SPECIAL

人生の分岐点で、選んだ道を正解にできるのは自分自身です [柔道全日本男子監督]井上康生

人生の分岐点で、選んだ道を正解にできるのは自分自身です [柔道全日本男子監督]井上康生

シドニーオリンピックの柔道金メダリストで、東京2020の柔道全日本男子監督としてチームを導く井上康生さん。

現役引退後には、英国に留学したり、現在はECCでオンラインレッスンを受講したりと、語学学習者でもいらっしゃいます。
そんな井上さんに、語学学習にまつわる話をはじめ、幼少期のエピソード、子育てで大切にしていることなどを伺いました。

[柔道全日本男子監督] 井上康生

夢を叶える原動力は、「信じる力」

ー 幼少期はどんなお子さんでしたか?

3人兄弟の末っ子で、ご飯の時など争いの連続でした。
兄たちにけちょんけちょんにやられながら過ごしていましたね。
体は大きかったですが、泣き虫で甘えん坊だったので、厳格な父より、優しく包み込んでくれる母にべったりの幼少期でした。


ー 柔道を始めたきっかけは?

警察官であり柔道家だった父の影響で、5歳から始めました。
甘えん坊だったものの、‟柔道で世界を目指したい”という想いは人一倍強く、「強くなりたいから、俺を鍛えてほしい」と父に言って指導してもらっていました。

生まれ育った宮崎県を出て、神奈川県の東海大相模高校に進学したのも、寮生活は大変なのは分かっているけど、世界を目指すためにもその環境に足を踏み入れたい、と自ら選択しました。


ー そんな風に世界を目指す原動力は何だったんでしょうか?

父の指導で培われた強さとか人間性がベースにあるのはもちろん、母の存在が大きかったです。
母は「あなたは絶対に大丈夫。必ず日本一、世界一になれるよ。」と言い続けてくれ、それが私の大きな心の拠り所でした。
母が私の可能性を心から信じてくれたから、自分自身もそれを信じてやってこれた。
“信じる力”は大きな力を生み出すものだと感じています。

また、これまで、県外への高校進学や、東海大学の恩師の山下泰裕先生、佐藤宣践先生との出会い、指導者への転身を決めたことなど、人生の分岐点が色々ありました。

何か選択をした時、それが正解か間違っているかなんて分かりません。
でも、一度決意したら振り返らず、次に何をすべきかを考えて集中してきました。
どんな選択をしても、そこから結果を作り、“選んだ道を正解にできるのは自分自身”だと思っています。

父として大切にしているのは、子どもの自主性を尊重すること

ー 4人の父でもある井上さん。子育てする上で大切にされていることは?

4人いるので、それはもう賑やかです。
下の子は、まだ5歳の双子で、協力してイタズラしたり(笑)

基本的には自分のことは自分でやりなさいと言ってますね。
また、子どもの可能性は無限だと思っているので、何事もNoと言わずチャレンジさせています。

例えば、先日息子が近くの海岸でタコが陸に揚げられているのをとってきて、家族に食べさせたいと言いました。
どう調理したらいい?と聞くので、自分で調べてごらんと言ったところ、YouTubeなどでみて、ぶつぎりにしてふるまってくれました。美味しかったです。
包丁など安全面には気をつけなければいけませんが、調理法を教えたり、「危ないから」と止めたりするのではなく、子どもの自主性に任せてやらせる方が、身につくし楽しいだろうと思います。


ー 子どもの自主性を尊重しておられるんですね。

すべて自主性に任せて子どもが育つかというと、それだけではありません。
生きていく知識があるかというと、そうではないので。

色々な体験をさせる中で、時にはうまく大人がレールに乗せてあげつつ、将来のことを見据えて、“最終的には自立してやっていかなくてはダメなんだよ”という方向性を示すことが大事なのではないでしょうか。

レールに乗せることは決して悪いことではなく、子どもが進みたい方向性を見つけて自発的に動けるように、環境を整えてあげることが大切だと思っています。

指導者として心がけていることは、現役時代から変わらない

ー 柔道全日本男子監督としてチームを導く井上さんですが、指導者として心がけていることは?

現役時代から掲げている「熱意」「創意」「誠意」です。

いくら科学技術が進歩しても、根本的な人間力や、精神的な強さ・想いが重要なのは変わりませんし、急速に変化する現代で、自ら工夫して考え抜かないと、今以上の成長はないと思っています。

現役時代から掲げているこの3 つの柱を指導者としても肝に銘じています。


ー柔道の魅力とは?

寝技や立ち技など、「技」が最大の魅力です。
日本人選手が体格差のある相手を打ち負かす場面がありますが、これは高い技術力がある証です。
技を武器に相手に果敢に立ち向かう姿をぜひ見ていただきたいですね。

また、柔道創始者の嘉納治五郎先生の言葉で、「精力善用」(相手をむやみに倒したり威圧せず、自らの力を社会のために善い方向へ用いること)、「自他共栄」(相手を敬い感謝する心を育み、共に栄えある世の中を目指すこと)という教えがあります。

現在、200 を超える国と地域が国際柔道連盟に加入し、世界中で愛されている柔道ですが、この心を持って世界の柔道ファミリーと共に高め合っていきたいと思っています。

世界に挑戦するうえで、語学力は大きな武器になる

ー すでに世界の第一線で活躍されていますが、なぜ今英語を学び直そうと思われたのですか?

