LEARN

「あと何日」「あとどのくらい」は英語でなんて言う?残りの日数や時間、距離を表現する英語を紹介!

「あと何日」「あとどのくらい」は英語でなんて言う?残りの日数や時間、距離を表現する英語を紹介!

英語で期限や残りの日数について話をするときに「あと◯日」「あとどのくらい」などはどのように表現すれば良いのでしょうか。

とくに学校やビジネスの場などでは、「締め切りまであと◯日です」「あと◯時間しかありません」などと締め切りを相手に伝えることが多いかと思います。

そこで今回は「あと◯日」「あと◯時間」を英語でどのように表現するのかを紹介します。
また、残りの日数や時間だけでなく「もう○日(年)たった」のように過ぎた日数などについて言うときや、「あと○キロ」のように残りの距離などについて言うときの表現なども紹介しますのでぜひ参考にしてみてください!

「~まであと何日」は英語でなんて言う?

残り日数を英語で表現しよう

「~まであと◯日」「~まであと◯時間」は“〇〇(日数/時間)+to 〜”、または“〇〇(日数/時間)+until / till 〜”で表現できます。
“to”と“until / till”はどちらを使っても意味は同じです。
例えば「クリスマスまであと5日」を英語で表すと“five days to Christmas”、“five days until Christmas”となります。

「残り何日しかない!」ということをさらに強調したい場合は、“left”(残っている)を用いて、“five days left to Christmas”“five days left until Christmas”「クリスマスまで残り5日しかない」と表現すると良いでしょう。

残り日数を英語で表す場合、インフォーマルな話し言葉では主語がなくても大丈夫ですが、きちんと文章として伝えたい場合や、正式に残り日数を誰かに伝えたい場合は“it”や“there”を主語にして、“It’s five days to Christmas.”“There are five days to Christmas.”と言います。

「あと何日ですか?」と相手に尋ねてみよう

「あと何日ですか?」「残り何日ですか?」と相手に尋ねるときは、“How many days 〜 to / until / till ...?”という表現を使います。
例えば、「試験まであと何日ですか?」と尋ねたい場合には、“How many days are there to the exam?”または“How many days do we have until the exam?” などと表現すると良いでしょう。
インフォーマルな話し言葉では“are there”や“do we have”を省略して、“How many days until the exam?”と尋ねることもできます。

「あと何時間ですか?」と時間を尋ねる場合には“how many hours”を用いて、“How many hours are there until the exam?”などと表現します。

関連記事:英語のビジネスメールで期限を伝えるには?伝え方の注意点など

「何日たった」「何年たった」は英語でなんて言う?

過ぎた日数を英語で表現しよう

「もう◯年が過ぎた」「あれから◯日が過ぎた」など、過ぎた日数や年数を表す際には、“pass”(過ぎる/たつ)という単語を使い、“Half of the year has already passed.”(もう半年が過ぎました)のように表現できます。
“already”には「すでに」や「もう」という意味があり、「もう過ぎてしまった」というニュアンスを強調することができます。

また、「誕生日から1週間が過ぎた」など、過去のある時点から過ぎた日時を表す場合は“since~”(~から)という表現を用いて、“A week has already passed since my birthday.”のように表現します。

関連記事:英語で「1億」って何て言うの?小数や分数は?いまさら聞けない数字の英語表現

「あとどのくらいの距離」は英語でなんて言う?

距離を英語で表現しよう

「(目的地まで)あとどのくらい?」と、距離を英語で表す場合は、“away”(離れて)という単語を用いて、“○ meters away from here”(ここからあと○メートル)のように表現します。

“from here”は「ここから」という意味になります。
「駅から」「学校から」と伝えたい場合は、“from the station”“from the school”などと表現すると良いでしょう。
また、「AからBまで」としたい場合は“from A to B”と表現します。

距離の単位には、“meter”(メートル)以外に“kilometer”(キロメートル)や“mile”(マイル)などがあります。アメリカではキロメートルよりもマイルの方が一般的に使用されており、1マイルは約1.6キロです。

関連記事:旅行先で道を尋ねる英会話フレーズは?例文も紹介

関連記事を探そう

あわせて読むなら!

外国語学院_無料体験レッスン 外国語学院_MIYABI ECCジュニア

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

    英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

  2. 英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

    英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

  3. 英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

    英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

  4. ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

    ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

  5. ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

    ビジネス英語で「いかがでしょうか?」をメールでどう伝える?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!