励ましたりするために使われます。
頑張っている人や努力をしている人が弱気になっているときは、この言葉を贈りたいですね。

関連記事:スポーツバーで外国人と仲良くなる方法とは!?応援マナーや白熱の応援英語フレーズを学ぼう!~サッカー編~

何かを始める人やチャレンジする人を応援するフレーズ

“You can do it.”

“You can do it.”は、新しく何かを始める人や、ある物事に対してそれができるか悩んでいる人に対して、応援するときや励ますときに使う「君ならできるよ」という意味のフレーズです。

“Go for it.”

“Go for it.”は、相手が何か新しいことに挑戦しようとしているとき、「応援してるよ」「頑張って」と背中を押すときに使う表現です。

“Good luck.”“I wish you the best.”

“Good luck.”や“I wish you the best.”は「幸運を祈っているよ」「成功を祈っているよ」という意味の表現です。
何かにチャレンジしようとしている人や、大事なことを控えている人に対して「頑張って!良い結果を祈っているよ」と伝えるときに使うと良いでしょう。

関連記事:英語でプレゼンテーション!まずは基本をマスター

ビジネスでも使える応援や励ましのフレーズ

フォーマルな場でも使える「頑張って」

次に、ビジネスなどのフォーマルな場でも使える「頑張って」の英語表現を紹介します。

“I hope you succeed.”

“I hope you succeed.”には「成功・活躍をお祈りしています」という意味があり、この表現はメールなどの文章でも、話し言葉でも使うことができます。

ECC人事スタッフに聞いてみた!“Good luck.”はさまざまな場面で使える便利な表現

英語が多く飛び交う場では、実際にどの「頑張って」の英語表現が一番よく使われるのか、ECC人事担当の早藤さんにお伺いしてみました!

早藤さん:実際は“Good luck.”が使われることが多い印象ですね。
“Good luck.”は相手との関係に関わらず、同僚や目上の人などさまざまな人に対して使うことのできる便利なフレーズです。

例えば、次の授業を控えている外国人講師に対して「頑張って」と伝えたいときに“Good luck.”と言ったり、同僚のスタッフが大事な会議を控えているときにも“Good luck.”と言ったりします。

目上の人に対して、「ご健闘を祈ります」という意味で“Good luck.”と伝えたい場合には、“We wish you / I wish you”を付け加え、“We wish you good luck.”“I wish you good luck.”とすることで、より丁寧な印象にすることもできるんです。
また、“good luck”を “the best of luck”にすることでさらに丁寧にすることができます。
この表現方法は、口語だけでなく、ビジネスメールなどの書き言葉でも使うことができる表現ですので、覚えておくと便利ですよ!

関連リンク:使える英語を最短で。ENVISION(日常英会話コース)

月額990円からのオンラインレッスン/まずは無料体験レッスンから

関連記事を探そう

あわせて読むなら!

外国語学院_無料体験レッスン 外国語学院_MIYABI ECCジュニア

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

    英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

  2. 英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

    英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

  3. 英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

    英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

  4. ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

    ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

  5. ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

    ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!