世界に挑戦するうえで、語学力は大きな武器になります。
スポーツで言えば、海外の選手やスタッフ達とコミュニケーションを取ることができれば、色々な情報を引き出せます。

2008年の現役引退後、「勝負の世界だけじゃない広い世界を見てきなさい」という恩師の勧めもあり、英国に2年間留学しました。
視野が広がり、人脈作りもでき有意義な経験でしたが、語学の面ではもっと学べたのではと後悔が残りました。
さらに言えば、「世界で活躍する選手になる!」と豪語していた小学生の頃から、語学をしっかり身につけておけば良かったと感じています。

一方で、学びたいと思った時が始めるタイミングだとも思っていて、スポーツ仲間であるプロラクロスプレイヤーの山田幸代さんの勧めもあり、ECC でオンラインレッスンを受講することになりました。
各国の役員などとの会話はすべて英語なので、実践の場ですぐに活かせていますし、講師はどの方も明るく、楽しみながら勉強を続けています。

“柔道は、世界での日本の価値や力を高めるための1つのブランド・武器である”と思っているので、その想いを叶えるためにも語学力は欠かせないですね。


ー 世界での日本の価値を高めたい、という想いもあり、立ち上げられたのが「JUDOs」ですね。

現役時代から色んな国や地域を訪問する中で、柔道が、国や人種などの違いを超え、多様性のある豊かな社会の実現と、世界平和の構築に貢献していると感じていました。

柔道を通じて社会貢献をしたい、世界での日本の価値を高めたい、という想いで立ち上げたのが「特定非営利活動法人JUDOs」です。

例えば、日本で使わなくなった畳や柔道着を発展途上国に寄付したり、母国ではオリンピックを目指すことが難しい選手を日本に招いて強化したり、女性の柔道が認められていない国の女性選手のサポートなどをしています。

先日は世界一標高の高いエベレストにある村に柔道場ができて、畳と柔道着を寄付しました。
ヘリコプターで運ばないといけなかったのですが、そんなところでも柔道が行われていることが嬉しかったですね。

今後も、柔道やスポーツを通じて、世界の力になれるような活動をしていきたいと思っています。


ー最後に、読者の皆さんへメッセージをお願いします。

今これだけグローバル化が進み、世界との距離が近くなっていますが、この環境を生かすも殺すも自分次第です。
語学力があることで、世界を広く深く知ることができるのは間違いありません。
私自身も実践の場で言葉が出てこなかったり、成長を感じられなかったりして悔しい思いをすることもありますが、新たな世界に踏み出せることを楽しみに、勉強している最中です。

皆さんも自分の将来の夢や目標のために勉強するんだ、という目的を持って楽しみながら続けてください。
私も同じ学習者です。一緒に頑張りましょう!

プロフィール

井上 康生(いのうえ こうせい)
1978 年、宮崎県の柔道家の三男として生まれる。5歳で柔道を始める。00 年シドニー五輪で金メダルを獲得。04 年アテネ五輪では日本選手団主将。08 年に現役引退後、英国スコットランドに2年間留学。12 年11 月に柔道全日本男子監督に就任。

■井上康生 オフィシャルサイト
https://office-kosei.jp/

■Instgram
https://www.instagram.com/koseiinoue_official/


ECCは、「国際社会で活躍できる人材の育成」という理念のもと、スポーツ界で活躍するアスリート、プロスポーツ運営や文化活動などを支援しています。
■ECC STARS PROJECT
https://www.ecc.co.jp/eccstars/

関連記事を探そう

あわせて読むなら!

外国語学院_無料体験レッスン 外国語学院_MIYABI ECCジュニア

JOIN US!

会員登録をすると
お得がたくさん!

ECCフォリラン!にWEB会員登録をすると、楽しいイベントやプレゼントに応募できます。今すぐ登録を!

すでに会員の方はこちらから

ログイン

RANKING

  1. 英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

    英語で曜日の覚え方!意外と忘れがちなスペルや書き方など覚える方法とは

  2. 英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

    英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

  3. 英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

    英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

  4. 英語で感謝をどう伝える?“Thank you.”以外にもさまざまな表現を紹介。

    英語で感謝をどう伝える?“Thank you.”以外にもさまざまな表現を紹介。

  5. ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

    ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

HOT TAGS

フォリランとは

ECCフォリラン!とは

ECCフォリラン!は語学をもっと身近に感じ、楽しむための情報をお届けするECCのポータルサイトです。皆さまに日々楽しみながら学んでいただけるよう、ECCがさまざまな情報をご提供します!